アルピナ ウォーターサーバー

評判・口コミ評価 総数(2)

(4 /5)

お水の料金/容量
12Lボトル:1,050円(税込1,134円)
500ml換算
44円(税込 約47円)
1回の注文単位
3本
電気代目安
約800~1,200円
サーバーレンタル料金
572円(税込618円)
送料
無料
毎月かかる料金目安
4,020円(水36L+レンタル代618円)
配送エリア:関東(東京|神奈川|茨城|埼玉|千葉) ボトルタイプ:回収ボトル(リターナブル方式)
ウォーターサーバーのレンタル料金が572円かかりますが水の料金は業界屈指の安さ。注文ノルマもないので気軽にウォーターサーバーが始められる一社。宅配エリアが関東だけでせまいのが残念ですが、エリア内の方でとにかく総コストを抑えたい方におすすめのウォーターサーバーです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アルピナウォーターのウォーターサーバーってどう?機能面やサービスの特徴を紹介

アルピナのウォーターサーバーは機能面でいうと他社と比較してそこまで性能が良いという感じではないのですが、ウォーターサーバーの最低限の機能だけ持ち合わせているという印象です。

最近はウォーターサーバーのレンタル代金は無料という会社が多い中、アルピナは月額572円(税別)~を徴収しています。なぜ?無料でいいんじゃない?という気持ちもわからなくはないですが、アルピナウォーターのスタイルとしては、月額料金をとる変わりに毎月の注文ノルマがないという点が好評です。

ウォーターサーバーでレンタルが無料でできる会社のほとんどは、お水を毎月2本~3本は必ず注文してくださいというノルマを設けています。これがきついという方は月額料金を支払い、注文を休憩したい時に休憩するという会社の方がむいています。

ですからウォーターサーバーの性能が低いから無料ではなく、生活スタイル的に毎月何重リットルも水を飲まない方向けのサービスな気がします。

総合的に価格を比較してもアルピナウォーターは安いですし、実はレンタル無料の会社も今月はノルマを達成できなかったという月は手数料で1,000円くらいとるよ。と言う会社もいますので良心的な価格であるということは伝えておきたい点ですね。

ではウォーターサーバーを紹介していきましょう。

アルピナのスタンダードサーバー:床置き&卓上型サーバーも

アルピナのウォーターサーバーのベーシックな一台。スタンダードサーバー。

本当にシンプルな作りで、良くも悪くも突起した機能はありません。ただ、温水冷水を作るというそれだけを目的としたウォーターサーバーがほしいという人は満足できると思います。

月額572円(税別)のレンタル料金がかかります。

チャイルドロックが甘い作りになっているのでお子さんをお持ちのご家庭には個人的にあまりおすすめできないウォーターサーバーかなと思ってます。気をつけてお子さんがイタズラできない様に工夫する必要がある。

また、アルピナで卓上型のウォーターサーバーを契約したいという場合はこちらのタイプのみになります。

アルピナウォーターのエコサーバー

アルピナから登場したエコサーバー。名前のとおり、スタンダードサーバーとの比較で約35%ほどの消費電力をカットしたサーバーです。エコモードを使うとさらに節約でき、最大42%の省エネが実現(メーカー調べ)できたそう。

このウォーターサーバーはエコだけでなく、サーバー内部を1週間に一度温水で自動クリーニングをしてくれたり、先にいったスタンダードサーバーのチャイルドロック部分が2重のロック機能をつけていたりと不安点を改善しているので小さなお子さまがいる家庭の場合は断然エコサーバーがおすすめです。

※補足としてチャイルドロックに関してはアルピナに限らず、各社性能があがってきていますが、基本的にお子さんの手の届かないところに設置する等の工夫が必要ではあります。

1ヵ月のレンタル料金は¥872(税別)です。

アルピナウォーターの水素水サーバー:効果はないだろうけど水素ファンには評判?

アルピナのユニークなウォーターサーバーとして一つ取り上げておきたいのが水素水生成器サーバー。写真のとおり、スタンダードサーバーの横に水素水を作る機械が設置された感じのサイズ感。

私個人的には水素水は根拠が無いので一時期騒がれていた様な効果はないものであるとおもってますが、それでも家で水素水を飲みたいという人はやはり一定数いるのかと思います。今でも某大手ディスカウントストアとかいくと水素水売ってますからねー。値段的にはそれと比較すると500ml単位では安く飲むことが出来ます。

月額レンタルが、サーバーのレンタルと水素水キットあわせて月額1,572円(関東の地域の方の場合)(税別)ほどで、初回設置費用に10,000円(税別)。かかってきます。関西地域の方は月額2,000円(税別)

※なぜか、関東と関西の地域でレンタル料金が変わってきます。

アルピナのウォーターサーバーのサイズやデザインってどうなの?

