人気ウォーターサーバーの比較ランキング!宅配水の口コミや選び方も満載

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーほしい!乗り換えたい!と考えている全ての方にウォーターサーバーのランキングや選び方を中心にウォーターサーバーのすべての情報を網羅したサイトです。今まで実際に10台以上のウォーターサーバーを使ってきた経験を元に、失敗しない、後悔しない為のウォーターサーバー選びをコンセプトに必要な情報をまとめました。是非ご活用ください。

ウォーターサーバー(宅配水)レンタル
おすすめ人気ランキング

迷ったらコチラ。数あるウォーターサーバーから総合的に選んでおいて損しない!と思う編集部が選んだウォーターサーバー人気ランキングです。

コスモウォーター

評判・口コミ評価 総数(3)

(3.6 /5)

500ml換算
79円(税込85円)
1回の注文単位
2本(24リットル)
電気代目安
494円~
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
4,104円~(水24L)
配送エリア:本州・四国・九州・北海道 ※沖縄・離島は対象外地域ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

コスモウォータースマートプラスは2017年のグッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバーなのに無料レンタルできるウォーターサーバーです。

最大の特徴はウォーターボトルを足元から設置が簡単にできる点。重たいボトルを足元から簡単に設置できるので力があまり必要ないから女性の一人暮らしなどにもおすすめです。

無料レンタルだから機能面が駄目なのか?と思ったら「自動で熱水をウォーターサーバー内部に循環させ衛生的にするクリーンサイクルシステム」や「使い勝手のよいチャイルドロック機能」など機能面も抜け目ない有料級のシステムを兼ね備えています。

そして天然水もおいしい。天然水は3つの採水地(静岡、京都、大分)から契約者のお家の近くの天然水を48時間出荷で採水地から直送されるシステムを採用しています。

気分的に採れたて天然水を飲める的な感じですね。

天然水が飲めるウォーターサーバーの中では毎月の総コストもリーズナブルなので、おすすめしたい人気ウォーターサーバーの一台です。

フレシャス ウォーターサーバー

評判・口コミ評価 総数(3)

(4.3 /5)

500ml換算
80円(税込86円)
※FRECIOUS富士の場合
1回の注文単位
1箱(4パック)
電気代目安
330円~
サーバーレンタル料金
無料~
毎月かかる料金目安
4,924円(水28.8L)
配送エリア:すべての地域※沖縄及び離島一部地域を除く ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

フレシャスは【デザイン部門ランキング1位】のウォーターサーバー会社かなと。フレシャスはウォーターサーバーの種類が豊富なのですが、どれもデザイン性が高いです。

ちなみに「フレシャスデュオ」「デュオミニ(卓上タイプ)」「フレシャススラット」という3機種がそれぞれグッドデザイン賞を受賞しています。この3台すべて試しましたがデザイン性だけでなく、それぞれが高機能なウォーターサーバーでした。この3サーバーはレンタル代金が有料ですが、無料でレンタルできる「サイフォン」というサーバーも無料の中ではかなりしっかりしたウォーターサーバーもあります。

フレシャスのウォーターサーバーは天然水の容器を衛生面の配慮をしたパック(※1)に包まれた空気の入りずらいウォーターパックを採用していたり、コップを置く受け皿が他社と比較して広く料理や1杯分のドリップコーヒーを作る時等非常に使いやすかったです。

天然水は「FRECIOUS富士」「FRECIOUS木曽」「FRECIOUS朝霧高原」という3商品から好きなものを選ぶことが出来ます。「FRECIOUS富士」と「FRECIOUS朝霧高原」は富士山の人気のバナジウム天然水です。

オシャレなウォーターサーバーがほしい!おいしい富士山の天然水が飲みたい!と言う方は絶対にチェックしてほしいおすすめウォーターサーバー会社です。

アクアクララ ウォーターサーバー

評判・口コミ評価 総数(1)

(4 /5)

500ml換算
54円(税込58円)
1回の注文単位
2本(24リットル)
電気代目安
700円
サーバーレンタル料金
1,000円~1,500円(安心サポート料金)
毎月かかる料金目安
3,592円(水24L)+サポート代金
配送エリア:全国 ボトルタイプ:回収ボトル(リターナブル方式)

