天然水が飲めるウォーターサーバー比較!私が試したランキングも!

このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかくウォーターサーバーを導入するなら天然水が飲めるウォーターサーバーがよい!そう考えているあなたの為に天然水を提供しているウォーターサーバー会社、おすすめの天然水の比較、ランキング等の情報をまとめておきました。

目次

ウォーターサーバーの天然水を徹底比較

たくさんあるウォーターサーバーの天然水。どんな天然水があるのか?料金はどのくらいかを比較しておきました。

メーカー 商品の名前 注目成分 硬度 料金 500ml換算
FRECIOUS朝霧高原
バナジウム
85mg/L
1,140円(7.2L)
79円
FRECIOUS富士
バナジウム
21mg/L
1,155円
80円
FRECIOUS木曽
20mg/L
1,170円
81円
コスモウォーター
※水は選べません
静岡の天然水
バナジウム
53mg/L
1,900円(12L)
79円
京都の天然水
30mg/L
大分の天然水
有機ゲルマニウム
62mg/L
富士吉田の天然水
バナジウム/溶存酸素
25mg/L
1,960円(12L)
82円
南阿蘇
シリカ/溶存酸素
36mg/L
朝来(あさご)
シリカ/サルフェート
45mg/L
富士の天然水 さらり
バナジウム
29/L
1,898円(12L)
79円
サントリー南アルプスの天然水
30mg/L
1250円(7.8L)
80円
キララ富士山の天然水
バナジウム/シリカ/炭酸水素イオン
28mg/L
1,250円(7.2L)
86円

ウォーターサーバー会社が提供している天然水は富士山の天然水が人気なので基本ラインナップとして富士山のバナジウム入り天然水を提供している会社が多いです。

その他、南阿蘇など九州も人気商品です。天然水の料金としては500ml換算で約80円ほどが相場です。

天然水が飲めるウォーターサーバーのランキング!料金の目安

正直上の比較表だけだといまいちどれがいいかわからないと思うのでランキング化してみました。天然水ウォーターサーバーランキングです。5社に絞り込んでみました。この5社はすべて実際に試して使ったウォーターサーバーでぶっちゃけてしまうとどれを選んでも満足するレベルでしたが、今、総合的に良いと思う天然水を提供しているウォーターサーバーのランクずけです。

コスモウォーター

コスモウォータースマートプラス

500ml換算
79円
1回の注文単位
2本(24リットル)
電気代目安
494円~
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
3,800円~(水24L)
配送エリア:本州・四国・九州・北海道 ※沖縄・離島は対象外地域ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

ウォーターサーバーのレンタル代金が無料のコスモウォーター。天然水は3種類あるのですが、実は選ぶことができません。送料が無料でお住まいの採水地が近い天然水を自宅に届けてくれる仕組みを採用しています。

関東圏だと静岡の天然水、九州付近だと大分の天然水、関西付近だと、京都の天然水を届けてくれます。

この天然水を選ぶことができないのはデメリットともとれますが、送料無料で近くの採れたて天然水が自宅に届く。と考えると一つのメリットにもなるのかなとは思います。

実は昔は、3つの天然水から選ぶことができて何種類かの天然水を飲んだ経験があるのですが、良い意味で差はそこまでない美味しい天然水でした。

コスモウォーターは天然水ももちろん美味しいのですが、ウォーターサーバーの性能が無料レンタルの中では相当しっかりしているので、色んな方におすすめできるウォーターサーバーです。

フレシャス ウォーターサーバー

フレシャスのウォーターサーバー
500ml換算
80円
※FRECIOUS富士の場合
1回の注文単位
1箱(4パック)
電気代目安
330円~
サーバーレンタル料金
無料~
毎月かかる料金目安
4,620円~(水28.8L)
配送エリア:すべての地域※沖縄及び離島一部地域を除く ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

フレシャスはウォーターサーバー業界でも異彩を放つ会社です。天然水は定番の富士、九州の木曽、そしてもう一つ富士山系の天然水、朝霧高原の3つから選ぶことができます。

フレシャスの魅力はウォーターサーバーの多彩さです。おしゃれなウォーターサーバーといえばフレシャスといっても過言ではないくらいに業界では有名です。

その証拠に、フレシャスdewo、フレシャスdewoミニ、フレシャスslatという3機種がグッドデザイン賞を受賞しています。

また、最近ではコーヒーマシーン一体型のウォーターサーバーを公開したりとユーザーに新しい提案をしてくれているウォーターサーバー業界のトップランナーの一社です。

サントリー南アルプスの天然水 ウォーターサーバー

500ml換算
約80円
1回の注文単位
毎月3箱
電気代目安
700円
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
4,450円(水23.4L)
配送エリア:全国※一部地域を除くボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

