北海道にも宅配してくれるウォーターサーバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の宅配事情で沖縄ともう一つ敬遠されがちな北海道。比較してウォーターサーバーの場合沖縄よりも北海道の方が宅配業者は多いです(但し北海道でも宅配不可の地域はアリ)。

札幌、旭川など主要都市であれば北海道を宅配エリアとしているウォーターサーバーはだいたい宅配エリアと考えてよいでしょう。

北海道に宅配可能なおすすめウォーターサーバー比較

北海道は本州に比べ宅配業者の数は減ります。一部有料で宅配可能なウォーターサーバー業者から無料で運んでくれるところがありますが一からウォーターサーバー業者を探すのは大変だと思うのでおすすめの北海道へ宅配可能な業者を比較しておきます。

コスモウォーター

500ml換算
79円~
1回の注文単位
2本(24リットル)
電気代目安
494円~
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
3,800円~(水24L)
配送エリア:本州・四国・九州 ※沖縄・離島は対象外地域ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

人気のコスモウォーターがついに2017年7月1日から北海道エリアの宅配サービスを開始。お水の宅配料金が1本につき200円(税込216円)かかってしまうのが若干ネックですがサーバーのレンタル代は無料で高機能なウォーターサーバーが利用できます。

フレシャスウォーターサーバー

500ml換算
81円~
1回の注文単位
1箱(4パック)
電気代目安
330円~
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
4,668円(水28.8L)
配送エリア:すべての地域※沖縄及び離島一部地域を除く ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

こちらも全国で人気のウォーターサーバーです。札幌など配送可能なので、北海道の地方地域の場合は確認が必要ですが、フレシャスは日本の名水地にこだわって現在3種類の天然水を提供しています。中でも富士関連の天然水は他社と比較してもしっかりとしたナチュラルミネラルウォーターを提供しているので自然豊かな北海道っこも満足できる仕上がりになっているのではないでしょうか。ウォーターサーバー本体も業界TOPクラスのおしゃれさと性能を合わせ持つおすすめの会社です。

クリクラミオ

500ml換算
69円(税込 約74円)
1回の注文単位
3本(2本以下は500円配送代送料)
電気代目安
700円
サーバーレンタル料金
無料(初期費用7,000円)
毎月かかる料金目安
3,300円(水24L)
配送エリア:全国 ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

クリクラも全国展開をしている有名ウォーターサーバー会社の一社で北海道に多くの視点を抱えています。例えば「クリクラ北郷」「クリクラ愛国」「クリクラ芦別」などHP上に28支店を公開しています。

北海道だけでこれだけですのできちんと宅配してくれる安心感をバックグランドに感じます。クリクラミオはクリクラが出している天然水なのですが、格安で富士の天然水を飲めると言う点と、北海道に安心配送と言う点でおすすめしたい一社です。

アクアクララ ウォーターサーバー

500ml換算
54円(税込58円)
1回の注文単位
2本(24リットル)
電気代目安
700円
サーバーレンタル料金
1,000円~1,500円(安心サポート料金)
毎月かかる料金目安
3,592円(水24L)+サポート代金
配送エリア:全国 ボトルタイプ:回収ボトル(リターナブル方式)

アクアクララの特徴としてはフランチャイズ化していることもあり、北海道にもアクアクララレモン北海道支店などが存在します。一部配送できない地域はありますが、北海道全域をおさえている数少ないウォーターサーバーのブランドといえるでしょう。

お水は天然水ではありませんがRO水に独自のミネラルを配合したデザインウォーターの為、長年格安で飲まれ続けるウォーターサーバーメーカーの一社といえます。

RO水で格安ならアクアクララに注文が北海道の方にはおすすめかなと。

プレミアムウォーター

500ml換算
79円
1回の注文単位
2本(24リットル)
電気代目安
エコモード使用時 900円前後 エコモード不使用時 1,200円前後
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
3,800円(水24L)
配送エリア:全国※エリアにより配送可能な水が異なる ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

プレミアムウォーターは2種類の天然水を扱っていますが、北海道の方が契約した場合「富士」の天然水のみの注文になります。非加熱のナチュラルミネラルウォーターですので送料を払っても飲む価値のあるウォーターサーバーではあると思います。

北海道の天然水は恵まれているからウォーターサーバーはいらない?

北海道は自然豊かなので天然水などのお水が資源として豊富なイメージがありますが実は都道府県の水が豊かな位置づけとしてそこまで豊富な地域ではないようです。イメージと実態を比較するとなぜ天然水が豊富ではないのか。

※実際に本自体が天然水が湧く恵まれた国なので決して不毛地帯とかそういうわけではないです。

北海道の天然水、湧き水がとれるところもありますし、無料で湧水をくめるスポットもたくさん存在します。

イメージとしては北海道に住んでいるのだからウォーターサーバーなんていらない?となるかもしれませんが、実際日本のどの地域に住んでいてもウォーターサーバーは便利です。

はたして、住んでいる地域の近くに湧き水が湧いているから毎日その水を汲みに行くでしょうか。という話になってきます。例えば湧水とか山から水を引けるお家、井戸水(井戸水も色んな問題はありますが)を庭でくめるなど、そういった環境があればウォーターサーバーは必要ないのかもしれませんが、都道府県別で水に恵まれているからウォーターサーバーはいらないという発想は何か間違っていると思います。

北海道の方もウォーターサーバー導入すれば大半が便利な生活になると思うのです。

北海道は日本全国の中でも配送が大変な地域だと思います。ブランド力があるので北海道の水を市販で売っている会社は結構ありますが、なぜか、北海道で採水された天然水だからといって北海道に無料配送されないなど理不尽!ということもありますよね。
ウォーターサーバーで北海道の水を扱っているところも少ないですがありますが、北海道に配送しないところもあったりします。

まあ、北海道に住んでいるのですからあえて富士山とかの普段自分で取りに行くことが困難なお水を飲んだほうが価値がある気がするのでそれはそれで良いのかなと思うところもありますが。とにかくウォーターサーバーは利便性が大事かなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加