アクアクララはウォーターサーバー業界の中でもかなり老舗の会社です。ウォーターサーバーのレンタル料金は無料なのですが、安心サポート料金という名目で毎月1,000円~1,500円がかかってきます。

お水のボトルは宅配員の方が回収してくれるリターナブル方式というやり方が採用されています。

お水が天然水ではなくRO水という人口的にろ過されたお水が採用されているので、お水の料金が500ml換算54円(税込58円)と格安です。なので、毎月沢山のお水を飲む場合はおすすめできる会社かなと思います。

キララ(kirala)

500ml換算
86円(税込94円)
1回の注文単位
1箱(4パック)
電気代目安
1,300円程度
サーバーレンタル料金
1,200円(税込1,350円)
毎月かかる料金目安
6,750円~(水代+サーバー代)
配送エリア:すべての地域※沖縄及び離島一部地域を除く ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

キララは浅田真央のCMで話題になったウォーターサーバー。

このウォーターサーバーの特徴はなんといっても「炭酸水が作れる」「部屋のイルミネーションになる」点です。

見た目が超スタイリッシュです。キララは美容関連の商品「リファラ」などを提供しているMTGという会社が開発したウォーターサーバーで、部品などから拘りに拘りぬき自社で製造した商品なので非常にユニークな仕上がり。他社と比較しても本当にユニークでスタイリッシュなウォーターサーバーでした。

天然水も富士山のおいしい天然水です。バナジウムとシリカが配合されためずらしい天然水ですが、こちらも非常においしくその天然水で炭酸水が作れるのでモノとしては非常に評価をしたいウォーターサーバーでした。

ただ、月額のコストがちょっと他社と比較するとお高いのだけがネックになります。

レンタル料金などランニングコストは一番高くつくウォーターサーバーですが、炭酸水が飲めるウォーターサーバーがほしい!と言う方はキララで決まりかなと。

プレミアムウォーター

評判・口コミ評価 総数(3)

(4 /5)

500ml換算
82円(税込88円)
1回の注文単位
2本(24リットル)
電気代目安
エコモード使用時 900円前後 エコモード不使用時 1,200円前後
サーバーレンタル料金
無料~
毎月かかる料金目安
4,234円(水24L)
配送エリア:全国※エリアにより配送可能な水が異なる ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

プレミアムウォーターは年々シェアを拡大している実力あるウォーターサーバー会社の一社。

プレミアムウォーターもサーバーの機種が豊富で、無料レンタルの「スタンダードサーバー」から人気のオシャレなウォーターサーバー「amadana」という機種もプレミアムウォーターでレンタル可能です。

天然水は「富士吉田」「南阿蘇」「朝来(あさご)」の3種類から選べるシステムを採用しています。「富士吉田」と「南阿蘇」を飲んだことありますが非常にまろやかでおいしい天然水でした。

総合力あるのでプレミアムウォーターもオススメのウォーターサーバー会社です。

目的&機能別:ウォーターサーバーの比較&ランキング記事一覧まとめ

次は、目的に沿った機能を兼ね備えているウォーターサーバーの比較とランキング化している記事をまとめておきました。

※↑のボタンをクリックで該当コンテンツにジャンプします。

ウォーターサーバーのデザイン性にランキングは甲乙つけがたし!

上の価格面のランキングを見てもらうとわかると思うんですが、ウォーターサーバーのランニングコストってそこまで差がついていないのが現状です。

選ぶうえで値段などは気にしないと言う方はデザイン性の高いウォーターサーバーは機能面もしっかりしているものが多いのでデザインで選ぶのはかなりおすすめです。

おしゃれでデザインがよいウォーターサーバーは沢山出てきているので各自部屋にあうウォーターサーバーが見つかると思います。

私的にはフレシャスデュオミニとキララとフレシャススラットあたりがランキング上位でデザイン性が非常に高いウォーターサーバーだなと評価しています。

デザインサーバーの参考記事はコチラ⇒インテリアにもなるおしゃれ&可愛いデザインウォーターサーバー比較

価格が安いウォーターサーバーの比較ランキング!「レンタル代」「水代」「電気代」総額で格安なのはどれ?

