このエントリーをはてなブックマークに追加

フレシャスslatは本当にスラットした最新型のウォーターサーバーだった!

人気機種フレシャスdewoの後継機フレシャス・slat(ふれしゃす・すらっと)を実際に試してみました。

一言でいうと相当な仕上がり。デザインは完ぺきで足元から設置できる設計で女性にも優しく、水がうまい。温度が温水、常温、冷水で飲めるなどなど他のウォーターサーバーがもっていないモノをこの一台はもっています。

今回私が感じた事をウォーターサーバーの機能面等細かいところを徹底レビューして行きたいと思います。

フレシャススラットの初期設定

初期設定は流れにそってやればできるのですが知りたい方もいるかもなので念のため書いています。必要ないと言う方は読み飛ばしてください。

初期設定はウォーターサーバー業者がやってくれるパターンと自分で行うパターンがありますが、スラットは自分でやる形式です。宅配業者さんは指定の位置までウォーターサーバーを運んでくれますが、段ボールからスラットを出し設置するのは自分でやる感じ。

dewoもそうなのですがスラットは初期設定が難しいです。流れにそってやれば誰でも出来ますが、高機能なので慣れる為、理解をする為に最初の設定は自分でやるのがよいのかもしれないです。

動画も撮っておきましたが、まず足元からウォーターサーバーの水を入れるわけですが、いちいちいい雰囲気を持っているんですよね、このスラット。とびらを開ける時ボタンをすっと押すのですが飽き方もスムーズ。今回は色が黒なのですが、映像見てもらうとわかる通り鏡のように反射して水とかが映っています。生で見るとこの黒すごくかっこいい。某スマートフォンも黒に色違い出していますがこのクロは良いです。

初期設定は動画の通り、「HOT」と「COLD」を長押しすると出水が始まるので500ml以上の容器を用意しておいたほうが良さそうです。注意点としてはそのくらいですかね。

スラットで飲めるお水はフレシャス富士のみ注文可能>< 旨いんですけど今後に期待

フレシャスは天然水を3種類用意している会社さんですが、今回のスラットは新しく開発されたサーバーの足元から設置するタイプです。
お水は使い捨てのボトルタイプなのですが、フレシャス富士というお水だけがスラットに対応した水です。

まあフレシャス富士、普通にまろやかで抜群に旨いですし、人気の富士のお水ですから問題は無いのですが、今後他の天然水も注文できるようになると嬉しいなあと感じました。

後でも書きますが、常温が飲めるのも大きいんですよねこのウォーターサーバー。「常温」「冷水」「温水」の3パターンの温度がすぐに出せるのは意外と大きくて最近だと冷え過ぎている水よりも常温を好む人も結構いるようです。

常温と言っても「ぬるいー」って感じる温度ではなく天然水を楽しめる適温といった感じの温度です。

スラットのウォーターサーバーの機能面は群を抜いて充実している

チャイルドロック

通常時の設定の場合、温水のみがロックがかかった状態ですが「KEEP」ボタンと鍵をかけたいボタンを2秒ほど長押しすることで、ロックをかけることができます。
「KEEP」と「NOMAL」を2秒長押しで「NOMAL」ボタンをロック。
「KEEP」と「COLD」を2秒長押しで「COLD」ボタンをロック。
ロック解除の場合も同様の手順でできます。

「HOT」のみロックを解除したままの状態で使う事はできない仕様です。まあこのほうが安全でよいのでしょう。

チャイルドロックですが、dewoでも言及しましたが、slatはロック解除ボタン「KEEP」がウォーターサーバーの一番上段についています。またdewoと比較すると蛇口部分の高さがかなり高い位置に変化していることがわかります。

蛇口部分にも子供の手が届きずらく、且つボタンも上の位置。さらにボタンが下から見上げても見えないという部分にあるのでチャイルドロックとしてはかなり優秀と思います。

温度は通常モードとエコモード再加熱機能を合わせると全部で5パターンの温度が楽しめる!

通常モード時の温度は温水が80.4℃、常温が18.5℃、冷水が7.5℃でした。

常温が楽しめるウォーターサーバーは非常に珍しく冷っとしたお水、まろやかさを感じやすい常温のお水がいつでも飲めるのは思った以上に良いと思いました。

これでまず3種類の温度ですが、slatにはエコモード機能がついています。エコモードを作動させている時の温度は

温水が73.3℃前後でした。
基本的にエコモードの時は温水が消費電力を多く食うため温水だけ温度を抑えている仕様の様です。

これで4種類の温度!

