レンタル無料のおすすめウォーターサーバー3台ピックアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの宅配サービスの収益モデルは「ウォーターサーバー本体を有料レンタルする」もしくは「無料にし宅配水代だけでお金をお客さんからもらう」この2つしかありません。

お水代だけで無料レンタルできるという話は本当なのですが、一定のノルマがありますのでそこは注意しなければいけません。ここでは、ウォーターサーバーを無料レンタルでおすすめの業者と業者が提示している無料で借りられる条件をわかりやすくまとめていきます。

無料といっても月額の固定費がかかったり1年に一度メンテナンス費用を固定費としてとるウォーターサーバー会社さんもいます。これは個人的にちょっと違う気がするのでここでは省いています。

ウォーターサーバーのレンタル代金が無料のおすすめ3台

意外と多い様に見えて私がウォーターサーバーのレンタルが無料で回りくどくないサービスはこちらの会社かなと考えています。
別に他も悪くは無いのですが。但しエコサーバーなどで有料になる場合もあるのでそのあたりも含め解説していきます。

サントリー南アルプスの天然水 ウォーターサーバー

500ml換算
80円
1回の注文単位
毎月3箱
電気代目安
700円
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
3,726円(水23.4L)
配送エリア:全国※一部地域を除くボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

天然水7.8Lボックスの宅配は3箱、6箱、9箱の好きな単位から選ぶことが出来ます。
ノルマとしては、直近2カ月の間に注文が1回もない場合は月額1,000円の支払いが必要になってきます。つまり一番少ない単位の3箱×7.8L=23.4Lを2ヶ月まったく頼まなかったらなので、実質2ヶ月で23.4L以下を下回らなければウォーターサーバーを無料でレンタルできるので、負担が少ないウォーターサーバーの1社と言えます。

フレシャスウォーターサーバー

500ml換算
81円~
1回の注文単位
1箱(4パック)
電気代目安
330円~
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
4,668円(水28.8L)
配送エリア:すべての地域※沖縄及び離島一部地域を除く ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

いくつかサーバーの種類がある中「SIPHON(サイフォン) 」「SIPHON slim (サイフォン・スリム)」が無料でレンタルできます。
他も条件付きで無料になることがありますが、基本料金が無料はこの2台です。

1箱(7.2リットルパック×4)、つまり28.8リットルのお水を2カ月連続で休止した場合は、1,000円の手数料が発生します。1ヶ月目は手数料は発生しません。

実質計算でいえば、2月で28.8リットル以下でなければウォーターサーバーの本体は無料レンタルできるという計算です。
負担はすくないといえるでしょう。

コスモウォーター

評判・口コミ評価 総数(3)
(3.6 /5)

500ml換算
79円~
1回の注文単位
2本(24リットル)
電気代目安
494円~
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
3,800円~(水24L)
配送エリア:本州・四国・九州 ※北海道・沖縄・離島は対象外地域ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

人気の機種「らく楽スタイルウォーターサーバー smart」「スタイルセレクト(お掃除ロボット付き)」共に無料レンタル可能です。
コスモウォーターは3種類の天然水とRO水1種類ありますが、天然水の場合2ヶ月連続しての注文の停止の場合、RO水の場合は1ヶ月の注文停止で1ヶ月864円の休止手数料がかかります。
コスモウォーターも飲む量としては負担が無く飲める量ではないかと。

手数料が発生するという言いまわしなので厳密にいうとノルマではないのかもしれませんが、ウォーターサーバー会社さんみんなノルマという言い方をしないのが、かわいらしいですな。
みんながノルマっていっていないから、ノルマっていうと響きが悪くなってしまいますからね。

ただ考えてほしいのは、ウォーターサーバー本体を有料にする会社に毎月支払う料金が例えば月800円とかであれば、どう考えても上記の条件の方がお得なわけです。
あくまでも、2ヶ月で一切頼まなかったらといった条件な訳です。基本的に無料でレンタルしていてたまに飲めなくなって1ヶ月休止という場合はみんな無理にお金を取っていませんし普通にお水を飲むのであれば余計なお金はかからない設定になっていると言う事です。

生活スタイルにもよりますが、一人暮らしで飲みきるのが大変と言う場合もここをきちんと理解しておけば、休止で1,000円手数料を取られたとしても有料のレンタル会社よりも実質お得な料金体系であると気が付くと思います。

解約手数料やメンテナンス料金が無料ではないのはウォーターサーバーの常識?

もう一つ。無料レンタルのウォーターサーバーというとほとんど無料で借りることができるのか。という印象を感じますが、解約手数料、メンテナンス料金を取る会社も結構あります。上記で紹介した会社は冒頭でもいいましたがメンテナンス費用は無料でやっている会社さんです。

しかし、解約手数料は条件によってとられるのは当然です。やはりビジネスでやっていますから利益を出さないとサービスは継続できません。
ウォーターサーバーを無料でレンタルすると言うことは、当然企業が負担をしている可能性が高いのです。その分、2年間などの縛りがある訳です。
どの業者も2年以内の解約は解約手数料をとると考えておいたほうが良いでしょう。実際は2年以上使う人がほとんどという事実もありますが解約手数料を上記の3社比較しておきます。

解約手数料がかかるケース
  • サントリー
    設置月から1年、契約期間の最終月(更新月)解約申請が必要。(契約が1年間自動更新)
    更新月以外に契約期間内に解約の場合は、中途解約手数料として7,000円。1回更新後「更新月」以外の契約期間内の解約3,000円、2回以上更新後は解約手数料の支払いのいつでも必要なし。
  • フレシャス
    9.720円(2年未満の解約)
  • コスモウォーター
    2年以内の解約の場合「スタイルセレクト(お掃除ロボット付き)」14,000円「らく楽スタイルウォーターサーバー smart」:9,000円
    かかります。その他のウォーターサーバーは1年以内の解約で9,000円が発生。

基本的には2年以上使えばOKという話なのでほとんどの人が気にする必要はないかもしれませんが、一つの目安としてこの3社の解約手数料を知っておくと他と比較がしやすくて良いかと思います。

ウォーターサーバー無料レンタルは受動的な人には詐欺的な商法にもなってしまう

これまで案内してきたのは今ウォーターサーバーを無料でレンタルしたいと比較検討している能動的な人(自分自らが情報を検索エンジンなどで探している人)に対して役立つ情報かなと考えて書いています。

ウォーターサーバーの王様とか名乗ってるサイトなのでかなりマニアックな情報も調べているので嫌な情報を目にすることがあります。

それはウォーターサーバーの無料詐欺と言う言葉です。これは、主にインターネットではなく大型店舗などで行われている抽選くじなどの話で、要は景品としてウォーターサーバーを2位とか3位とかに入れているケースが未だにあるようなのです。これで知らずにウォーターサーバーを契約してしまい、後からお水の代金が発生すると知ってトラブルになるケースが年に何件かあるようなのです。

なんでこんなことを書いているかと言うと、これでウォーターサーバーが悪もの扱いされる事がたまにあるのですよ。
当然、文句をいう方は1ミリも悪くないです。だって完全に無料で使えると思うじゃないですか。景品とかでもらったら。完全に売る側のミスリードで起こる問題かなと。
しかも契約する方は受動的で、その時ウォーターサーバーを契約しようなんて考えていない人ばかりだと思います。

限られた時間で、上記で説明してきた各社微妙に違う料金を説明するのは不可能ですし、手前みそですがウォーターサーバーはネットで比較するのが一番かなあと思うので最後に書いておきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加