ウォーターサーバーの料金体系はレンタルが無料と有料の機種があります。無料の方が安いというイメージがありますが、はたして安いのはどこが一番なのか?

飲む量によっても変わっては来るのですが、各社が定めている、「ボトルを2本~宅配します」といった最低注文ロットと、サーバーのレンタル代金、電気代の目安を合計して安い順に比較してみました。

天然水で格安のウォーターサーバー安い順ランキング

天然水で1ヶ月各社のお水の最低ロット数、電気代目安、サーバーレンタル料金の総額を足した価格を安い順に並べた表です。

以下コスモウォーターの場合、ボトル12×2本(税込4,104円)+電気代目安(436円)+サーバーレンタル代(無料)=4,540円。という計算式です。ぱっとみわかりやすく表ではサーバーの有料無料は書いていませんが、詳細ページにて紹介しています。

ウォーターサーバー機種 総額目安 水の種類
コスモウォーターsmartプラス 4,540円 天然水
フレシャスslat 4,555円 天然水
うるのん ウォーターサーバーGrande 4,814円 天然水
フレシャス デュオ ミニ 5,026円 天然水
クリクラミオ 5,236円 天然水
プレミアムウォーター スタンダードサーバー 5,437円 天然水
うるのん スタンダードサーバー 5,600円 天然水
フレシャスサイフォン 5,690円 天然水
フレシャスdewo 5,860円 天然水
キララスマートサーバー 8,050円 天然水

上位陣はそこまでお値段の差はありませんが、キララだけずばぬけて高い!これは上でも紹介したんですがモノがよいので、まあ確かにこのくらいしちゃうんだろうなという印象です。

RO水で格安のウォーターサーバー安い順ランキング

RO水で安い順です。先の天然水と計算方法は同じです。

ウォーターサーバー機種 総額目安 水の種類
アクアクララ アクアスリム 4,372円 RO水
クリクラ 4,450円 RO水
アクアクララ アクアアドバンス 4,562円 RO水
アルピナ 4,674円 RO水
ハワイウォーター 5,088円 RO水
エフィールウォーター 5,860円 RO水

コチラで詳細がみれます!⇒ウォーターサーバーの水代の月額費用とレンタル代の総額を安い順で比較してみた

赤ちゃんや子育てにおすすめの家庭用ウォーターサーバーのランキング

赤ちゃんや小さなお子さまがいる家庭でおすすめウォーターサーバーの条件としては、チャイルドロックがしっかりしている。安全な水。調乳、粉ミルク作りに便利といったことが条件かなと考えています。

ミルク作りに便利、安全な水という点においてはほとんどのウォーターサーバーが合格点でそこまで差がでないですが、チャイルドロックという点にフォーカスしてみるとかなりの差がついてきていると感じます。

【チャイルドロックが秀逸】コスモウォーター スマートプラス

総合のおすすめランキングでも紹介させてもらったコスモウォーターのスマートプラスです。

上の写真は私が撮影しておいたモノですが、赤ちゃん+ウォーターサーバーでどれがよい?と考えた時に気にしておきたいのがチャイルドロックかなと。

このチャイルドロックはめちゃくちゃ優秀で、上の写真のように左、真ん中、右に動かすことで、冷水と温水を完全にロック解除状態にする、完全にロック状態にするといった設定が出来ます。

また、右側に設定するのが完全チャイルドロックの状態なのですが、この鍵を家の鍵みたいに抜き差しができまして、抜いてしまえば鍵が無いとお湯が出せる状態に戻すことができないのです。

