ウォーターサーバーの電気代比較!高い?安い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの料金、ランニングコストの中で意外と適当にみられている「電気代」。調査したところ電気代が安いウォーターサーバーと高いそれでは大きな開きがあることがわかりました。

メーカー公表の電気代と当サイトが実際にウォーターサーバーを使った時に計測した電気代を公開します。

実際に計測しているモノといないモノがありますが、今回計測で使ったのはこちらの計測器。1時間単位での電気代を計測し1ヶ月分に計算しました。

実際に使用量などで電気代は変わってくるのですがやはりエコ機能など性能が高いウォーターサーバーは電気代が比較して安いという結果になっています。あとなかなか使用状況をまったく一緒にするのがとても難しくバラツキあると思います。

各社ウォーターサーバーの電気代 比較表

メーカー公表の電気代と当サイトで試したウォーターサーバーの電気代一覧表です。下の表の順番はメーカー公式の電気代で安い順にしています。

機種 公式の電気代 当サイトで計測の電気代
1位:フレシャス・デュオ 330円~ 432円
2位:フレシャス・キャリオ(販売終了モデル) 340円~
3位:アクアクララアドバンス 約350円~ 504円
4位:フレシャス・スラット 380円~ 360円
5位:うるのん・ウォーターサーバーGrande 390円~
6位:コスモウォーターらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス 436円~ 396円~720円
7位:フレシャス dewo mini 約490円 648円
8位:フレシャス サイフォン ショートタイプ 700円 792円
8位:アクアクララ アクアスリム 700円~
8位:クリクラミオ・床置きタイプ 700円~ 1,008円
8位:サントリー ウォーターサーバー 700円~1,000円 720円~1,008円
8位:イワタニアイコレクト 約700円
13位:ハワイウォーター 約800~1,200円
14位:キララ スマートサーバー 808円~1,300円 576円~1,008円
15位:プレミアムウォーター スタンダード 900円~1,200円 1,080円
16位:クリクラサーバーL 平均1,000円~1,300円/月 1,368円
16位:エフィールウォーター 1,000円前後
16位:アルピナウォーター 約1,000円
19位:うるのん・スタンダードサーバー 1,500円

計測していた時に再加熱機能を使ってしまったり、お湯を使いすぎたとか多少バラツキはあると思いますが安いウォーターサーバーの電気代は400円くらい。高いもので1,500円くらい。

【当サイト調べ】ウォーターサーバーの電気代が安い順ランキング

上の比較表はメーカー公式順ですが、当サイトで計測したウォーターサーバーの電気代が安い順をランキングにすると以下のとおりになりました。(電気代は目安ですけども)

ベスト3位に入った機種は各メーカー省エネ、エコ機能を意識している比較的新しい機種なので見た目も使い勝手もかなりよいウォーターサーバーでした。

ウォーターサーバーの電気代を節約するなら「お湯」「再加熱機能」などに注意?

エコモードをしっかり使えば節約できたりもしますし、お湯をめちゃめちゃ使うよというご家庭では目安よりも高くなる可能性があるかと思います。

個人的にはウォーターサーバーはあまり節約とか意識しないで自由に使うのが良いとは思うんですが、節約をしたいなら「お湯」「再加熱」などの湯沸かしに注意をすべき。

ウォーターサーバーの電気代が一番かかるのが「お湯」です。エコモードなどが安くなる理由としては、お湯の温度を85℃付近の設定から70℃付近にしているからです。お湯をつくるのは冷水をつくるより消費電力がかかるのでここが肝になってくると。

サントリーやフレシャススラットについている機能でお湯を「再加熱」して熱々のお湯をつくる機能がありますがこのあたりは多用すると消費電力を食います。

普通にお湯をたくさん使うと、新しくウォーターサーバー内に組み込まれた水を沸かすわけですから使えば使うほど料金があがるのは当然ですよね。

節約するにはお湯を控える?という話になってくる訳ですが、ウォーターサーバー何のために使ってるの?という話になってきますし、電気代が気になってそこまでやるのならウォーターサーバー導入しないほうが良いと思うんですよね。

例えばの話で、お湯を沸かすのは普通に生活していて何度も行う事ですよね。電気ケトル、ポット、ガスでお湯を沸かす等は必要ですよね。そのあたりと比較してみるとウォーターサーバーの電気代に納得できるかもなので以下にて触れてみます。

節約の為にウォーターサーバーの電源をコンセントから抜くのはNG?正しい節電方法とは?

電気代の節約でやってはいけない事としてあがってくるのがこれ。ウォーターサーバーの電源をコンセントから抜く行為。

まず、根本的にウォーターサーバーはお湯、冷水をすぐに飲む為の電化製品なので抜いてしまってはその機能が使えなくなってしまいますし、電源をコンセントから抜いたところで節約にはならないでしょう。電源を抜いたとしても、お湯と冷水がさめてしまい、再度、熱(電気)を利用することになりますからね。

それに、ウォーターサーバーの機種によっては電源を抜くと「故障の原因になるから抜かないで!」といっているところもあります。
電源から抜くことでなにかしらの機能(例えば衛生面を保つための機能)をリセットする場合もあるので電源を抜くこと自体絶対NGというわけではない機種もあります。

しかし、基本的には24時間365日電源は差しっぱなしにしておくのがウォーターサーバーと考えておいたほうがよいです。

関連の記事:ウォーターサーバーの電源(コンセント)を抜くのは基本的にやってはいけない?

正しい節電方法はメーカーのエコモードやスリープモードをそのまま活用する

では、ウォーターサーバーで節電を行う方法はないのか?という話になってきますが、正しく節電するのは、メーカーがウォーターサーバー自体に実装しているエコモードやスリープモードを正しく使うほかありません。

電気代が高くつく理由として、ウォーターサーバーはお湯の加熱に多くの消費電力を使います。なので先に書いたとおり「再加熱機能」などのお湯を熱くする昨日は消費電力を使ってしまいます。

上で紹介した各社ウォーターサーバーの電気代 比較表の1~7位は電気代が非常に安く抑えられているように見えます。これらの機種にはエコモードやスリープモードが実装されています。

ウォーターサーバーを使わない時に電力を抑える設定になっているので今の機種は基本的に節電の為になにか工夫をする必要はなくなっています。

保温用の電気ポットやケトルよりもウォーターサーバーの電気代は安い?

これは使用量にもよると思いますが、電気ケトルは1度沸かすのに2~3円くらいの電気代がかかるといわれています。電気ポットも性能と使用頻度しだいなんですが月1,000円以上はざらでしょう。

ウォーターサーバーと比較しても同じくらいの金額、もしくは電気ケトルやポットのほうが高くつくと考えるのが妥当ではないかなと。

ウォーターサーバーの場合ずっと電源に差して保温しているじゃないですか。だからウォーターサーバーの方が高いのかなと思いがちなんですが、電気って最初に電源を入れた時とかお湯を沸かす時とかに消費電力を食うのでウォーターサーバーは実はそこまで電気代を食っていないと。言う事なのだと思います。

ウォーターサーバー達の電気代を比較してどうこう考えるよりも、もしかしたらお湯をつくる他の家電製品と比較したほうが導入の材料になるかもしれませんね。ちなみにガスでヤカンを使って1リットルあたりを沸かすのにかかる料金は2~3円程度。これも沸かす回数次第なのですが、料金的にそこそこいく気がします。

ウォーターサーバーで電気代が1,000円くらいかかったとしても実はヤカンで沸かす回数が減ったり、ケトルやポットでお湯を沸かす必要が無くなるのでそこまで負担にはならないのではないかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加