ウォーターサーバーを備蓄水として活用する!おすすめ4台もご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほんとうに定期的に災害がやってきますね。大型台風、地震・・・もう、災害の備えをしないことは非常識?な時代なのかもしれません。

そんな災害時の水の備蓄水どうしていますか?意外と面倒ですよね。

今、ウォーターサーバーの宅配水が備蓄水として注目されているのは手間無く新鮮な水を備蓄する事が出来るからだと私は考えています。

関連記事:生活用水の備蓄や災害の備えの意識調査 ウォーターサーバーや防災グッズについて聞いた – 先日備蓄水についてのアンケートを実施しました。

災害用の備蓄水としておすすめウォーターサーバー

災害時におすすめの宅配水です。ウォーターサーバーはメーカーによってボトルの形式が違うのと停電時に動かないなどもあります。完全に避難所で生活するとか、そういうケースもあるでしょうからそのあたりも加味して非常時におすすめなウォーターサーバーを考えてみました。

アクアクララ(12L)

採水地 地下水など(RO水)
料金 レギュラー:1,200円/12L
スリム:900円/7L
500mlあたり 54円
賞味期限(未開封) 製造後6ヵ月
賞味期限(開封後) 2週間以内

ボトルは固いハードタイプ。12リットルと7リットルがあります。RO水なので値段も格安です。

アクアクララのボトルには取っ手がついているので、ちょっと重たいですが非常時にコップへ水を注ぎやすいのも一つの特徴かなと。

給水ポンプがめっちゃオススメ!

アクアクララのようなタイプのボトルを提供しているウォーターサーバーであれば、ボトルに差し込んでポンプが水を給水してくれるやつを買うのが非常におすすめ!

↓クリックで、アマゾンの商品ページにジャンプします

コスモウォーター(12L)

採水地 静岡・京都・大分などの天然水
料金 天然水:1,900円/12L
500mlあたり 79円
賞味期限(未開封) 製造後6ヵ月
賞味期限(開封後) なるべく早く

コスモウォーターのボトルは、ペットボトルで飲みきった後に潰せるタイプのボトルです。ウォーターサーバー本体の特徴はここでは省きますが性能も高いですし、天然水で普段もおいしく飲めるので総合的にはコスモウォーターを一押ししているので、備蓄水としてウォーターサーバーが欲しいと言う方にもコスモウォーターはおすすめです。

市販のウォーターバルブを使うと便利

下の画像だけだとちょっとわかりずらいですが、ウォーターボトルを下の市販で売られている台に乗せ、バルブをとりつけられるグッツを別途購入すると災害時の備蓄水として快適に使えます。

↓アマゾンの商品ページにリンクしています

フレシャス(7.2L)

採水地 山梨県富士吉田市
料金 1080円(7.2L)
500mlあたり 75円
賞味期限(開封前) 製造後6ヵ月
賞味期限(開封後) 2週間を目安

フレシャスはお水が1箱に(4パック)入っています。ウォーターパックなので備蓄水として使う場合は一度開封した時に穴を止めておく器具などが必要で工夫は必要ですが、7.2Lを小分けに飲めるのは大きいと思います。

ウォーターパックなので管理がちょっと考えなければいけないところだけがネックなのですがそれ以外は使い終わった後もゴミにならないと言う点は災害時にメリットもなると思います。

サントリー南アルプスの天然水のウォーターサーバー(7.8L)

採水地 南アルプス山梨県北杜市白州町の地下水
料金 1,150円(7.8L)
500mlあたり 74円
賞味期限(開封前) 製造月より12ヶ月
賞味期限(開封後) 記載なし

サントリーのウォーターサーバーの水が備蓄水として優れているのは、まず段ボールに包まれた、この仕様でしょう。段ボールである程度の光からの痛みを防いでくれますし、非常用のコックも無料配布しているのはまさに考えられた作りです。

非常用のコック

コックを取り付けるだけで簡易ウォーターサーバーの出来上がりですので、水をついうっかりこぼしてしまったと言うモッタイナイも防げると思います。

↓の写真「左」が非常用コックをとりつけた写真。右が通常のウォーターサーバーに取り付けた写真です。

開封後の賞味期限は1~2週間くらい?

上記でもウォーターサーバーの賞味期限は書いておきましたが、どのメーカーもお水は賞味期限が開封前で約半年。開封後はサーバーに設置してから1~2週間くらいに飲みきることが推奨されています。

※以前24時間以内に飲むのが適切・・・と記載していましたが、口を直接つけたりすると菌などがボトル内に入ってしまい空気にふれて増殖することもあるためです。途中で紹介したアダプターなどを使いコップに注いで飲めば災害時でもそこまで気にせず1週間くらいは問題ないでしょう。

市販のミネラルウォーターを災害用に備蓄するのは駄目なのか?

よく比較されるのが市販の500mlや2Lタイプのミネラルウォーターを災害用に備蓄水として保管しておくのは駄目なのか?という話。結論から言うと駄目ではないですよね。

ただ、保管するのが大変というだけです。

大量のミネラルウォーターをペットボトルで購入し光の当たらない家のどこかに保存して1年くらいたったものを飲んだことありますか?

推奨されている賞味期限では全然問題のないはずの期間ですが、やはり保存状態によってはなんとも口当たりが気持ちの悪い味がすると私は思います。

ネットなどでもそういった声は結構効きますので、ミネラルウォーターも備蓄水として溜めこむのであれば、ローテーションして新しいものが来たらそれを保管用にし、古い今まで保管していたものを飲む。という習慣を作らないといけないのかなと。

やり方はそれぞれの自由だと思いますが、こういったサイクルでの保管が安全な水を備蓄できるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの水が備蓄水として優れているといわれているのは、この新しい水が常に備蓄されると言うサイクルだと私は考えています。私はというかみんなそう思ってると思いますけど、ウォーターサーバーの場合宅配水を例えば上記で紹介したフレシャスの場合で毎月2箱宅配してもらうとします。

そうするだけで、7.2L×8パック=57.6Lもの新鮮なお水が備蓄できるサイクルができるというわけです。あまり意識せず負担なく保管できるという点が最大のメリットいえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加