つまり一言でいえば安全性が高いチャイルドロックであるといえます。

他にもおすすめのウォーターサーバーや赤ちゃんの粉ミルクについて解説している記事は以下をご覧ください。

コチラ⇒赤ちゃんの粉ミルク作りや調乳におすすめウォーターサーバー比較

ウォーターサーバーの天然水(軟水) ランキング

日本の天然水はほとんどが軟水でウォーターサーバーから提供されている天然水もほぼ軟水です。

硬度は~120迄が軟水で、~60迄が超軟水ともいわれていますが希少性高い採水地から採水された天然水を飲みやすい、美味しい水に調整してくれています。

各社の平均としては~60度ほどの軟水が多いですが、軟水でもミネラルがたっぷりと配合された天然水や、比較して珍しいミネラルが配合されている天然水等をピックアップしランキング化してみました。

コチラ⇒ミネラルたっぷり!天然水ウォーターサーバー比較ランキング

【蛇足】ウォーターサーバー業界で売上シェアが一番なのは?

上で紹介してきたランキングはウォーターサーバーを実際に使ってみて私の主観でよかったおすすめできるモノで当サイト経由の売上がよいモノをランキング化していますが、ウォーターサーバー業界で売上とシェア数でランキング1位なのは別の会社です。

売上に関してはクリクラが何年も連続で一番。ウォーターサーバーのシェア数に関してはアクアクララが首位という状況です。

もちろんこの2社もおすすめできるウォーターサーバー会社だと思っているのでこのサイトでレビューして紹介しています。この2社は個人的にウォーターサーバー業界のレジェンド的扱いで、宅配サービスを古くから行っておりユーザー利用数が多いからという点があるので、後発組はなかなかこの売上やシェアと言う観点では抜くことはできないかなと思っています。

後発といっても知名度が高くなってきている後発のウォーターサーバー会社も天然水部門で一位とか純粋に契約数が増えたのが一位とかあるので今後ウォーターサーバー業界がどうなっていくのかも見ものですね。

ウォーターサーバーの口コミ!レビュー!感想を本音で語りますのコーナー

編集部でウォーターサーバーを実際に試しました。当サイトではみんなの口コミも参考なると思うので集めて掲載していますが、詳細情報を口コミでもらうのは難しいので、編集部で実際に試し徹底調査を行っています。気になる点が解決できるように心がけて調査を行っていますのでご参考にどうぞ。

上記レビューは私が一人の視点ですべて実際にウォーターサーバーを使用して感じたことをレビューしている記事です。

それとは別に、第三者の方でウォーターサーバーを使ったことのある方の口コミもまとめているので宜しければどうぞ

人気のウォーターサーバーの口コミを比較

ほぼ写真付きで実際に人気のウォーターサーバーを使っている方の口コミを集めて口コミ内容を比較した記事です。

家庭用ウォーターサーバー(水宅配サービス)とは?メーカーによる違いを解説

ウォーターサーバーの発祥はアメリカ。日本はご存知のとおり水に恵まれた国ですがアメリカなどではミネラルウォーターを購入し飲料水にしている。という背景がありウォーターサーバーが自然と発明されたのではないかなと思われます。

日本での家庭用ウォーターサーバーの普及は2007年頃からデータがありますが、毎年契約数は伸びています。特に大地震などがおきた後の年なんかは備蓄水などを目的とした契約も増えています。

関連記事:ウォーターサーバー(宅配水型)の市場規模と普及率推移から今後どうなるのかを考えてみた

まあ、一言でいえばウォーターサーバー・宅配水とは世界的にみてお水を飲む為の一つの手段でありとても便利なモノ。あたりまえすぎる・・・。

なわけですが今の家庭用ウォーターサーバーは日本でもかなり受け入れられ利用しているユーザーにとっては当たり前の存在へと成長しているモノといえます。

今の家庭用ウォーターサーバーとはどんなモノなのか?さわりだけ案内すると以下の4点に集約できるかなとおもったので初めてウォーターサーバー・宅配水を使おうか悩んでいる方は契約前に、どんな違いがあるのかみておくといいかなと思います。

ウォーターサーバーの大きな違いがでる4点

ウォーターサーバー本体の種類

ウォーターサーバー本体の種類も年々進化がとまりません。最近の家庭用ウォーターサーバーの種類としては、卓上タイプ、床置きタイプを中心に新たな付加価値を加えた、足元からボトルを設置できるタイプ、見た目を重要視したデザインのおしゃれなウォーターサーバー等が上げられます。数年前と比べ選択肢の幅が広まったのでウォーターサーバーとはどんなものがあるの?と考えている方は要チェック項目です。