コンビニのペットボトル天然水の売上ランキングで毎年上位に入るサントリー南アルプス天然水。そのウォーターサーバーバージョンです。

このウォーターサーバーも私は試しましたが、やはり飲みなれた味でとても美味しいのでオススメできる一台です。

一個あえてデメリットを書かせてもらうと、ウォーターサーバー本体がデカイ!(泣)

まあその分性能もしっかりしているので総合的にはおすすめできるのですが、コンパクトなウォーターサーバーが欲しいと言う方は辞めておいたほうがいいかなという印象です。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター無料サーバー

500ml換算
82円
1回の注文単位
2本(24リットル)
電気代目安
エコモード使用時 900円前後 エコモード不使用時 1,200円前後
サーバーレンタル料金
無料~
毎月かかる料金目安
3,920円(水24L)
配送エリア:全国※エリアにより配送可能な水が異なる ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

プレミアムウォーターは業界の中でも天然水にこだわりを感じます。実際にプレミアムウォーターの天然水を飲みましたが本当に美味しい水でした。500ml換算にすると数円ですが他の天然水より高いですが満足できる天然水だと思います。

プレミアムウォーターの特徴としては、ウォーターサーバー本体が無料のものから、アマダナというレンタル有料のおしゃれウォーターサーバーを提供している点です。

色んな用途に合わせてウォーターサーバーと天然水を選べるので人気の会社の一つといえるでしょう。年々シェアも拡大中の注目の1社です。

キララ(kirala)

キララスマートサーバー

500ml換算
86円
1回の注文単位
1箱(4パック)
電気代目安
1,300円程度
サーバーレンタル料金
1,200円
毎月かかる料金目安
6,200円~(水代+サーバー代)
配送エリア:すべての地域※沖縄及び離島一部地域を除く ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

キララの天然水は、定番の富士山の天然水。この会社はすべてにこだわりにこだわっているという印象。

採水地のプラントの土地を探すのに数年かけ、みつけた土地を購入し自社のプラント工場を建て、そこで採水しています。お水はもちろん美味しいです。

ウォーターサーバーも細かい部品も自社で開発して、他とはちょっとちがった見た目のウォーターサーバーに仕上がっています。

このウォーターサーバーの最大の特徴は炭酸水が作れると言う点でしょう。

高機能で見た目もスタイリッシュなウォーターサーバーなのですが、お値段が他社と比べて明らかにお高い。ウォーターサーバーの質と天然水の美味しさは間違いないので、値段を気にしない人には非常におすすめできるウォーターサーバーといえます。

硬度が高い&ミネラルが独特なウォーターサーバーのおすすめ天然水

ランキングの次は、硬度とミネラルに注目してみます。日本の天然水は基本的に軟水です。何水とは硬度が120の天然水なので、ここで紹介する天然水も基本的にすべて軟水です。

平均して~30程度がウォーターサーバーの天然水なのですが、その数値と比較して硬度が高い天然水と配合されているミネラルが独特なおすすめ天然水を紹介していきます。

フレシャスFRECIOUS朝霧高原(7.2L)

500ml換算
82円(税込89円)
1回の注文単位
1箱(4パック)
電気代目安
330円~
サーバーレンタル料金
500円(税込540円)/月
毎月かかる料金目安
5,616円(水+レンタル代)
配送エリア:すべての地域※沖縄及び離島一部地域を除く ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

おしゃれサーバーで有名なフレシャスからでている富士の近くの天然水。他にも2つ天然水があり、一つも富士の天然水なのですがこちらを選ばせてもらったのはバナジウムの含有量が高い。硬度もWHO基準でいえば軟水ですが、日本のウォーターサーバーの水の中ではかなり高めの85mg/Lという数値です。

一つ残念なのはFRECIOUS朝霧高原を飲むことが出来るサーバーがフレシャスdewoという機種だけになり、他のサーバーを選んだ場合はこの水は今のところ飲むことができません。(理由は分かりかねます2016/11/8時点)

FRECIOUS朝霧高原
採水地 静岡県富士宮市の朝霧高原
料金 1パック7.2L/1,175円(税込:1,269円)
500mlあたり  
賞味期限 製造後6ヵ月
硬度|性質|pH値 85mg/L|弱アルカリ性|pH8.5
カルシウム 1.5mg
カリウム 0.29mg
有機ゲルマニウム  
マグネシウム 1.1mg
バナジウム 180μg
シリカ  
ナトリウム 8.0mg
亜鉛  
溶存酸素  

