本当に危険なの?水道水のトリハロメタン 基準はウォーターサーバー よりも安全?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの水と水道水の水の安全性に対してよく耳にすることがあります。
どっちが安全なの?という論点について敢えて白黒つけるならば水道水の方が安全でしょう。理由は塩素消毒されている為です。

トリハロメタンという成分が発がん性物質であるから水道水は危険だという論調がありますが、これは語弊があると思われます。

トリハロメタンが発がん性物質であるというのは本当のようですが、発癌性物質だからといって生涯に摂取して一定の閾値を超えた量をとれば体に害が出てくると言う点を完全に無視しているのです。水道水を危険だと騒ぐ人たちは。

当サイトはウォーターサーバーをおすすめしているサイトなので、わざと危険を煽り、水道水ではなくウォーターサーバーの水を飲みましょうと言えばひょっとすると、不安に感じウォーターサーバーを契約する人が増えるかもしれません。

危険を煽る連中はだいたい、何か自分の利益になるモノの為に批判している人ばかりなんですよね。まあこの世の中、大半が正義を極端に主張する人は疑ってかかったほうが良いなと個人的には思っています。

東京都の水道水はトリハロメタン等水質検査が良い意味で異常に厳しい

それでトリハロメタンとか水道水に含まれている成分ですが、東京都の場合こちらから自分の住んでいる地域の水道水の水質検査の結果を見ることが出来ます。こちらは世田谷区の水質基準(PDF)です。

細かい検査結果を公に公表しているわけですが、問題のトリハロメタンはWHOが定めている基準値がありまして、それよりもはるかに安全な数値を日本の水道局は設定しています。

WHO 0.2mg/L
日本の水道局 0.1mg/L
世田谷区(4~6月の総トリハロメタン) 0.010mg/L

WHOの基準値でも安全性は高いようですが、日本の水道局はその二分の1の数値を設定しています。これは基準値ですが、実際の水質検査で世田谷区の4~6月の数値を見ると、0.010mg/Lというはるかに下回る安全な数値になっています。

総トリハロメタンとは?

クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムなどを差します。

水道水のトリハロメタン除去方法は浄水器がベスト?沸騰は手間がかかり過ぎで現実的ではない?

基準値からしても、安全性は非常に高いといえるでしょう。しかし、100%大丈夫?かどうかは誰にもわかりませんし、実は基準値が甘かったと今後出てくる可能性もな気にしもあらずかなと(不安を煽る訳ではないですよ。こういうのは誰にも正解がわからないと思うので)。

そこで、水道水のトリハロメタンを除去する方法を調べてみましたが、ベストな方法としては浄水器がよいかなと個人的には思います。

国民生活センターのHPに浄水器の比較テスト結果が載っていました以下一部引用です。

トリハロメタンの除去を確実に求めるなら、容量の大きなタイプを
安全性で気になるのが、発がん物質といわれているトリハロメタンや農薬だ。その除去率は、初期ではどの銘柄も8割以上だった。しかし、最終時点になると、トリハロメタンは5割以下の除去率になる銘柄が多く、農薬は2銘柄が6割台以下になった。
国民生活センター:浄水器の比較テスト結果

初期は8割以上の除去率で、最終時点で5割ですから、どちらにしろすべてを取り除くのは難しいようですね。浄水器はトリハロメタンだけではなく塩素のカルキ臭さを取り除くなど他の用途もあるので悪くない数値だと思いません?ただ、元々安全基準が高いのでそこから8割減らしたところでトリハロメタン単体だけで考えると個人的にあまりそこを意識しすぎるのは意味が無い気もします。

気になる方は浄水器が良い気がします。きちんとカートリッジの交換などはメーカーが推奨している期間毎に変えること。それと上の比較テスト結果のページでも言っていましたがコンパクトなものよりも大きめのタイプの方が良さそうです。

他にトリハロメタンを除去する方法としては、単純に沸騰させるだけではいけないようです。単純に沸騰させるだけだと増えるという見解を書いている方が多いです。トリハロメタンを除去目的で沸騰させるのなら15分以上の沸騰が必要なんだそうです。

そんな、時間使ってられないですよね。なので、気になる方は浄水器がよろしいかと。

ウォーターサーバーの水にトリハロメタンは含まれていないの?

そもそもなぜトリハロメタンが水道水に含まれているのか?というと、水道水の元となる川の水などの水に含まれている別の有害物質等を除去するために様々な工程がとられます。その工程の大事な部分に塩素消毒があります。塩素消毒を行う事はどう考えても大事なんですけど、それによって有害物質と塩素が反応しトリハロメタンが作られるようです。

なので、ウォーターサーバーの水には含まれてはいないといえるでしょう。ただ、冒頭でもいっているとおり、だからといってウォーターサーバーの水が水道水よりも安全か?というとそうではないと思うんですよね。

水質検査の項目からすると水道水のほうがしっかりしていますし、塩素消毒する事で安全性は保たれているわけです。

で、長々と書いてきましたが、トリハロメタンが含まれているから水道水ではなくウォーターサーバーを選ぶと言うのはちょっと違うと思うんですよねと。私自身保証できるわけでもないですし、それでも危険で怖いのよという方はそういう理由でウォーターサーバーを選んでも良いかもしれませんが、何が言いたかったかと言うとそこまで神経質に水道水を飲んではいけないと思うのは精神衛生的も悪いので宜しくないのかなと思いこの記事を書いてみました。

だって、例えばですよ。コンビニでカップ麺を買って車の中で食べるとするじゃないですか。コンビニのお湯使うじゃないですか。たぶん水道水ですしそれ。外食で飲む水は浄水器使っているとは限りませんよね。←これは個人の感想ですけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加