卓上タイプ

主にキッチンで活躍する卓上タイプのウォーターサーバーです。卓上ウォーターサーバーを置く台を用意すれば色んなところに配置できるタイプです。

関連記事:小さい卓上タイプの小型のウォーターサーバー比較

床置きタイプ

イメージとしてはこれがウォーターサーバーだ。と思う方も多いのでは。床にそのまま置くタイプの床置きタイプ型のウォーターサーバーです。

足元から設置するタイプ

床置きタイプのウォーターサーバーで、今まではウォーターボトルを上部から設置するのが普通でしたが、足元から設置が出来るタイプです。今のところ数は少ないですがご家庭では重いボトルの設置が楽なので女性に人気のタイプです。

関連記事:女性に優しい水ボトル交換が楽なウォーターサーバーはコイツラだ!

デザイン重視のおしゃれなウォーターサーバー

ここ数年各社が力を入れているウォーターサーバーの種類としては、このデザイン性を加えたウォーターサーバーでしょう。ウォーターサーバーをインテリアの一つとして求める方におすすめです。

関連記事:インテリアにもなるおしゃれ&可愛いデザインウォーターサーバー比較

宅配水の容器・ボトルの種類

各社が採用しているウォーターサーバーの容器は様々なタイプが採用されています。大きく分けると「使い捨てできるタイプ」か「ボトルを回収してもらうタイプ」かの2つありますのでどちらが好みか考えて選ぶことをおすすめします。

使い捨てのボトル式ワンウェイウォーターサーバー

ペットボトル形式のワンウェイ式と呼ばれる使い捨てタイプのウォーターサーバーの容器、ボトルです。今の家庭用ウォーターサーバーはこちらが主流になっています。

回収ボトルのリターナブル式ウォーターサーバーとそのメリット

昔ながらの回収型のボトルです。ウォーターサーバーというサービスが出始めのころはこの回収型が主流でした。ゴミ捨てなしがメリットで、空ボトルが邪魔になるというデメリットもある。リターナブル形式と呼ばれるボトルの良い点、悪い点を解説しています。

ぺちゃんこでゴミ箱にポイできるパック式ウォーターサーバー

使い捨てタイプのボトルというかパックです。ワンウェイ式で異色の存在ぺちゃんこになるウォーターパック。ボトルの種類の中では最新型のタイプでゴミがかさばらず捨てられるというメリットがあり今人気になってきているウォーターサーバーが採用し始めているタイプのボトルです。

人気の宅配水の種類

ウォーターサーバーをレンタルする上で検討材料として欠かせないのが宅配水の種類。

ウォーターサーバーの水の種類を大きくわけると「天然水」と「RO水」があります。

日本はご存知のとおり水に恵まれているので名水と呼ばれる採水地が沢山。

なのでウォーターサーバーで扱っている天然水は採水地にこだわりをもっているメーカーが非常に多いです。

人気メーカーが提供している天然水

メーカー 天然水の種類
フレシャス 富士/朝霧高原/木曽
サントリー 南アルプスの天然水
コスモウォーター 静岡、京都、大分の天然水
プレミアムウォーター 富士吉田/南阿蘇
うるのん 富士の天然水
クリクラミオ 富士
イワタニアイコレクト 富士の湧き水

知名度が高く人気の天然水としては「富士山」の天然水。需要が多い為か富士山の天然水で勝負しているメーカーが多いです。採水地は各社プラント(地下水を採水し加工する工場)を自社で持っていたりプラントを持っている会社と提携していたりしています。

同じ富士山でも各社採水する場所にこだわりを持ち、よい品質の天然水を採水しています。

富士山の他には、大分などの名水が多い九州や長野県の木曽や南アルプスの天然水で有名な南アルプスなど。

天然水はミネラルが豊富に含まれている為口当たりがまろやかです。私が試したウォーターサーバーの天然水はどれもおいしく甲乙つけがたしでした。なので、ウォーターサーバー機能面などで比較したほうが選びやすいかなと思ってます。

RO水はどこも一緒?

