チャイルドロック対策のレベルが高いウォーターサーバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーのチャイルドロックはどの機種にもほとんどついているモノです。レンタルではない簡易的なウォーターサーバーは付いていないモノもあるようですが、レンタルのウォーターサーバーは業界的につけないといけない方向で動いているようです。
これは、外部の機関からチャイルドロックのテストを行い解除ができるから改善してくださいという通達もあるようです。消費者の我々からすると安全性が見直され改善されていくことはとてもよいことですね。

しっかりしたチャイルドロック付きウォーターサーバー

改善が加えられてきたウォーターサーバーの中でしっかりと危険な可能性を考えて作られているウォーターサーバーには共通点があると感じます。
赤ちゃん、小さな子供が手の届きにくい箇所にチャイルドロックを設置していると言う事。間違ってチャイルドロックに触れたりしても解除しずらいと言う点。

ここが重要かなと。そういった観点からしっかりとしたチャイルドロック機能を搭載しているウォーターサーバーは以下だと思われます。

フレシャスウォーターサーバー

フレシャスは複数のウォーターサーバーを出しています。そのうち「dewo」「slat」という機種がチャイルドロックがしっかりしていておすすめ。

チャイルドロックボタンは上段で小さい。そして長押しなので間違って解除する可能性が低い作り。

コスモウォーター

コスモウォーターの新型ウォーターサーバーのチャイルドロックはアナログなのに革新的。チャイルドロックの使い勝手は1位2位を争うのではないかなと。
温水、冷水ともに完全にロック、簡易ロック、そして完全に解除の設定が可能です。

サントリーウォーターサーバー

2重のチャイルドロックでより安心感が高い。ボタンを長押しで解除が可能ですが、ウォーターサーバーの内側に全操作ロックというチャイルドロックがもうひとつあります。ロックをすると、冷水、温水等のすべてのボタンの操作ができなくなります。

イワタニアイコレクト

イワタニアイコレクトのウォーターサーバーもチャイルドロックボタンなどのボタンが上部についています。ボタンは他と同様に長押し解除。

ちょっと甘いチャイルドロックのウォーターサーバー

普通に熱湯部分のコックに手が届いてしまいますし、確率は低くとも、コックにぶら下がったり間違ってお湯がでてしまう気がする。(あくまでも管理人の感想です)

ハワイウォーターとアルピナウォーターのチャイルドロック

ハワイウォーターアルピナウォーターのウォーターサーバーは一番簡易的なものだと思います。大人だけの家庭やお湯がでて危険と認識できる年齢の人だけで利用するならこのくらいの装備がむしろ使いやすい気もしますが、赤ちゃん、小児はお湯と認識できないと思います。

大人がこのコックを触る行為を見て興味を示すこともあるでしょう。ツイッターなんかでたまに見かけるんですが、この位置にあるコックはイジクリやすい一なのかなと思うのです。

冷水にチャイルドロックは必要?

電子式のチャイルドロックは冷水も同時にロックがかかりますが、コックを手動で触るウォーターサーバーの場合冷水にチャイルドロックは基本的についていないモノが多いです。流しっぱなしになってしまったなどはあまり聞きませんし基本的には必要ないでしょう。

どんなに優れたチャイルドロックも信用しきってはいけない

ウォーターサーバーは人間が作った家電ですから、事故が絶対に起きないという保証はありません。メーカーに損害賠償とかしても例えばその事故で何かしら大きな怪我とかをしてしまったら取り返しは付かないですよね。

上記で説明してきたチャイルドロックは優れているモノでも何か不具合が起こる可能性があることは頭に入れておかなければいけません。基本的に小さいお子さんがいるご家庭では、ウォーターサーバー自体にお子さんが近づかないように努力することも必要かと思います。

電気ケトルやお湯が入ったポットなどわかりやすいものであれば、子供が触れて倒さない様になど注意すると思うのですが、ウォーターサーバーはチャイルドロックがあるから逆に安心してしまうのが危険かと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加