そしてもう一つ。slatにはお湯を再加熱する機能があります。「REHAT」とかかれた部分を3秒間タッチするとアラームが鳴ってランプが点滅し加熱が始まります。

ボタンじゃなくてタッチパネルなのがやらしくないですか?良い意味で。細かい部分がイケテルなあと。

再加熱はランプが点灯したら完了します。3分くらい待ちますが、目の前でじっと待つのはきついですよね。再加熱が終わった時に「ティン♪ティン♪ティン♪」と音が鳴るので近くにいれば再加熱が終わったことがわかります。個人的にはそこまで多様はしないかなと思いますが、熱いお茶、コーヒーを飲みたい時、カップ麺を熱々のお湯でと言う時などに重宝します。

だいぶ途中カットしてますが、動画も撮っておきました。「ティン♪ティン♪ティン♪」と最後に鳴ります。

そして、再加熱を行った後の温度は86.1℃でした。

受け皿が広いのと常温が出せるのでお料理に最適!

フレシャススラットはトレイ(受け皿)も他のウォーターサーバーと比較して広いのと、常温で水が出せる為料理作る時に使うのに便利ですね。例えば炊飯器。受け皿に乗せることはできませんが、手をこんな感じで添えるのは楽々できます。

お米を天然水で炊くと美味しいですが、一番最初に研ぐ時と炊く時にウォーターサーバーのお水を使うのが良いと各社いっていますが、冷水だとちょっと冷たすぎるんですよね。冬場とか。常温の方が良いじゃないですか。細かいんですけどね。

まあトレイが広いのでお料理器具全般写真の様に使えるのはかなり大きいかと思います。

電気代は?節約する為のエコモードとスリープ機能が搭載

電気代は普通に使っていて(スリープ機能は実施しています)1時間0.5円と言う結果になりました。24時間で12円、30日で360円という計算になるので非常に安い!

フレシャススラットにはスリープモードとエコモードが搭載されています。スリープモードはサーバー背面にあるスイッチをONにするだけで部屋が暗くなり人がいないとい状態になるとセンサーが反応しスリープ状態になります。
動画で撮影しました。

お部屋の電気を暗くした時に「温水(HOT)」の部分のランプが「赤」から「緑」に変わります。電気が消えただけで自動です。すごい。

エコモードの設定も簡単。

写真のecoとかかれたところを3秒タッチすると、緑色に点灯します。設定はこれだけ。

エコモードを作動させた場合の1時間の料金も0.5円でした・・・。先に書いていた電気代と変わらないのは、おそらくスリープ機能が働いていたのであまり変わらなかったと考えられます。
ただ目安ですけど他のウォーターサーバーと比較してスラットの電気代は非常に安いということが判明しました。

騒音

騒音を計ることのできるアプリを使ってフレシャススラットの騒音を計ってみました。結果は46.90dBという数値。

他社ウォーターサーバーとの比較で静かな数値となりました。この計測の仕方はウォーターサーバーに直接つけての計測です。ですから少し離れたところからであれば音はまったく気にならないレベルのものでした。

お水の残量

ボトル交換時のお水の残量も計ってみました。今回は写真の通り75ml程度でした。他社ウォーターサーバーとの比較では平均的に50mlくらいの残量の会社が多かったので若干多い数値でした。他が完璧に近いのでちょっと残念。でも誤差の範囲かなというれべるかなとも思います。

ボトルのゴミ

使い終わった後のボトルのゴミはこんな感じ。一般的な使い捨てタイプのボトルと同じ感じです。

オートピュアキープシステムとフレッシュモードで衛生面は完ぺき?

フレシャススラットは衛生面の配慮もしっかりとしています。まず、オートピュアキープシステムという機能がついています。これは何か特別な設定をする必要はなく、電源プラグを入れた瞬間から5日間(120時間)ごとに自動で動作します。
動作時は、「FRESH」パネルが点灯した状態になります。およそ3分で消灯。
動作中は、お水がサーバー内部を循環させて衛生的に保つというわけです。

オートピュアキープが動作している時、強制的に停止する事も出来るのですが、衛生的に保つために推奨されていません。

もう一つの衛生面の機能がフレッシュモードです。フレッシュモードは30日間(720時間)毎。こちらも自動で「FRESH」パネルが点灯した状態が動作している時です。フレッシュモードは熱水をサーバー内部に循環させ衛生面、サーバー内部の雑菌を殺菌する為のシステムです。

時間は90分を要します。手動で行う事も出来るので、30日間の感覚でフレッシュモードを行う方が良いかなと思いました。自動だと、90分間水が飲めませんからね。

フレシャス スラットは「本体購入」と「レンタル」どっちがお得なの?

