このエントリーをはてなブックマークに追加

コスモウォーターらく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス【レビュー】

コスモウォーターから新型のウォーターサーバー「らく楽スタイルウォーターサーバーsmartプラス」が登場したのでさっそく試してみました。smartプラスは「らく楽スタイルウォーターサーバー smart」の進化版です。

旧来の商品も実際に使っていたので、なにが進化したのかなども含めてレビューをしてみました。

コスモウォーターsmartプラスは旧型のものよりも確かに、確実に進化したウォーターサーバーだった!

結論からいうと、smartプラスは全体的に旧型のものよりも進化していました。元々の人気になっている部分はそのままに細かい私自身が気になっていた箇所が改善されていたので無料レンタルのウォーターサーバーとしてさらにおすすめできる一台に進化したかなと。それでは、さっそく順を追ってレビューして行きます。

初期設定

上の写真のとおりウォーターサーバーは宅配員の方が指定の位置まで運んでくれますが初期設定は自分でやる感じ。段ボールなどのゴミは玄関で取り払い回収してくれます。動画にとっておきましたが非常に簡単です。コスモウォーターといえば足元から設置できるウォーターサーバー。最新のsmartプラスも旧型のものと同様に足元から設置ができ楽々です。

設置が完了し電源を入れてから約30分で温水ができあがり、約60分で冷水の使用が可能です。

初期設定は非常に簡単です。足元から設置するのを体験するためにも業者が設置せず自分でやるほうがよいのかなと思ってます。

初期設定、足元から設置するところを動画でも取っておきました↓

名水、大分県の日田の天然水「日田の誉」はまろやかでうまかった

コスモウォーターは3種類の天然水と1種類のRO水から選ぶことが出来ます。前回は富士の天然水を試したので、今回は天然水を「日田の誉」にしました。

「日田の誉」は名水が数多く採水されている九州、大分県日田市からコスモウォーターがさらにそのエリアから厳選した地下750mの地下水から採水された天然水。

期待が高まるなあ。特徴としては、水の性質が pH7.8 ( 弱アルカリ性 )で、有機ゲルマニウム、シリカなどのミネラルが豊富に含有されている天然水といったところでしょう。 硬度は62の軟水です。軟水ですが、コスモウォーターが販売している水の中で一番硬度が高いです。

以下はコスモウォーターが販売している天然水と硬度の比較です。

天然水の種類 硬度
日田の誉 62mg/L
古都の天然水 30mg/L
富士の響き 53mg/L

味は口当たりが非常にまろやかでした。富士の天然水もおいしいですが、日田の天然水の方が好きかも。
コスモウォーターは天然水の切り替えも可能なので気分でお水を変更するのはアリかなと思いました。

チャイルドロックは革新的な仕組み

コスモウォーターのsmartプラスで一番進化したんじゃないか?と感じたのがチャイルドロックです。
旧型のチャイルドロックよりも新しい方がかなり使いやすく、さらに、色んな家庭で使いやすくなったなと。

チャイルドロックは好みに合わせて3種類の設定が出来るのです。

写真のとおり、お湯と冷水部分に突起物がついています。なななんと、これがキー(鍵)になっているわけです。

  • 左:チャイルドロックフリー
  • 真ん中:簡易チャイルドロック
  • 右:完全チャイルドロック

左側にキーをずらすと、チャイルドロックが完全に解除された状態になります。ロック機能いらないんだよね。という場合は常に左にしておけば快適に使えます。
真ん中は簡易的なチャイルドロック。まるいボタン(写真「A」部分)を押しながら水またはお湯を注ぐ事が出来ます。

右側に合わせると、完全チャイルドロックで水、またはお湯を出すことができません。←これお湯の部分、子供のイタズラ対策に最高によい!

でも、子供が鍵をいじって左に動かしてしまったら・・・意味なくない?

と思いました?私も最初そう思ったんですけど、特記すべきは、チャイルドロックのキー部分が取り外し可能で、本当に完全ロックすることができるのです。

子供がいじってもまずロックを解除できない仕様です。

取り外したキーは上段にキー置き場があるのでここにおいておけば、キーをなくしてしまう心配はありません。

やーこの設計は良く考えたなと思いました。

子供がいない家庭の場合、ロック部分が面倒なんだよねという場合は、一番左にセットする事で簡易ロック自体を解除。小さい子供がウォーターサーバーに興味を持っていじくって火傷が心配という家庭ではお湯を完全ロックにし鍵を外しておく。環境に合わせてチャイルドロックの設定が出来るのです。

