水分補給に清涼飲料水は駄目?ウォーターサーバーの水や麦茶が最適な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

異常気象が続く昨今。夏の熱中症対策の為に水分補給をしっかりとろう!という呼びかけが多くなってきましたね。当サイトもウォーターサーバーの水を紹介するサイトなのでこのトピックに触れておきたいと思いまして筆をとってみました。

水分補給に飲んではいけない(向いていない)飲み物とは?

まったく飲んではいけないというわけではなくて、適していない飲み物として上げられるのが「清涼飲料水」いわゆるペットボトルのジュースとかスポーツドリンクなど。これはじめて聞いた時スポーツドリンクも駄目なの?って思いました私。

なんで?

ペットボトル症候群に注意!清涼飲料水は夏場の飲み過ぎに注意喚起されている

清涼飲料水のほとんどが夏場の飲み過ぎに注意が必要とされています。
喉の渇きを癒す為に、コンビニに立ち寄って炭酸飲料をごくごくやりたくなりますよね。でも、スポーツドリンクなどは水分補給に適していると思われがちですが塩分や糖分などの摂りすぎになることがあるのです。

特に危険な人が糖尿病予備軍(自覚が無い方)といわれる人です。ペットボトル症候群(正式には「清涼飲料水ケトーシス」)という糖尿病の方でケトン体が増えている症状に陥るケースがあるそうです。

小まめな水分補給が大事でも、ジュース全般には糖分がたくさん含まれているので逆効果になってしまうこともあるんですね。

こういった注意喚起はスポーツドリンクは激しいスポーツなどで失われるナトリウムなどの補給には適しているのでしょうが、日常生活で喉が渇いたから毎日2リットル飲むといった行為が危ないかもですよ。。という意味合いが強いので、絶対飲むな!とかではなく飲み過ぎに注意しましょう。

カフェインの含まれたコーヒーやお茶等

カフェインの含まれたコーヒーやお茶はそのまま飲めば、糖類が含まれていないため健康的に水分補給ができるきがしたんですが、水分補給には適さないようです。なぜかというとカフェインは利尿作用があるためです。

私はコーヒー馬鹿でして、めちゃくちゃコーヒー飲むんですけど、この事実を知ってから水分補給のためにコーヒーをとるのは辞めることにしました。

熱中症対策に小まめな水分補給で最適な飲み物とは?

水分補給に適さない飲み物は、糖分、塩分が多く含まれすぎている、そして、カフェイン等の利尿作用が強いもの。ということがわかりました。ではなにがよいのか?

ウォーターサーバーの水で水分補給!

ウォーターサーバーのサイトだからあえて「ウォーターサーバー」と書いてますけど、「水」がやっぱり水分補給には適しているようですね。まあ当たり前といえば当たり前。

ウォーターサーバー会社が提供している水の種類にはRO水と天然水があります。RO水そのままの水はミネラルがまったく含まれていない純水とよばれる水ですが、天然水にはナトリウムやマグネシウムなどのミネラルが含まれています。

汗を書くと、ナトリウムが減少していくので水分補給にも適しているといえます。

水分補給で大事なのは、がぶがぶ一気に飲むのではなく、喉が渇く前に小まめに飲むことです。夏場は室内でも熱中症になるケースがあるためウォーターサーバーの場合室内にいる場合の熱中症対策としての水分補給には適していると思います。冷たいお水でクールダウンもできるので。

ミネラル成分が豊富な麦茶も夏場の水分補給に人気

麦茶には先に言っていた懸念材料のカフェインが含まれていないのと、ナトリウムやマグネシウム、亜鉛等が含まれているので夏場の水分補給に適しているといえるでしょう。というか、昔から夏場の冷蔵庫には「麦茶」という家庭も多いですよね。昔ながらの知恵なんでしょうか。そのあたりの詳細はわからないんですけど、おばあちゃんの知恵袋や昔ながらの習慣って時間をかけて続けられてきたという事は、時間をかけてテストされて良かったってことと同義だと思うんですよね。だから麦茶ってめっちゃよいんじゃないかなと。

ウォーターサーバーの水で麦茶を作っておくと言うのもありですよね。

水分補給意外に熱中症対策で気をつけること

まず、熱中症対策の為に水分補給等々をしていたのにもしかしたら熱中症かも?という疑いがある場合は変な知識で対策をしては駄目かなと思います。環境省のWEBページに熱中症の対処方法(応急処置)が図解されていたのでこの流れで処置していくのがよさそうです。

また水分補給は当然意識すべき事ですが、室内であれば涼しい環境、外出する場合はなるべく直射日光を避け日陰にいく、日傘をさす、日々の健康的な食事をしっかりとる。適度な運動で体力を作る。などなど言われればとても当たり前の話なんですけど、当たり前のことをしっかりとし、水分補給は忘れずにというのが熱中症の対策なのかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加