ウォーターサーバーのRO水(純水、ピュアウォーター)とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

RO水とは、RO膜(Reverse Osmosis Membrane)=逆浸透膜という膜を通したお水の事です。逆浸透膜とは水をきれいにする膜の一つで海水を純水にする時に使われる膜でもあります。あのNASAでも利用されていた技術だとか。

この膜の特徴は、水以外の不純物を99.999%取り除くと言う点。ウォーターサーバー会社もRO膜を通した水のことを不純物を取り除いた安全な水として売り出しています。

RO水は、純水、ピュアウォーターと同義の意味で呼ばれています。

ウォーターサーバーのRO水の原水はどこでもいっしょ?

ウォーターサーバー会社の売り文句として、当社の水は○○の天然水が原水、採水地で利用しています。という文言があります。RO水を販売するメーカーは水道水原水としているところもあります。これ差があるのでしょうか?

気分的には天然水のほうがよいと私は思いますが、実はどちらでもほぼ変わらない水が出来ます。

RO水は不純物を99.999%取り除くので、ウォーターサーバーなどでいう天然水との違いはミネラルなどが一切含まれていないのです。つまり原水に天然水を利用したとしても結局のところピュアな水として天然水のミネラルは一切取り除かれた状態になるのです。
ミネラルよりも小さな物質、ダイオキシン、花粉、ヒ素、細菌、ウイルスまで取り除いてしまうのです。

一部のメーカーは一度純水となったRO水に人口的なミネラルを配合し水をデザインしている会社もあります。取り組みとして面白い会社を一例として挙げるとエフィールウォーターは採水地を知床の近く海藻深層水を利用してそれを売りにしていますが一度ピュアウォーターとなった水に海藻深層水から採取したミネラルを人口的に添加しています。

そのままのRO水として硬度1.0で販売しているところもありますが、こういった天下の仕方によって価値はわかれるのかなと思います。

ro水は天然水と比較しておいしい?安全性は?

一度不純物をほぼ完全に取り除いているので安全性は非常に高い水といえるでしょう。
しかし、水の味に関しては天然水と比較するとおいしいとは言えないかと思います。
味に関しては好みの問題でもありますが、天然水の独特のまろやかさは感じられない水といえるでしょう。

その代わり、価格が安いのがRO水です。スーパーでも安全性の高い水として、天然水よりも価格が安い水として売られていますが、RO水をウォーターサーバーで飲むメリットとしてはやはり温水、冷水ですぐに飲めることでしょう。

言い方悪いですが、ウォーターサーバーの適温で飲むとおいしいと私は思います。

先ほど紹介しましたが、RO水に人口的なミネラルを独自ブレンドした会社もたくさんありますので個人的にはそのあたりを選ぶと良いかなと思います。もしRO水ウォーターサーバーをお求めであれば。

RO水を扱っている会社をRO水(純水)ウォーターサーバー比較で紹介していますので興味がある方はどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加