チャイルドロックも特徴的なので動画でとってます↓

コスモウォーターはうるさいという声もあるので騒音をチェック

音のうるささ等をチェックするアプリを利用し騒音チェックを行いました。

今回のコスモウォーターですが、以前に旧型の楽々スマートも実際に使った経験がありますが、その時マイナスポイントだなと思ったのが騒音です。

旧型のウォーターサーバーは当サイトで計測したウォーターサーバーの中で一番うるさかったので、新しくなったスマートプラスはどうなったか非常に気になるポイントでした。

結果はかなり改善されていました!ご覧の通り49.69dBという数値が出ました。以前の旧型は60.71dBでブーンという音が若干気になる時があったのですが新型のスマートプラスはまったく気にならない静かな音でした。

通常時のお湯の温度・冷水の温度とエコモード動作中の電気代とお湯の懸念点

通常時のお湯と冷水の温度

通常時はお湯が83.9℃、冷水が10℃でした。カップ麺、コーヒー等々温度的には十分なお湯がでますし、お水もちょうど良くうまい!と感じる文句のない温度設定です。

エコモード中のお湯が・・・

まずエコモードの解説ですが、エコモードの設定は簡単で、前面にある「eco」ボタンを3秒長押しするだけ。
緑色のランプが点灯したら設定完了です。設定してから6時間点灯が続きその間は省エネ運転になります。
エコモード中に1回「eco」ボタンを押すと、エコモードの解除をすることも可能。

設定自体はとても簡単です。

デメリットとしては、エコモードを動作させている時は温水の加熱が止まると言う点。

※エコモード動作中のお湯の温度をエコモードを作動させて1時間後、2時間後、3時間後、時間をあけて計測しました
結果は以下写真のとおりで、かなりぬるい温度なってしまいました。エコモード中はお湯を使う事はできない状態です。

※エコモードが終了して30分後にお湯が使えるようになります。(なので手動で終了させてもOK)

1回の作動で6時間使えないのはウォーターサーバーを快適に使うためにはちょっとなーと。

電気代の節約のために寝る前に設定しておくのが吉ですが、寝る前以外に使うのは使い勝手が悪くなるから微妙だなと感じました。

ただ、別にエコモードは任意の設定なので節約したい時だけ使えばいいんですけどね。例えば一人暮らしとかで、朝仕事に行く前にエコモードを動かして、お家に帰ってきた時は問題なくお湯も使えて、寝る前にエコモードを動作させて朝起きた時は問題なく使える。こういった空き時間を活用するというのであれば非常に良い機能かなと感じました。

通常時とエコモード中の電気代 エコモード中は圧倒的節約感でした

温水、冷水と同様に、電気代も通常時とエコモード中の計測を行いました。

結果通常時、1時間の電気代は1.0円。エコモード中は0.1円でした。エコモード中温水の過熱が止まるだけあってものすごい節約感。

コスモウォーターの推奨というか、オフィシャルサイトで記載差入れている電気代はエコモードを6時間×1日2回活用で465円との記載があります。

この使い方をしたところ、(通常時:1時間の電気代1.0円×12時間=360円)+(エコモード:1時間の電気代0.1円×12時間=36円)という計算式で396円と言う結果に。

通常モードだけで24時間、30日使った場合は約720円という結果になりました。

電気代はうまく使えば他社と比較しても安い感じかなと思いますが、個人的にはこのエコモードが若干微妙かなと。この機能があったほうがよいと感じる人もいるでしょうから好みの問題になってくるかとは思います。

※電気代はお湯の使用料など環境によって異なるので目安になります。

電源を入れて自動で設定のクリーンサイクルシステム!内部のメンテナンスはこれだけでOK?

ウォーターサーバーで着目される箇所として衛生面の不安を解消している機種かどうかがあります。
コスモウォーターsmartプラスは衛生面の配慮もしっかりしています。

クリーンサイクルシステムという機能が標準装備されています。

※クリーンサイクルシステムとは?

熱水をウォーターサーバー内部に循環させ、衛生面を保つ機能です。
ウォーターサーバーのレンタル代金が有料の機種には最近付いている機能ですが、コスモウォーターの場合レンタル
無料なのについているところがなかなかやるなと感じます。

特に難しい設定をする必要はなく、初期設定の電源を入れた12時間後にクリーンサイクルシステムが作動します。
その後は48時間毎に作動するので、電源を入れるタイミングは12時間後が深夜の時間帯、午後の15時くらいがよいかもしれません。
生活スタイルに合わせて、就寝している時間帯などを逆算して電源を抜いてクリーンサイクルシステムを作動させる時間帯を合わせるのが良いかと思います。

時間帯を再設定したい場合は、電源を抜いて1分間待ち再度電源をコンセントに差せば12時間後にクリーンサイクルシステムが作動し、同様に以降は48時間毎の作動。

システム動作中の約20分間は温水の温度が50℃近くになる時があるので使わない時間帯に設定はかなり大事かなと。
時刻設定を手動でできればなお良いなと思ったのですが、先ほども言った通り、無料レンタルのウォーターサーバーでこの機能がついているのは少ないのでまあプラスかなと。

48時間毎に自動的にウォーターサーバー内部をクリーニングし無菌状態を保ち
天然水のおいしさを損なわないシステム。

定期的な業者の内部メンテナンスが不要に?

