ウォーターサーバーの温度設定って?各社のお湯と冷水の温度を比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーは冷水と熱湯がすぐに楽しめると言う点が導入する際の一番の理由じゃないでしょうか。気になる温度は結論から言うと各社そこまで大きな差はないのですが、細かいところで機能面の差があります。
例えば、お湯で再加熱をして熱々のお湯をつくることが出来る機能、エコモード、冷水ではなく常温のお水が飲めるウォーターサーバー等。こういったところに違いがあります。

ウォーターサーバーの冷水温度・お湯の温度を徹底比較!

各メーカーが公式で温度は明記しているので、このページではメーカー公式の温度当サイトが実際に計測した温度を徹底比較して紹介します。
()←内に書いてある温度はエコモード時の温度。「―」が入っているのはまだ試していないウォーターサーバーです。

機種 公式の温度 当サイトで計測の温度
フレシャス・デュオ 水温:4~10℃
湯温:80~90℃
(65~75℃)
水温:7.7℃
湯温:80.6℃
(72℃)
フレシャス dewo mini 水温:5~10℃
湯温:80~85℃
(70~75℃)
水温:9.4℃
湯温:82.0℃
(70.5℃)
フレシャス・スラット 水温:4~10℃
湯温:80~85℃
(70~75℃)
※1リヒートモード約90℃
水温:7.5℃
湯温:80.4℃
(73.3℃)
リヒートモード約86.1℃
※2常温:18.5℃
フレシャス・キャリオ 水温:3.5~8.0℃
または常温※3
キララ スマートサーバー 水温:3-8℃(10-18℃)
湯温:83-93℃(60-70℃)
水温:8.2℃(15.7℃)
湯温:82.3℃(60.8℃)
(73.3℃)
再加熱後88.4℃
サントリー ウォーターサーバー 水温:4-9℃(弱冷モード 12-15℃)
湯温:85-92℃(弱温モード 70-75℃)
水温:8.8℃(弱冷モード 12.6℃)
湯温:82.2℃(弱温モード 70.2℃)
再加熱86.3℃
コスモウォーターらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス 水温:6~10℃
湯温:80~90℃
水温:10℃
湯温:83.9℃
プレミアムウォーター スタンダード 水温:約5℃
湯温:約85℃
水温:8.4℃
湯温:83.2℃
アクアクララ アクアスリム 水温:5~12 ℃
湯温:80~90℃
アクアクララアドバンス 水温:6~11 ℃
85~90℃(70~75 ℃)
水温:11.7℃
湯温:83.2℃
再加熱:86.4℃
うるのん・スタンダードサーバー 水温:4~12℃
湯温:80~90℃
うるのん・ウォーターサーバーGrande 水温:4~12℃
湯温:80~90℃
ハワイウォーター 水温:5℃湯温:85℃
クリクラサーバーL 水温:4~10℃
湯温:75~85℃
水温:6.9℃
湯温:85.4℃
クリクラミオ・床置きタイプ 水温:4~10℃
湯温:75~85℃
水温:6.4℃
湯温:87.2℃
イワタニアイコレクト 水温:6~12℃(弱冷モード12℃~16℃)
湯温:80~88℃(高温モード90℃~93℃)
エフィールウォーター 水温:4~12℃
湯温:80~90℃
アルピナウォーター 水温:4~10℃
湯温:80~90℃

※1※2※フレシャススラットにはお湯を再沸騰させるリヒート機能と、お湯、冷水の他「常温」が出せます。常温の温度は公式に温度が書いていませんした。常温だから?今回計測では18.5℃でした。
※3フレシャス・キャリオは温水機能は付いていません。冷水もしくは常温のみのウォーターサーバーです。


とざっとお湯と冷水の温度を書いてきました。実際この温度の計測は状況によってかなり変わる気がしましたので、メーカーが発表している温度を参考にすれば問題は無いと思います。

ウォーターサーバーは温度調整、調節、設定ができるモノとできないモノがある

比較表をざっと見てもらってもなんだか似たような数字ばかりでわかりずらい。。。そんな声が聞こえてきましたので、注目ポイントとしては、
温度設定(エコモードや再加熱の機能がついていて何種類かの温度が楽しめる)が出来るモノときめられたお湯と冷水の2種類しかないモノがある。と言う点が着目すべき点かなと思います。

お湯を再加熱できるウォーターサーバーは、上のウォーターサーバだとサントリー、フレシャススラット、アクアクララアドバンス、があります。

温度調整が秀でているのは、イワタニアイコレクトとサントリーのウォーターサーバー。イワタニアイコレクトは、温水・冷水にそれぞれ「温水・高温」「冷水・弱冷」の2段階温度切替機能がついています。
サントリーはそれぞれ、お湯に「弱温」冷水に「弱冷」機能がついています。

この写真はサントリーの「再加熱ボタン」と「弱温」「弱冷」ボタン。ワンプッシュですぐ設定できるのもポイントが高い。

これみてもらうとおり、温度の調整が複数できるウォーターサーバーとして優勝なのはサントリーのウォーターサーバーかなと。

常温が飲めるウォーターサーバー

もうひとつ、温度調整と言う意味ですごいウォーターサーバーといえば、フレシャススラット。このウォーターサーバーは温水、冷水ともうひとつ「常温」が飲めます。
常温のボタンがついているのです。

また、リヒート機能(再度過熱をして熱湯をつくる機能)とエコモードがあるので、こちらも同一優勝にさせて頂きます。

まとめ

どのウォーターサーバーも通常時の温度は普段毎日使うのにちょうど良い温度設定になっているので今回優勝にさせていただいた2つだけでなくレンタルする価値はあると思いますが、温度の機能の差はこんな感じでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加