フレシャス スラットは本体を購入するタイプとレンタルするタイプのプランがあります。

サーバーレンタルプランの場合、レンタル代が月900円(税込972円)かかり、お水代は9.3L×2本で税込2,930円かかります。

購入プランの場合、本体54,000円(税込)ですが、お水代がずっと20%OFFの税込2,376円。
そして今なら本体価格が5,000円割引になっていて36回払いで換算すると、税込、月1,350円で購入が出来る。

水代とサーバー代で毎月のコストを比較してみましょう。

プラン 毎月支払い
レンタル 税込972円+税込2,930円=3,902円
購入 月1,350円+税込2,376円=3,726円

となるので、3年間使う場合で毎月18.6L(9.3L×2本)以上飲む計算で考えると購入プランがお得。

また、分割でなく一括で支払い購入をした場合等は以下の図の通りかなり安く使う事が可能ということが判明しました。

これはフレシャススラットは購入の方がお得かなと。

ただちょっと気になる点もあるので問い合わせをして気になる個所を聞いておきました。

購入して使わなくなった場合の処分や故障の時の料金等

購入するタイプとレンタルで迷っているのですが、購入した場合、3~4年後使わなくなってしまった場合はこちらで廃棄しないといけませんか?また、1年とかで故障してしまった場合等は料金がかかってしまうのでしょうか?
サーバーの処分については、お客様にて各自治体の処分方法にあわせて行なっていただくか、もしくは、弊社にて3780円にて回収処分を代行させていただくことも可能です!また、購入の場合、3年保証をつけさせていただいており、無料でメンテナンスをいたしますのでご安心ください!3年後以降については、都度お見積りを取ってメンテナンスとなります!
なるほど。ありがとうございます。あと、購入の場合って、他で売っているお水(ボトルを差し込んで)を飲んでも大丈夫ですか?
他のお水のご使用ということになりますと、弊社では推奨しておりませんので、それにより故障などが起きた場合は弊社では責任を負いかねますので、その点ご注意ください!

↑お水を他社のにすると、保証がきかなくなる模様です。ただ、20%OFFになってるのでフレシャスの水で問題ないんですけど一応聞いておきました。

サーバーの変更について聞いてみました

購入すごく悩んでいて最初レンタルにして途中で購入する事はできますか?それと、最初は無料のレンタルの機種にして途中でスラットに変更する等は可能でしょうか?
レンタルと購入でお悩みということでしたら、レンタルから購入プランへの途中切り替えは可能です!また、サーバー自体を変更という事でしたら、機種変更手数料として5400円頂戴いたしますが、可能です!また、購入かレンタルかどちらが良いかという指標のひとつに、お水の消費量が重要かと思います!購入プランについては、月1箱もしくはそれ以上の消費ペースでしたら、間違いなく、購入プランのほうがお安くなるようプラン設計されていますので、お迷いの場合はまず、レンタルプランで、お水の消費の様子を見て頂いたのちに、2~3ヵ月後、購入プランへの切り替え、というのをおすすめ致しますよ!
なるほどー。だいぶ理解できましたー。レンタルから購入に切り替えするときは、もちろん、今まで支払った分とは別に1からの購入になりますよね?例えばレンタルで3ヶ月つかったら3ヶ月分のレンタル代が相殺されるなんてことはないですよね。。?
はい、お客様のおっしゃる通り、1から、となります!
了解しました。ちなみに、フレシャスデュオも購入の場合だいたい同じですか?
はい!フレシャスdewoにおいても、基本のルールは同じで、また、お水の消費の考え方についても、月1箱もしくはそれ以上のペースでしたら、購入のほうがお得になるようになっています!

という感じで、購入の方がお得なのは間違いないようです。気になる故障の対応などに関しても3年間は保証がついていて、一応、必要なくなってしまった場合の引き取りも有料ですが対応してくれるとのことでしたので購入が良いかなと感じました。

まとめ

フレシャススラットはフレシャスが提供するウォーターサーバーの中でも相当な自信作で推していきたい一台なのだろうと思います。正直実際に触ってみる前までは丸みが帯びたデザインのdewoのほうがいいんじゃないのかしらと思っていたのですが、スラットの方がかっこいいなと感じてしまいました。途中にも書きましたが、タッチパネルなど細かい部分がウォーターサーバーの域を超えているカッコよさです。

足元から設置できるのもまだ業界を見渡しても少ないですし、総合的な機能を持ち、使い勝手がよくデザインが良いと言う意味ではTOPかなと思います。

サーバーレンタル料金が月に900円(もしくは本体購入代金が)かかるのでここだけがネックかなと。※3箱(ボトル6本)を前月頼んでいればレンタル無料

電気代が非常に安いのでレンタル代金をカバーしているともとれるので、レンタル代900円くらい気にならないなと言う方は第一候補にしてもよいウォーターサーバーだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加