クリーンサイクルシステムを採用している為コスモウォーターでは業者の内部メンテナンスが不要という判断になっています。
最近では、高機能なウォーターサーバーの場合、熱水を自動で巡回させることで有人メンテナンスを省いているところが増えてきています。

実際、1年に1回メンテナンスにくるよりも48時間毎に掃除してくれた方が安心感はあるなあと個人的にはおもってます。
※外側のセルフメンテナンス、お掃除は必要です。

コスモウォーターsmartプラスのボトル交換時の作業はどう?

続きまして、ウォーターサーバーはボトル交換の時にボトルが重たいとか水が漏れてしまったとかの不満が結構あるのでコスモウォーターsmartプラスはどうだったかをレビューして行きます。

ボトル交換時は水が出なくなったらエンプティランプが点滅してお知らせしてくれる

コスモウォーターsmartプラスの場合足元から設置するタイプのウォーターサーバーの為、交換自体は非常に楽です。
扉を閉めた状態ですので水の減りがいまいちわかりずらいですが、空になった時エンプティランプが点滅しお知らせしてくれます。(上の動画のとおり)

ボトル交換時のゴミ

ボトルは水を給水していく毎に勝手に潰れていく感じのやわらかいペット素材です。エンプティランプがついて交換の為に扉を開けるとご覧の通り完全に潰れた状態になっています。
ゴミは、ボトルの後ろについている「テープ」と「ボトルキャップ」と「ボトル部分」の3点です。ペット部分は写真のとおりコンパクトに潰せることが出来るのでゴミも少なく合格レベルかなと思います。

お水の残量

ウォーターサーバーの作りはどうしてもボトルに多少のお水が残ってしまいます。なので試しているウォーターサーバーすべて、お水の残量を計測しています。
コスモウォーターsmartプラスのお水の残量は約130mlでした。残念ながら他社と比較すると平均が50mlくらいなので多い数値がでてしまいました。まあ50mlも130mlもそこまで大きくは変わらないので誤差の範囲かな?

足元から設置するタイプのウォーターサーバーは下から上へ水を給水するのので残量は若干多くなってしまうのは設計上、仕方ないことなのかもしれません。

コスモウォーターと契約で毎月かかる料金・コストはいくらくらい?

上記で説明してきたとおり良い面悪い面ありますが、総合的に見るとウォーターサーバーのレンタル代金は無料でこれだけの機能がついているのでお勧めできる一台であるのは間違いないかと思います。

きになる毎月かかってくるランニングコスト、料金面ですが、お水代は天然水の場合、月換算2本(1本12L)の注文、RO水プラスプレミアムの場合m月換算3本(1本12L)分の料金がかかります。
各、お水の料金は以下の通りです。

水(12リットル) 料金
富士の響き 1,800円(税込1,944円)
日田の誉 1,900円(税込2,052円)
古都の天然水 1,760円(税込1,900円)
プラスプレミアム(RO水) 1,250円(税込1,350円)

RO水もいちおう料金表にいれておきましたが、コスモウォーターを契約する人はほぼ天然水目的でしょうから、古都京都の天然水で料金を計算すると1,900円/12L×2で、毎月3,800円~が目安のコストになります。

天然水のクオリティも高いウォーターサーバー、設置が楽、チャイルドロックがしっかりしている一台がよいと考えている方は間違いはないかなと。

コスモウォーター契約前後によくある質問や困った時の解決策まとめ

解約や引っ越しなどにありがちな疑問、良くある質問的な事をまとめてみました。

コスモウォーターのサーバーを新機種に交換・変更したい

今回レビューしたコスモウォーターsmartプラスは2017年4月6日時点のレビューで最新型のウォーターサーバーです。既に契約している方で「新しいウォーターサーバーに変更したい」

契約期間の満期を迎えている場合であれば新しいsmartプラスに無償交換が可能なようです。契約の満期を迎えていない場合は交換手数料(契約状況によって変わってくるので電話で確認することをおすすめします)を支払う事によって新しい機種のsmartプラスに変更が可能です。

引っ越しや返却時の水抜き

引っ越しや返却時に水抜きという作業を行う必要があります。タンク内に入っている水を抜く作業です。

引っ越しの場合ウォーターサーバーの持ち運びどうすればよいかどうかは、問い合わせしてみることが吉だと思われます。引っ越しキャンペーンをやっている場合もあるので。
引っ越し前に連絡して登録の住所等々変更する手続き等も必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加