白湯健康法の効果を看護師が回答&ウォーターサーバーで作る白湯の話

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康志向、健康に意識が高い方達やダイエットなどで一時期注目を浴びていた「白湯(さゆ)」。

ダイエットに関しては医学的なエビデンスはたぶんないと思うんですがなんで白湯が良いとされているんでしょうか。

気になって仕方ないのでがんばってみました。

まず、根拠がなくても可能性として白湯の健康法は良いものであればいいのかなとおもったので、巷で言われている白湯を飲んで効果があった!どんな効果があったのかをまとめて、それってなんでだと思いますか?形式で医療機関従事者の方に白湯についてきいてみました。

巷で言われている白湯の健康法による効果は本当?それとも効果なし?

巷で言われている白湯の効果は本当なのか?科学的な関連性はあるのかなどを知りたかったので医療機関の方に聞いてみました。

回答をしてくれたのは現役看護師ICU勤務26歳の男性です。

ダイエットに最適?

Q1:白湯ダイエットなんて言葉も未だに健在ですが実際、効果があると思いますか?

白湯を意識的に飲むことで、まず水分摂取量が増えるということと、内臓(胃腸)が暖められること、この2点が効果が期待され結局のところダイエットに寄与するのではと思います。
水分摂取量が増えるということは血管内の血液量が増えるので、手や足先などの末梢に滞っている老廃物が尿として排出されることが期待されます。
また白湯自体暖かいため胃腸が暖められ、胃腸の血流の改善から腸ぜん動の亢進により便秘の解消が期待されるのではと考えます。

デトックス効果(美肌効果等)

Q2:デトックス効果(美肌効果等)がある?そもそもデトックスって言葉自体が曖昧な言葉だと思うんですけど、デトックス効果はあると思いますか?

デトックスとはそもそもdetoxifcationの略称であり、体内の余分な毒素や老廃物を排出する意味としてダイエットの界で使用されています。
白湯を意識的に飲むことで、血液の循環がよくなり老廃物や、毒素が排出されやすいと考えられます。

基礎代謝があがった

Q3:基礎代謝が上がるなんてことがあり得るのでしょうか?

基礎代謝とは、何もしなくても体の中で活動しているエネルギー量のことであり、それは年齢とともに基礎代謝量は減少していく傾向にあります。
白湯を飲むことで一時的に体の中から温められます。よって基礎代謝があがりダイエットに効果的かもしれません。
しかし、ぬるま湯にゆっくりと浸かってようやく体の芯から温まるのに白湯を飲むだけで基礎代謝が上がり、やせやすい体作りとなるかと言うと私は信じがたいです。

胃腸の機能回復・快便、腸内環境が整った気がする

Q4:胃腸の機能回復・快便、腸内環境が整った気がする。これはなんとなくあり得そうな気がしますがどうおもいますか?

胃腸の機能改善には効果的であると思います。白湯によって暖められた胃腸はそれを栄養している血液の循環を良くさせるため、結果的に胃腸の機能改善や、腸ぜん動が良くなり便秘にも良いと考えられます。

冷え症が改善した

Q5:冷え症だった人が白湯を飲むことを習慣化したことにより症状が改善したという声があります。どうでしょうか。

一時的に体の中から暖められるため冷え性がよくなったと感じる方もいらっしゃると思います。
しかし問題は白湯の一日の摂取量だと思っています。寝る前に飲むだけだと足りないです。
意識的に一日1500cc~2000ccの水分を摂取することで末梢の循環がよくなり冷え性が改善するのではないかと考えます。

花粉症が改善した

Q6:花粉に悩まされていた人が白湯を飲むことを習慣化したことにより改善したという声はどうでしょうか。

おそらく白湯を飲むことで体温を上げて免疫を上げて。。。などから改善したという人もいらっしゃるかと思います。
しかし、現実はなかなか厳しいのではと思ってしまいます。その理由は花粉症はアレルギー反応なので免疫とはまた違う話だからです。
アレルギーを抑えるのは、抗生剤、抗菌薬ではなく抗アレルギー薬です。したがって私はあまり白湯が花粉症の改善に寄与するとは考えにくいです。

赤ちゃんや子供にも与えていいもの?

Q7:大人ではなくて赤ちゃんに白湯はいいものなのでしょうか?また、いつから生後3ヶ月くらいからの白湯という話も聞くのですがタイミング的にいつからが良いとかはありますか?赤ちゃんが風邪の時は母乳意外に白湯を与えてもよいのかなども教えてもらえると嬉しいです。

赤ちゃんに白湯は大丈夫です。3ヶ月とは言わず新生児から与えても良いでしょう。
戦時中は「おもゆ」と言って、米粒を綿で包みお湯をかけたものをミルク代わりで与えていましたからね。しかしこのご時世、赤ちゃんへはミルクをあげませんか。
また風邪を引いてしまったら赤ちゃんは、ウィルスと戦おうをとするので体温が上がります。発熱により発汗するので脱水の補正に意識的に白湯を上げるのはよいと思います。

白湯を飲んで体調不良が好転反応?

Q8:白湯を飲んで体調不良が好転反応だという記事を見かけました。お腹を壊したりしても続けるのをどう思われますか?