天然水の対抗馬としてRO水があります。ROとは逆浸透膜という仕組みを利用し不純物を取り除いた水の事です。

ミネラルがまったく含まれていない水を純水と呼びますが、「純水」のまま販売しているメーカーとRO膜で不純物を取り除いた後に人口的なミネラルを配合した水が販売されています。

個人的な感想としては天然水には口当たりがやや劣りますがそれでも十分においしいと言える水ばかりでした。 RO水の特徴としては「安さ」です。毎月沢山の水を消費する家庭や企業で導入する方々などにおすすめかなと。

サーバーレンタル料金と宅配水の料金の相場とランニングコストを知る

ウォーターサーバーの料金体系は業者によって、また機種によって変わってきます。 各社レンタル無料のウォーターサーバーを用意していたり、高機能な機種で500円~1200円程度、有料レンタルをしているところもあります。

宅配水の場合、お水代金は飲めば飲むほど基本的に発生する訳ですが、月額の最低料金は目安としてはで~5,000円程度が相場です。

ボトル1本が12リットルで提供している企業が多いのでここでは仮に12リットルボトル2本、つまり24リットルを消費した場合どのくらいの料金がかかるのか?を天然水とRO水の比較をしてみます。天然水の参考としてはコスモウォーターの24L3,800円。RO水はアクアクララの2,400円くらいが相場かとおもうのでその数値で比較してみましょう。

※税抜き価格で記載

人数 天然水 RO水
1人(24L) 3,800円 2,400円(※3,900円)
2人(48L) 7,600円 4,800円(※6,300円)
3人(72L) 11,400円 7,200円(※8,700円)
4人(96L) 15,200円 9,600円(※11,100円)
5人(120L) 19,000円 12,000円(※13,500円)

RO水で計算させてもらったアクアクララは安心サポート料が月1,000円~1,500円なので、宅配水の料金にプラスされる感じなのでカッコ内に1,500円プラスした合計を書いておきました。天然水のコスモウォーターの場合はサーバーレンタルが無料なので水代のみ。

実際5人120リットルも飲むのか?という話もありますが、単純計算で1人あたり24リットルで計算してます。

※ちなみに口コミで集めたデータでは2、3人家族で36リットル消費という投稿が目立ちました。

天然水とRO水ではこのくらいの値段差がつきますが、24リットル消費ではレンタル代金やサポート料金をとるところが多いRO水と無料レンタルの天然水ではさほど差はつかないです。

その他、かかってくるランニングコストとしては電気代、メンテナンス費用(無料の会社がほとんどですが取る会社もあり)、また、ランニングではなく、初期費用や契約解除の際などに違約金などの手数料についてもふれていきます。

電気代

ウォーターサーバー本体の電気代は以下参考ページで比較していますが、最安で330円~。最高で1,500円の費用がかかってきます。

編集部ではたくさんのウォーターサーバーを実際に使ってきて電気代も計測してきましたが、使用状況によってだいぶ変わってはきます。

でも、最新型のレンタルが有料のウォーターサーバーは確かに電気代が安いのが多かったです。

参考:ウォーターサーバーの電気代比較!高い?安い?節約の鍵はお湯の消費電力にあり

メンテナンス費用

メンテナンス費用をとる会社もありますが、当サイトで紹介している会社はほぼ取りません。無料でメンテナンスをするところがほとんどです。

クリクラとアクアクララは安心サポート料という名目で月額料金を回収していますが、その中にメンテナンスを無料でという内容が入っています。

実際メンテナンスに関してですが、最近の機種は熱湯を循環させてタンク内の細菌の増殖を防ぐ機能等が搭載されているので業者がきてメンテするとかそういうことをほぼしないので無料で当然といえば当然なきもするんですけどね。

