水道水のカルキ臭の除去はカルキ抜きで意外と簡単にできる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

水道水のきになるあの臭い。そうカルキ臭。これ意外と知られていないのですがカルキ臭さを取り除くカルキ抜きの方法が存在するのでそのやり方をまとめていきます。後半は水道水ってそもそもなぜカルキ臭すんの?といった疑問について解説しています。

水道水のカルキ抜き6つの方法!所要時間が短い順

水道水のカルキ抜きを家庭で行う場合に手っ取り早い方法を6つ。カルキ抜きの時間が短くて済む順で紹介していきます。

【0分】あたりまえだけど!浄水器を使う!

これは当たり前すぎますが、浄水器を使うのが一番手っ取り早いですね。
おすすめなのはレンタル式の水道水直結型ウォーターサーバーです。もちろん購入でもいいんですが、購入して水道の蛇口につけるタイプのモノよりもレンタルのウォーターサーバー型のほうが処理能力も高いので。

【1分】レモン汁のビタミンCの還元作用を利用し塩素を除去

レモン汁をいれるだけで塩素を除去することができます。酸化作用のある塩素に対し還元作用を利用するらしいっす。

レモン水ってお店とかで結構でてくるときありますよね。カウンターとかテーブルに置いてある透明な水のボトルの中にはスライスカットされたレモンをいれている店みかけますよね。
お店側は知ってか知らずか?塩素、カルキ抜きの為にやっているんでしょうね。

レモンの風味もいい感じになるのでこれは、飲み水として大いにありですね。

【10分】やかんをつかって沸騰させる

10分ほどやかんで沸騰させることでカルキ臭を抜くことが出来ます。

なぜ10分なのかといえば水道水は沸騰させると5分ほどでトリハロメタンという物質が増えるといわれているのですが、10分の沸騰でトリハロメタンを蒸発させることが可能であるということがわかっているからです。

引用:沸とうさせると、 トリハロメタンは気化して水中から除去することができます。このときに10分以上沸とうを続けてください。トリハロメタンは、沸とうして5分程すると一時的に水中濃度上昇しますが、さらに沸とうを続けると蒸発するため、除去することが可能です。5分程度で沸とうを止めてしまうと、逆にトリハロメタンが増加してしまうので注意が必要です。電気ポットでは、沸とう操作を数回繰り返すことで除去することができます。
出典:5.知っておくと便利な水道まめ知識(解説編)|三重県

【6時間以上】日光(紫外線)にあてる

日光、紫外線に半日以上あてておくことでカルキ抜きができます。バケツやペットボトルに水道水を入れて日光にあとは頼んだ!とする感じですが6時間かかります。。。

ただ、これどちらかというと後でも書きますが、人間の飲料水というよりは、金魚とかのペットのお水に使うための作戦かなーと思います。

しかも、飲み水の為に日光に6時間って現実的じゃないですよねw

一応カルキを抜くための方法として有名なので取り上げさせて頂きました。

【1日】活性炭(竹炭とか)に水道水のカルキをとってもらう

活性炭(竹炭とか)には非常に小さな目に見えない隙間があり、いろんなものをとりこんでくれる性質があります。
その性質を生かしてペットボトルなどの入れ物に水道水をいれ、その中に一緒に活性炭をいれ、1日ほど放置する事で塩素臭さを取り除くことが出来ます。

アマゾンとかで探してみましたが、以下、竹炭の商品がありました。

活性炭は部屋の空気を綺麗にしたい時とかにも活躍するんですごいやつですね。

【1~2日】ペットボトルに水道水を入れ冷蔵庫で冷やす

ペットボトルに水道水を入れた状態で1日~2日ほど放置。実は放置するだけでもカルキ臭さを抜くことは可能です。

めんどくさいから私はやりませんがw


個人的には水道水をわざわざカルキ抜きして、飲料水にしようとは思えないのですが、浄水器はもちろん使えるとして、上で紹介してきた中で現実的なのはレモン汁ですかね。竹炭も我慢強い方ならいいかもしれません。

めんどくさい!おいしいお水すぐ飲みたい!と言う方は当サイトの人気のウォーターサーバーがおすすめですw

カルキ臭を除去する方法を紹介してきましたが次は、そもそも論としてなんで水道水はカルキ臭いのか?という疑問について触れていきたいと思います。

そもそも水道水のカルキ臭とはなんなのか?飲み水意外にカルキを抜く必要があるケース

そもそも、水道水のカルキ臭さは水道局で管理されている法律が理由になっています。
安全性を高めるために、水道水は塩素消毒しなければいけないというルールがあります。

この塩素がいわゆるカルキ臭なのです。このカルキは体に害があるの?という疑問あると思うのですが、
各、都道府県の市区町村とかのホームページではカルキ安全ですか?という質問に対して、害はありません。と明確に答えているところばかりです。

やーでも心配っていう気持ちはわからないでもないんですけどね。まあ気にし過ぎるほどの害はないかなと思います。

塩素消毒の弊害として、消毒した時に化学反応で作られてしまうトリハロメタンという物質についても結構騒がれる事があるんですけども本当に危険なの?水道水のトリハロメタン 基準はウォーターサーバー よりも安全?という記事でまとめているとおり、水道局の基準値というのはめちゃめちゃ安全で優秀なのでホント日本って勤勉ですばらしーなーって思いますね。

話がそれた。。。

カルキ臭の正体は塩素でした。

メダカや金魚や熱帯魚などはカルキ抜きしないと害がある

水道水の微量のカルキでは人間に害はないとわかったわけですが、意外や意外、メダカや金魚や熱帯魚などのペットを水槽とかで飼う場合は注意が必要です。
まあ既に飼っている方はしっとるわ!って話かもですが、カルキ抜きしていない水道水で金魚とかを飼うと最悪の場合死亡するともいわれています。

水道水をカルキ抜きしないでも全然大丈夫だったとか、動きが鈍くなったとか色々な意見はありますけど、各お魚さん達に合わせたカルキ抜きの商品は沢山出ているので以下みたいなのを購入するのがいいのかなと思います。

以上、カルキ臭についてでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加