とにかく白湯を飲めばよいと言うわけではないと思います。白湯はあくまでお水です。1500cc~2000cc/dayを目安に飲むことは
循環を良くするという点でよいと思います。しかしお腹を壊してまでというのは飲みすぎなのではと考えてしまいますね。
なんでも適量が一番かと思います。

とこんな感じで回答をもらえました。ありがとうございました。まあ巷で出ている通り白湯を飲むこと自体は全然悪い事ではない!ですが、花粉症だとかはちょっと行き過ぎた効果の様ですので期待はしないほうが良さそう。あとやはり好転反応とかは私も思っていた通りの回答をもらえてよかった。お腹壊しても同じ量を続けるとかはちょっとあり得ないと思うので辞めるなり量を減らすなりがよいにきまってますね。

と疑問が解決したところで次は白湯の作り方について触れていきたいと思います。

ウォーターサーバーでよくない?アーユルヴェーダ式白湯の作り方なんて守る必要なくない?

上の見解はさておき、まあ白湯ってお湯ですから飲んで体に悪い影響を及ぼすわけではないですよね。実際個人的に思うのは、上の効果って、白湯を飲むようになった為余計な飲食を控えるようになったとかそういうのが一番大きな要因でダイエットにうまく言ったとかが大きいと思うのです。実際、ウォーターサーバーを導入したら水をよく飲むようになってジュースを飲む量が圧倒的に減ったといった声もありましてまあ健康的だなと。

だから巷で言われている白湯の大袈裟な効果が根拠が無くても白湯を飲む習慣というのは悪くないことなのかなと。

なので一応作り方とかにも触れておきたいと思います。

アーユルヴェーダ式白湯の作り方ぶっちゃけ面倒だけどコレが本当の作り方らしい

そもそもアーユルヴェーダってなんだっけ?ってところから入るとインドの伝承医学がアーユルヴェーダ。

アーユルヴェーダは最古の伝承医学でして、日本の医療とはまったく別物です。一概に邪険にしてはいけないものでもありますが、医療といっても現代医療と比較するとあまり大きな声ではあれですが一部トンデモなところはあると思われます。

根本的な考えが自然治癒力を引き出す的な発想からきていてます。アーユルヴェーダのエステとかは普通に気持ち良すぎたりしますし全てが正しいのかはわかりませんが白湯に関して言うと作り方が日本人の私から見るとちょい面倒です。

白湯の作り方
  1. やかんに水を入れて沸騰させる(これはわかるし正しいかなと)
  2. 沸騰し始めたら蓋をとり10分以上そのまま放置
  3. コップ等にうつし自然に50℃くらいになるまで冷ます(ここ水入れて冷ませばよくない?)
  4. あまったお湯はポットなどで保温(なんか都合よくない?w)

この手順で、水を入れて冷ましたりするとアーユルヴェーダさん的にはバランスが崩れるのだとか。。
ヴェーダ的にいうと人は「風」「火」「水」の体質をもっていてそれらをバランスよく取り入れることでバランスが整う的な?感じなんですが、白湯はアーユルヴェーダ的に「風」「火」「水」の性質をもっていてよいとされているのだそう。でも水で冷ますとそのバランスが崩れるのだとか。

うーん。。これは完全にスピリチュアルな世界じゃないっすかね。私はこういうの聞くとこういった健康法そのものを否定したくなってしまうタイプです。でもまあ白湯は別に悪いものではないともう一度擁護しておきます。

ウォーターサーバーでもいいと思うの白湯

まあこのサイトはウォーターサーバーのサイトですので、ポジショントークになってしまうのですが、白湯はウォーターサーバーのお湯でよいでしょと。だってアーユルヴェーダさんのやり方だと、毎朝30分くらい時間かけて白湯作ることになりますから。

ウォーターサーバーであればコック捻ってお湯が出て、私はですけど、水でお湯薄めちゃいます。

ちょっと話が脱線しますが、水を入れてからお湯で薄めてもよいよね。そのほうが熱くないし。っていう話を目上の方としていたのですが、それはアカンで!と言われました。

なぜかというと、日本の習慣で亡くなった方の湯灌(ゆかん)という要は体を拭いて綺麗にする作業があって、その際に「水にお湯を足してぬるま湯を作る」作業があるのですが、その温度調整の仕方を「逆さ水」というそうです。仏壇に供えるのも白湯でそういった作り方をする?らしいのですが、この作り方を普段の生活で行うのは縁起が悪いとされているそうなのです。

めんどくせー。

やーこういう慣習ってなんとかならんのですかね。正直こういう習慣を作るから脳みそにちょっと怖いとかイメージが焼きついちゃってなんとなくやらないほうがいいのかなと思っちゃう節もあるのでやめてほしいなーと個人的には思っていますし、まあそんなの知らないよと私は逆さ水やってやりますけどね。なんか逆に反抗したくなる。

水道水を沸騰させて作る白湯は駄目なのか?

さきほどの本当の白湯の作り方の場合、各所の情報を見てみると水道水はNGといった情報をみかけました。理由は成分がどうたらという内容でしたが個人的には水道水でもOKなんじゃないかなと思ってます。(そんなに変わらない)

水道水の場合水道水のカルキ臭の除去はカルキ抜きで意外と簡単にできる!?という記事で書いているのですが10分の沸騰はしておいたほうがよいです。

これたまたまアーユルヴェーダ式の白湯でも10分って言っていたんですが、水道水は5分程度の沸騰だとトリハロメタンという成分が増えてしまうのですが、10分以上沸騰させることでトリハロメタンを除去できます。まあ本当に人体に影響のない程の微量な量なので気にする必要もないと思うんですけどね。あと、カルキ臭も除去できるので時間をかけてお水代にお金をかけたくない人は水道水でよいのかなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加