あと、故意に壊したりしなければ故障等々は基本無料対応してくれるところがほとんどです。

初期費用

初期費用をとる会社は少ないですが一例としてクリクラミオが7,000円の初期費用を回収しています。

付加価値をつけたモデル、例えばアニメのキャラクターが描かれたコラボ関連のウォーターサーバーのフレシャスや、限定色の機種だけにコスモウォーター等が初期費用を回収していたりします。

基本的にほとんどの会社が初期費用や会員費用は無料なのであまり気にしなくてよい項目かなとは思います。

違約金などの手数料

違約金に関しては注意が必要です。ウォーターサーバーの契約期間は一般的に1~2年程度に設定されていて、その期間中に解約すると、~2万円程の解約手数料が発生します。

解約手数料は高いわ!最悪!という声はたまに見かけまして、同情はします。

でもですね、ウォーターサーバー会社って1台3万くらい(最新機種だともっとするかも)のサーバーを無料で貸しているのでこれは確かに仕方ないかなと個人的には思ってます。

参考:ウォーターサーバー の解約時にかかる違約金比較

大人数に最適:定額で飲み放題の水道水直結型ウォーターサーバー

宅配水型のウォーターサーバーは上で説明してきたとおり、水を消費すればするほど料金が高くなりますが、その対抗馬?ともいいましょうか宅配水型とはまた違う、水道管からウォーターサーバーに直結しウォーターサーバー内でろ過を行うウォーターサーバーがひそかに注目されています。

設置の際に工事が必要なので気軽さは宅配型に比べると劣りますが、料金体系がサーバーのレンタル代のみで飲み放題なので業務用や企業のオフィス等におすすめです。

参考:水道水直結型(水道水ろ過型)ウォーターサーバー レンタル料金等の比較

結局ウォーターサーバー(水宅配サービス)はどこがいい?失敗しない選び方

ウォーターサーバーをレンタルして毎日お水を宅配してもらい自宅で飲めるようにするか。でも選び方がいまいちわからない。まずぶつかる疑問ですよね。

私もウォーターサーバーを研究する前はぱっと見そんなに差が無くてどれも同じじゃない?と思っていました。

でも1からウォーターサーバーを比較して調べると意外と差があることに気が付きました。正直調査には膨大な時間をさきましたので、ここでまとめた「選び方」は参考になると思います。基本的な事からそこまでこだわる?という選び方を以下にまとめましたのでよかったら参考にして下さい。

宅配水は天然水にこだわりたい?それとも格安のRO水?

基本的ですが見逃しがちな宅配水の種類。ウォーターサーバー会社が提供してくれるお水は2種類と考えてください。「天然水」と「RO水」です。
その天然水とRO水について書いている記事達です。

一人暮らし向けの選び方

一人暮らしでウォーターサーバーを契約する際に読んでもらっておいたほうがよさそうな記事まとめときました。

小さなお子さんと暮らすご家庭や女性におすすめの選び方

小さなお子さんと暮らすご家族がウォーターサーバーに注意しなければいけいないことってなんでしょうか。「熱湯」がでるということです。そういった注意点とどう向き合うかという視点と女性が使いやすいウォーターサーバーについてまとめています。

沖縄や北海道でもレンタルできるウォーターサーバーを知りたい!

沖縄と北海道は配送料がかかるためか契約対象外にしているウォーターサーバー会社が多いです。そんな中、沖縄と北海道に対応してくれているところもあるので記事にて紹介しています。
沖縄と北海道意外の関東や関西や九州等は基本は配送の面で困ることはないですが離島とかは配送対象外になっていることが多いです。

やっぱり見た目で選びたい!大きさや色

冒頭から、おしゃれなウォーターサーバーの紹介をしてきました。たぶん、お洒落系のウォーターサーバーでもなんか違うんだよな。。。という方は「色」や大きさを選ぶ条件にしている?かもしれないと思ったのでそのあたりまとめてます。

編集部からのコメント

選び方のポイントは?