先にも言った通り、アルピナのウォーターサーバーはデザイン的に可もなく不可もなくTHEシンプルという印象です。

他社のデザイン系ウォーターサーバーと比較すると見劣りはしてしまうのは正直なところです。

サイズに関しては平均的な大きさなので邪魔になるという感じはないと思います。(ウォーターサーバー自体置いて邪魔と感じる人は邪魔だと思いますがw)

あと、水素水サーバーは横に13CMの機械がつくので合計43.5CMとなりちょっと幅をとるかなと思います。

トーエルのアルピナウォーターの宅配水は北アルプスで採水された天然水をろ過したRO水?

次はウォーターサーバーを選ぶうえで重要になってくる「水」について触れていきます。

トーエルが提供しているアルピナウォーターの水は採水地がわざわざ北アルプスから採水している天然水です。ですが、天然水のままではなく、天然水をRO膜にとおし、RO水という水にしてから販売しています。アルピナウォーターを提供しているトーエルのハワイウォーターも同様にハワイの水をRO膜にとおし販売しています。

アルピナウォーターは天然水ではなくRO水という濾過された水を宅配してくれるウォーターサーバー会社でトーエルという会社が提供しているサービスです。ウォーターサーバーメーカーで販売されているこのRO水(完全に不純物を取り除いた水)。

いろいろと販売の仕方に各社バラツキがあります。

大きくわけると、RO水の中に人口的なミネラルを添加するメーカー。
ミネラルをいれずRO水そのものピュアウォーターとして販売するメーカー。

大きくわけるとこの2つ。

アルピナウォーターは後者のほぼミネラルが入っていない状態のピュアウォーターです。硬度が「1.05」と超軟水のお水として販売しています。

実際問題、水道水でも、天然水でもRO膜をとおしたらミネラル成分はすべて失われるのでどちらでもよいのではないでしょうか。という話もあるのですが、元々が天然水であることにこしたことはありませんね。

原水が水道水で安くなるならいいのですが、アルピナウォーターは12リットルボトルが1,050円(税込1,134円)と500ml換算で約44円(税込47円)という安さを実現しているので、原水を水道水でRO水として提供している会社より安いのでもし、水道水でも一緒だとしても安く提供できているのでOKかなと。まあ、天然水が原水のほうが私はいいなと思います。

アルピナのウォーターボトルは8L|12L|18.9Lで回収するリターナブル方式と使い捨てのワンウェイ式の両方あり

割と珍しいのが、ボトルの種類。ウォーターサーバーはボトルを再利用して回収するリターナブル方式というシステムと水の飲みきった後のボトルは潰して捨てられるワンウェイ方式というシステムがあります。

アルピナのウォーターボトルは8L|12L|18.9Lの3種類ありまして、8Lの場合お家で使い捨てするタイプのボトル。12Lと18.9Lは宅配員の方が空になったボトルを回収してくれるシステムになっています。

最近はボトルを回収するリターナブル方式の業者がかなり減ってきてしまいましたがアルピナはかなり古くからこのやり方でウォーターサーバーのサービスを提供しています。

お値段的な面とボトルの設置の兼ね合いを考えると12リットルボトルが一番おすすめかなーと思います。

アルピナのウォーターサーバーを契約後、月額いくらかかるかの金額面や支払い方法、送料などについて

ウォーターサーバーのスペックやお水の内容がわかったところで、次は月額かかる料金や支払い方法などの金額面について触れていきます。

アルピナのウォーターサーバー代や水代、電気代など月額かかる総コスト・料金はどのくらい?