コスモウォーター 大分県の天然水

500ml換算
79円(税込85円)
1回の注文単位
2本(24リットル)
電気代目安
494円~
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
4,104円~(水24L)
配送エリア:本州・四国・九州 ※沖縄・離島は対象外地域ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

大分県は名水がよくとれる地域として有名で国土交通省「水の郷百選」でも選ばれている地域ですがウォーターサーバーでは扱っている会社がそれほど多くありません。コスモウォーターも3種類天然水を提供していますがこのお水は特徴的だと思います。
有機ゲルマニウム、亜鉛が含まれている天然水は女性に嬉しい点。他の必須ミネラルも適度にはいっている天然水で硬度は62mg/L。バランスの良いナチュラルミネラルウォーターだと思います。

※コスモウォーターの「大分県の天然水」は九州付近にお住まいの方に宅配される天然水で関東などにお住まいの場合は違う天然水の宅配になるのでここはご注意ください。

大分県の天然水
採水地 大分県日田市
料金 1,900円(12L)
500mlあたり 79.1円(税込85.5円)
賞味期限 製造から6ヶ月
硬度|性質|pH値 62mg/L|弱アルカリ性|pH7.8
カルシウム 16.6mg
カリウム 8㎎
有機ゲルマニウム 4㎍
マグネシウム 4.8㎎
バナジウム
シリカ  
ナトリウム 48.8㎎
亜鉛  
溶存酸素  

キララ 富士山の天然水

500ml換算
86円(税込94円)
1回の注文単位
1箱(4パック)
電気代目安
1,300円程度
サーバーレンタル料金
1,200円(税込1,350円)
毎月かかる料金目安
6,750円~(水代+サーバー代)
配送エリア:すべての地域※沖縄及び離島一部地域を除く ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

硬度28mg/Lの超軟水ですが、含まれているミネラルの成分が珍しいと言う意味で優秀です。美容によいと言われているシリカとバナジウムが配合されているのはウォーターサーバーの天然水だと非常に珍しいです。シリカ単体だけでもウォーターサーバーの天然水で探すのは結構難しいので、シリカを求めているのならキララにしてもよいかもしれません。

あと、キララは炭酸水が作れるウォーターサーバーなので炭酸水+シリカとバナジウムが配合された天然水を毎日飲みたいと言う方にはかなりおすすめの一台です。

キララ富士山の天然水
採水地 富士箱根伊豆国立公園 山中湖村(山梨県)
料金:7.2Lの1パック 1年プラン1,250円(税込1,350円)
2年プラン:1,150円(税込1,242円)
3年プラン:1,050円(税込1,134円)
500mlあたり 79円~94円
賞味期限 未開封:6か月(開封後2週間)
硬度|性質|pH値 28mg/L|アルカリ性|pH8.2
カルシウム 7.1mg
カリウム 1mg
有機ゲルマニウム  
マグネシウム 2.5mg
バナジウム 70μg
シリカ 48mg
ナトリウム 4.4mg
亜鉛 10μg
溶存酸素  
炭酸水素イオン 37mg

良い製品も裏があるのではないかと疑う気持ちは忘れてはいけません。
疑いすぎもつかれるのでアレですが、ミネラルウォーターのサーバーをレンタルする前によくささやかれている疑問を私が出来る限り解決していこうと思います。

天然水が飲めるウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバー自体導入することのメリットってたくさんありますが、天然水のウォーターサーバーを選ぶメリットをいくつか考えてみます。

ウォーターサーバーの性能がイイ

ウォーターサーバーを導入したいという消費者は天然水が飲みたいという需要が多いです。

だから、ライバルに負けないように各社は競争しウォーターサーバーの機能面を磨いています。

その結果がたぶん影響していると私は考えているのですが、天然水を提供している会社のウォーターサーバーは性能がイイものが多いです。

ボトルはワンウェイ方式や最先端のパック式が採用

ウォーターサーバーの性能ともう一つ、ボトルに関してです。

ウォーターボトルには2種類ありまして、固いハード型のボトルで業者が回収し再利用する「リターナル式ボトル」と柔らかい使い捨て可能な「ワンウェイ式ボトル」があります。

参考:ウォーターサーバーの容器・ボトルの種類

信ぴょう性は不明なのですが、「リターナル式ボトル」はワンウェイに比べ不衛生であるという話が一時期あったため、多くのウォーターサーバー会社が「ワンウェイ式ボトル」に切り替えを行いました。