上で目的別に選び方をまとめておいたとおり、ポイントとしてはまずは何を一番重要視するかを決めること。いきなり総合ランキングで人気のウォーターサーバーを選んでもよいのですが、ざっとこれだけウォーターサーバー選びで検討しても良い目的があることをしっておきましょう。

うーん別にどうでもいいわー。と言う方は是非当サイトのランキングを参考にして下さい。ウォーターサーバーサービスをやっているところの100社くらいはスペック比較とかしてきた私が絞り込んだランキングです。適当に選ぶより後悔しないと思います。

ウォーターサーバーのレンタルは安いのか?おいしい水が宅配されるメリットはでかい!

実際ウォーターサーバーのレンタル代金は安いのか?先に解説してきたとおり、ウォーターサーバーはレンタル代と天然水代などを含めると3~5千円は最低でも毎月かかります。

レンタル料は無料だけど水代は比較すると実は安くはない!

「水道水」「浄水器」「ペットボトルの天然水」「ウォーターサーバー」と当然今は色んな方法でお水を手に入れることが出来ます。水道水をそのまま飲む方も結構いますよね。こういった色んなお水の値段を比較すると、実際ウォーターサーバーは安くはありません。2リットルの天然水のペットボトルとウォーターサーバーの天然水を比較してもペットボトルの方が安いです。

実際はお水代の安さとして順番をつけると、

  1. 水道水
  2. 浄水器
  3. ペットボトルの天然水
  4. ウォーターサーバー

という順番になります。なので、もしも、毎日飲む水に対して一番安い選択を!と言う方はウォーターサーバーは契約しないほうがよいかなと思ってます。

メリットと購入よりもレンタルの方がオススメの理由

それと、ウォーターサーバーはレンタルにかぎると私は考えてます。購入とレンタルどっちがよいか?と言う話は他のページでも書いているのですがレンタルすることで初期費用を抑えられメンテナンスもしっかりしてもらえるので衛生的な美味しい水を毎日お家で飲めることが最大のメリットと考えています。

その他にぱっと思いつくメリットをあげてみます。

すぐに使えるから色々あるウォーターサーバーのメリット
  • 買物で重たいペットボトルから解放される
  • 適度に冷えたお水がすぐ飲める
  • 焼酎の水割り・お湯割り天然水ですぐに作れる
  • カップ麺やインスタントの味噌汁をお湯を沸かさずにすぐに作れる
  • インスタントコーヒーや1杯用ドリップコーヒーがすぐに作れる
  • ちょっと贅沢にお米を炊く時などに天然水を使うとおいしく炊ける

すぐに使える!という点が使ってみると想像以上によいんですよね。口コミとかでも結構よく聞くんですが、ウォーターサーバーを使う前って、お子さんとかご主人がジュースをよく飲んでいたのだけど、飲み物がウォーターサーバーの水中心になった。という声が結構多いんですよね。これってやっぱり「すぐに使えるから」「家にウォーターサーバーがあるから」が理由になっている気がします。

ペットボトルの水とかだとなぜそうならないのか?と考えてみたんですが、スーパーとかでは水と同じようにジュースとか清涼飲料水とかの飲み物を買っちゃうんですよ。でもウォーターサーバーが家にあれば、飲み物は家に水あるから良いかとかね。そういう流れになるご家庭は結構多い気がします。

ただの水ですけど、この普通の生活にかかせないお水の使い方が、ウォーターサーバーを使い始めるとレンタル料金以上の価値があると私は感じます。お金で買えない価値がある!(いやお金払ってるけど)

ウォーターサーバーの選び方は人それぞれですが、どのウォーターサーバーでもここは共通して満足できる点。(満足できなかったらごめんなさいですが)

コスト面でいうとウォーターサーバーは毎日水を飲む為に導入するモノとしては残念ながら最安値ではないですが、こういった暮らしに幸せがあるのは本当によいです。

口コミをみてもらってもわかるとおり、導入後2年3年使っている方がほとんど。

私は手放せなくなる生活家電NO,3だと思っています。(1位じゃないのかーい)

や1位は大袈裟かなとおもったので控えめに3位にしておきました。

せっかくこのページの最後まで読んでくれたので、当サイトを参考にして、ぴったりの一台がみつかりウォーターサーバーハッピーライフが始まるといいなあと思ってます。

更新・新着情報

参加団体

このエントリーをはてなブックマークに追加