毎月かかる料金としては、ウォーターサーバーのレンタル代金、お水の料金、そしてサーバーの電気代を足した金額が一つの目安になってきますので、アルピナウォーターを契約した場合どのくらいの月額コストがかかるのかシミレーションしてみましょう。

まず、ウォーターサーバーのレンタル代金ですが、冒頭でも案内したとおり、

スタンダードサーバー:月額572円(税込:618円)
エコサーバー:月額¥872(税込:942円)

という価格です。

注意したいのが、12リットルボトルは1本1,050円(税込1,134円)という価格で販売されていますが、1本単位では注文が出来ません。3本単位で配送を行ってくれるので、1回の注文でかかってくる料金は36リットル分の3,150円(税込3,402円)が最低かかる料金です。

電気代は使い方によって異なってはきますが、スタンダードサーバー約800円〜、とエコサーバー約470円〜という目安になっています。

この3つを合計しますと、

スタンダードサーバーで毎月36リットル飲んだ場合、合計:4820円~
エコサーバーで毎月36リットル飲んだ場合、合計:4814円~

といった感じになります。エコサーバーは省エネ設計なので電気代で月額のレンタル料金を賄ってくれる感じですね。ただ使用状況によって電気代は異なってくるのであくまで目安になります。

また、アルピナは月額料金を支払っているので、毎月水を注文しなければいけないというノルマがありませんので、36リットルを1ヶ月で消費する場合のシミレーションになります。

支払い方法はクレジットカード引き落としor口座自動振替

上で紹介してきた毎月の料金目安ですが、アルピナではこの料金の支払い方法はクレジットカードか口座自動振替の2つになります。※宅配便エリアでは、クレジットカード口座引き落としのみの扱いになっています。

アルピナウォーターは送料が基本無料だが配送エリアによって1箱あたり459円

基本、本州への宅配の送料は無料ですが、北海道、四国、九州は1箱(8L×3本)につき459円の配送料金がかかってきます。都度かかるので該当エリアの方はちょっと残念ですね。北海道は特に大手のウォーターサーバーメーカーも送料をとるところが多いんですよね。アルピナウォーターの今後に期待。

あと、アルピナは基本的に配送エリアは関東圏がメインの取り扱いになってます。12L・18.9Lの場合は、関東圏以外の宅配は行っていません。関東圏の方はもちろん送料無料です。

なので、アルピナ自体、関東圏以外の人にはおすすめできないウォーターサーバーかなと。他のウォーターサーバーであれば送料ほとんど無料なのであえて送料がかかる地域の方が契約する必要はない気がします。

定期的なお手入れ・掃除は必要だがメンテナンス費用が無料なので衛生面も安心!

スタンダードサーバーの場合2年に一度、無料でメンテナンス、ウォーターサーバーの交換を行ってくれる。月額572円~のレンタル代金だけですからメンテナンス費用をとってもいい気もすのですが無料は助かります。

エコサーバーの場合は4年に1度のメンテナンス、ウォーターサーバーの交換を行ってくれます。

※アルピナの水素水サーバーの場合はメンテナンス費用6,000円が交換のたびにかかります。

基本的なセルフメンテナンスは必要になってきます。掃除のやり方は基本的に蛇口やウォーターボトルを差し込む部分をアルコール消毒をボトル交換の時に行うくらいでよいでしょう。このお手入れはどのウォーターサーバーでも行うべきです。

サーバー内部が汚れているんじゃないか?と心配になる人も多いと思うのでやはり、定期的に丸ごと交換してくれるのはポイント大きいですね。

契約期間内のアルピナの解約料金は高い?

解約料金は1年以内の解約で、5,000円。業界基準でいうと高くは無い解約金額です。通常2年の縛りがあるので1年以内は良心的です。月額料金をとっているからこそできる価格体かなと。

アルピナのスペック表

アルピナのウォーターサーバーとお水のスペック等をまとめてます。

サーバースペック

床置き
サイズ 横幅:300mm
奥行:310mm
高さ:970mm
重さ 16.5kg
温度 水温:4~10℃
湯温:80~90℃
レンタル料金 572円
レンタル料金備考  
月間最低注文数 なし
電気代目安 約1,000円
カラ―バリエーション 1色

卓上
サイズ 横幅:300mm
奥行:310mm
高さ:590mm
重さ 13.5kg
温度 水温:4~10℃
湯温:80~90℃
レンタル料金 572円
レンタル料金備考
月間最低注文数 なし
電気代目安 800~1,200円
カラ―バリエーション 1色

お水内容(1リットルあたりの成分)

アルピナウォーター(8L)
採水地 北アルプス矢沢水源(※RO水です)
料金 8Lボトル:780円(税込842円)
500mlあたり 48円(税込 約53円)
賞味期限 製造後3ヵ月
硬度|性質|pH値 1.05 |中性|
カルシウム 0.2 mg
カリウム 0.1 mg
有機ゲルマニウム  
マグネシウム 0.1 mg
バナジウム
シリカ  
ナトリウム 0.6 mg
亜鉛
溶存酸素

このエントリーをはてなブックマークに追加