ウォーターサーバーの温度設定って?各社のお湯と冷水の温度を比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーは冷水と熱湯がすぐに楽しめると言う点が導入する際の一番の理由じゃないでしょうか。気になる温度は結論から言うと各社そこまで大きな差がなく冷水が5~10℃くらい、温水が80~90℃くらいです。ただ、細かいところで機能面の差があります。
例えば、お湯で再加熱をして熱々のお湯をつくることが出来る機能、エコモード、冷水ではなく常温のお水が飲めるウォーターサーバー等。こういったところに違いがあります。

そのあたりの細かい温度機能の違いをみながら比較していきましょう。

ウォーターサーバーの冷水温度・お湯の温度を徹底比較!

各メーカーが公式で温度は明記しているので、このページではメーカー公式の温度当サイトが実際に計測した温度を徹底比較して紹介します。
()←内に書いてある温度はエコモード時の温度。「―」が入っているのはまだ試していないウォーターサーバーです。

機種 公式の温度 当サイトで計測の温度
フレシャス・デュオ 水温:4~10℃
湯温:80~90℃
(65~75℃)
水温:7.7℃
湯温:80.6℃
(72℃)
フレシャス dewo mini 水温:5~10℃
湯温:80~85℃
(70~75℃)
水温:9.4℃
湯温:82.0℃
(70.5℃)
フレシャス・スラット 水温:4~10℃
湯温:80~85℃
(70~75℃)
※1リヒートモード約90℃
水温:7.5℃
湯温:80.4℃
(73.3℃)
リヒートモード約86.1℃
※2常温:18.5℃
フレシャス・キャリオ 水温:3.5~8.0℃
または常温※3
キララ スマートサーバー 水温:3-8℃(10-18℃)
湯温:83-93℃(60-70℃)
水温:8.2℃(15.7℃)
湯温:82.3℃(60.8℃)
(73.3℃)
再加熱後88.4℃
サントリー ウォーターサーバー 水温:4-9℃(弱冷モード 12-15℃)
湯温:85-92℃(弱温モード 70-75℃)
水温:8.8℃(弱冷モード 12.6℃)
湯温:82.2℃(弱温モード 70.2℃)
再加熱86.3℃
コスモウォーターらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス 水温:6~10℃
湯温:80~90℃
水温:10℃
湯温:83.9℃
プレミアムウォーター スタンダード 水温:約5℃
湯温:約85℃
水温:8.4℃
湯温:83.2℃
アクアクララ アクアスリム 水温:5~12 ℃
湯温:80~90℃
アクアアドバンス 水温:6~11 ℃
85~90℃(70~75 ℃)
水温:11.7℃
湯温:83.2℃
再加熱:86.4℃
うるのん・スタンダードサーバー 水温:4~12℃
湯温:80~90℃
うるのん・ウォーターサーバーGrande 水温:4~12℃
湯温:80~90℃
ハワイウォーター 水温:5℃湯温:85℃
クリクラサーバーL 水温:4~10℃
湯温:75~85℃
水温:6.9℃
湯温:85.4℃
クリクラミオ・床置きタイプ 水温:4~10℃
湯温:75~85℃
水温:6.4℃
湯温:87.2℃
イワタニアイコレクト 水温:6~12℃(弱冷モード12℃~16℃)
湯温:80~88℃(高温モード90℃~93℃)
エフィールウォーター 水温:4~12℃
湯温:80~90℃
アルピナウォーター 水温:4~10℃
湯温:80~90℃

とざっとお湯と冷水の温度を書いてきました。実際この温度の計測は状況によってかなり変わる気がしましたので、メーカーが発表している温度を参考にすれば問題は無いと思います。

赤ちゃんの調乳にウォーターサーバーのお湯は大丈夫?

ウォーターサーバーのお湯の温度を調べている方の中で多いのが、赤ちゃんのミルクなどの調乳に使うお湯としてウォーターサーバーのお湯は大丈夫?

と考えている方が多いと思います。結論としては、上で書いている通りほとんどが70℃以上の温度なので問題なく使えます。

赤ちゃん向けウォーターサーバーに関しては、もう少し詳しくウォーターサーバーは赤ちゃんの粉ミルク作りや調乳におすすめ!という記事で書いているので興味ある方はこちらをどうぞ。

ウォーターサーバーのお湯でカップラーメンはおいしく作れる?

ウォーターサーバーのお湯の温度の平均は80~90℃です。個人的にカップラーメンは天然水のウォーターサーバーのお湯で作ると美味しいです。

ただ、人によってはちょっとぬるいと感じる方もいるようです。

こればかりは感覚の問題なので絶対に美味しく作れる!といいきれはしないのですが、気になる方は再加熱機能のあるウォーターサーバーを選んでおくといいです。

下で紹介しています。

ウォーターサーバーは温度調整、調節、設定ができるモノとできないモノがある

比較表をざっと見てもらってもなんだか似たような数字ばかりでわかりずらい。。。そんな声が聞こえてきましたので、注目ポイントとしては、
温度設定(エコモードや再加熱の機能がついていて何種類かの温度が楽しめる)が出来るモノときめられたお湯と冷水の2種類しかないモノがある。と言う点が着目すべき点かなと思います。

お湯を再加熱できるウォーターサーバーは、上のウォーターサーバだとアクアクララのアクアアドバンスやフレシャススラットがあります。

この写真はアクアアドバンスの「再加熱ボタン」です。このボタンをワンプッシュでお湯を再加熱する事が出来ます。状況によって温度の上がり方は変わってくるのですが、上で書いたカップラーメンを熱々のお湯で食べたいと言う方はこういった再加熱機能がついているウォーターサーバーにしておいたほうがいいかもです。アクアアドバンスはこれに加えエコモードもついています。

常温とリヒート機能で温度が複数のウォーターサーバー!フレシャス スラット

もうひとつ、温度調整と言う意味ですごいウォーターサーバーといえば、フレシャススラット。このウォーターサーバーは温水、冷水ともうひとつ「常温」が飲めます。
常温のボタンがついているのです。

また、リヒート機能(再度過熱をして熱湯をつくる機能)とエコモードがあるので、こちらも同一優勝にさせて頂きます。

再加熱をするリヒート機能搭載のウォーターサーバーは結構増えてきましたが、常温の水も一緒に出すことが出来るウォーターサーバーはまだすくないです。

まとめ

どのウォーターサーバーも通常時の温度は普段毎日使うのにちょうど良い温度設定になっているので今回優勝にさせていただいた2つだけでなくレンタルする価値はあると思いますが、温度の機能の差はこんな感じでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加