使い捨てのボトル式ワンウェイウォーター サーバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーを選ぶうえで意外と重要になってくるのがボトルのタイプ。このページで紹介するのはワンウェイ式と呼ばれる使い捨てタイプのボトルの話です。
ワンウェイというのは一方通行という意味合いを含んでいて宅配業者さんがボトルをお家に届ける。お水を使い切ったらその場で捨てられる。つまり返却しないからワンウェイ式と呼ばれています。
その反対に回収ボトルのリターナブル方式ウォーターサーバーとそのメリットで書いている通り回収するタイプのボトル方式をリターナブル方式と呼びます。

ボトルが違うだけで何かが違う?単純ですけど意外と変わることがあります。
まずはワンウェイ式のメリットを書いていきます。

ワンウェイ式ウォーターサーバーのメリット

ワンウェイ式のウォーターサーバーのメリットとは?

ワンウェイ式のウォーターサーバーはボトル交換が楽!?

ワンウェイ式のボトルはいろんなサイズがありますが、重たくて12L。軽くて7L台のもの迄様々です。
ウォーターサーバーのボトルの重さ問題は5年10年前までは問題視されていなかったのですがウォーターサーバーが普及されるにつれ苦情や不満が可視化されてきました。重たくてもまあ頑張れば設置はできるのでメーカーも改善するところが少なかったのでしょう。しかし、今は重たいボトルを設置するのが辛いという声が増えてきたのか女性に優しい設計のウォーターサーバーはコイツラだ!でも紹介したとおり設置が楽な物が増えてきています。

ワンウェイ式のウォーターサーバーはこういった設置しやすい配慮を考えているモノが多い印象です。

ワンウェイ式はウォーターサーバーの歴史を辿ると後発と言うか、問題点を改善する過程で生まれたボトルなので過去に不便だった点が改修されてよくなっているのは当たり前なのかもしれません。

ボトルの量を軽くすることで女性でも無理なく設置できるのがまず一つ目のメリットかなと思うのですが、軽くすることでもう一つメリットが生まれます。

軽量化する事で新鮮な水を保つことができる

軽量化、軽くすることで生まれるもう一つのメリットは、水の鮮度でしょう。ウォーターサーバーのお水はパックなりボトルなりに詰められた空気に触れない状態であれば賞味期限は約6ヶ月(メーカーにより異なる)持ちます。

あまり語られてはいませんが、ウォーターサーバーに設置した後はできるなら、なるべく早く飲みきる方が安全性は高いと言えます。実際食中毒とかそういうことはまずないと思われますが、早めに飲みきったほうが安全。

軽量化する事であたりまえなのですが、早く飲みきることが可能です。

実際はどの程度傷むのかなどは完璧に実験する事は難しいのでわからないのが本音なんですが早く飲みきってしまう事にこしたことはないという程度の話なのですが、余計な心配をしなくてよいというのはメリットかと思います。但し、水の量が少ないから、すぐに水が切れてしまい面倒と考える人もいます。なので、ここは水をどのくらい消費するかにもよってメリット、デメリットが受け手によって変わってくるということも補足しておきます。

ペットボトルに比べゴミ捨てが楽

ワンウェイ式のボトルは当然、ゴミが全く出ないというわけではありません。容量としては12L、8L程度のものなのでペットボトルと比べるとゴミが出る頻度が少ないので非常に楽。これもメリットかなと。

ボトルの固さが各メーカー違うのですが、柔らかく作っているボトルの方が個人的には楽かなと思います。

お水を飲むごとにボトルが潰れていくタイプが捨てるのが楽です。

上の写真はプレミアムウォーターのボトルカバーを外して撮影したのもです。こんな感じで水を飲むたびに勝手にボトルが潰れていくのはボトルがやわらかめに作られているのでゴミ捨ての時に比較的コンパクトに潰せるかなと。

ウォーターサーバーのペットボトルの捨て方

ウォーターサーバーのペットボトルのゴミの捨て方ってどうなっているの?という疑問が結構あるみたいです。
ボトルの捨て方は特に特殊なことは一切なく、各自治体の捨て方にそって捨てるだけです。

上で紹介したプレミアムウォーターでごみの分別をしてみます。

  • ポリエチレン(プラスチック)
  • ペット樹脂
  • テープ

の3種類のゴミに分類できます。自治体によって変わってきますが、
キャップ部分の「プラスチック」は可燃ごみ「テープ」は不燃ごみ、ペット樹脂は、マンションのゴミ捨て場などに用意されている回収のカゴに捨てる。

感じです。

大体ほとんどの自治体が同じかな?と思いますが各自治体にそって簡単に捨てられます。

他のワンウェイ式のウォーターサーバーもほぼ同様です。上の写真の「テープ」が付いているウォーターサーバーとそうでないものがありますが、キャップとボトルはほとんどが上記写真の様に分別できる様になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加