実際そこまで気にしなくていい項目ではあると思うんですけどね。。

ただ「リターナル式ボトル」のほうがそういった噂にいちいち心配しなくて済むというのはメリットの一つなのかなと。

温水冷水がすぐに楽しめる

天然水ウォーターサーバーだからというわけではないですが、ウォーターサーバーを導入する上で一番いいのはこれ。温水冷水がすぐに楽しめると言う事。

他の記事でも何度もいっていますが、おいしい適度に冷えた天然水がすぐに飲めることで、子供がジュースを飲む頻度が少なくなったとか意外な口コミもあります。

温水は、カップ麺や、粉ミルク、コーヒーなどすぐに作れるので便利でおいしい水がすぐ飲めるのが一番のメリットです。

ウォーターサーバーの天然水の味は美味しい物ばかりだがろ過したRO水と比べると割高

これまで比較してきたとおり、ウォーターサーバー会社が提供している天然水は500mlあたり80円前後です。ウォーターサーバーの水は天然水意外でいうとRO水という不純物を完全に取り除いた水が販売されています。RO水は不純物を取り除く工程でミネラルもほとんどカットしてしまうので味は天然水と比較するとやや劣ります。値段的にも500mlあたり~60円と格安です。

安さをとるか味をとるかの2択といったところでしょう。

各社いろんな天然水を提供してくれていますが、私が今まで飲んだウォーターサーバーの天然水はどれも満足できるレベルでした。(このページで紹介している天然水はおすすめできます。)

天然水をろ過した水はRO水なので安い

ウォーターサーバーで天然水を飲みたいと考えている方で注意してほしいのが、RO水でもたまに原水が天然水という会社があります。実際RO水でもまずくはないのですが、原水が天然水でもRO膜という特殊なフィルターをとおしてしまうとそれはRO水なのです。

天然水と思って契約したけど実はそれRO水だった!っていうのだけは注意しましょう。

安い天然水はミネラルウォーターのどの分類かをチェックしよう

安いミネラルウォーターが良い。気持ちはわかります。でも、実は天然水には種類がありまして上記でもナチュラルミネラルウォーターを扱っているウォーターサーバーを紹介しました。詳しくは非加熱天然水 ナチュラルミネラルウォーターと普通の水の違いとはでミネラルウォーターの種類について書いておきましたが、要約すると、国で定められた殺菌方法があってその方法によって階級みたいな感じになっているのです。

ナチュラルミネラルウォーターは一番自然に近い形の天然水なので、安いものがはたしていいかは確認する必要があります。また、水代が安くてもサーバーレンタル代などがかかる場合もあるのでそこもチェックが必要です。

ウォーターサーバーの天然水は安全なのか?

結論からいうと、安全ですが、心配にしている人もいるみたいなので、口コミで囁かれる内容について触れてみます。

天然水に放射能汚染や汚れの心配はないのか?

これ、意外と心配している人が多いですが、結論ありません。

未だに放射能汚染を心配する人がいるのは不思議で仕方ありませんが、そういった不安を抱える人向けにほとんどのメーカーがきちんと毎月チェックを怠っていないです。放射能汚染なし。という結果をきちんとWEBの公開情報に載せています。まず心配はいりません。

天然水は自然の水なので汚れなどがないか不安になる気持ちはわかりますが、さきほどのナチュラルミネラルウォーターも沈殿などの方法で不純物を取り除いてから出荷されています。また、ボトルやパックの中に白い塊のようなものが浮いているケースが稀にあるようですが、これはミネラルが固まったもので不純物、汚れではないと言うケースもあります。

こういった細かい汚れがどうしても気になる方は、おそらくメーカーがどんなに頑張っても不安は払しょくされないでしょうから天然水ではなくRO水にしたほうが無難かもしれません。

メンテナンスってどうしてるの?

メンテナンスはウォーターサーバーの機種によってメーカーの説明書にやり方が書いていますが基本的に2週間に一度、外側のお掃除をするくらいかなと思います。

機種によってはウォーターサーバー内部をクリーニングする機能も備わっています。
フレシャス dewo、コスモウォーター、キララなどこのページで紹介したウォーターサーバーはほとんどがはクリーニング機能が備わっています。

外側のお掃除ですが、具体的にはウォーターサーバーは日々のお手入れが大事?掃除、メンテナンス方法を紹介という記事でもまとめていますが、アルコールスプレーで蛇口部分や受け皿、ボトルやお水のパックの差し込み口を消毒するくらいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加