非加熱天然水 ナチュラルミネラルウォーターと普通の水の違いとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの宅配水の種類は大きく分類するとRO水と天然水の2種類あります。

その天然水にも種類があるのですが、ここではナチュラルミネラルウォーターはどういった天然水なのか?という話を解説しています。

目次

ナチュラルミネラルウォーターとは?いったい何者?

天然水の中にも定められた種類が合って品質があるのですが「ナチュラルミネラルウォーター」は品質が高いといえます。例えば、日本酒の「久保田」とかも、百寿、千寿、紅寿、碧寿、萬寿、翠寿といった番付がありますよね。同じ日本酒でも番付によって値段も違いますし、やはり味もわかるほどに違いが出てきます。

「ナチュラルミネラルウォーター」もそれと似ているのかなと。例えがあれかも。。。

まず、ミネラルウォーターという名前での販売を許されるのには農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」という定義づけされたガイドラインにそった天然水でなければいけません。

ウォーターサーバーの水の中には、RO水という天然水でない水も存在します。そのRO水に人口のミネラルを添加して自然のミネラルウォーターによせた水も存在します。ミネラルが入っている水だから「ミネラルウォーター」と言いたくなる気持ちもあるのですが、ガイドラインに従うとこれをミネラルウォーターと名乗り販売する事はできません。

ガイドラインに従った形で分類するとミネラルウォーター類は4つに分類する事が出来ます。

雑菌処理と採水される基準により異なる4つの分類

ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターの差が難しいですが、表で説明すると以下の順番がわかりやすいと思います。
ナチュラルウォーターと定義付けされた天然水がまずあって、その中の一部の水がナチュラルミネラルウォーターであるといえばよいでしょうか。

ナチュラルウォーター 特定の水源から採水された地下水。濾過、沈殿、加熱殺菌以外の処理をおこなっていないもの。
ナチュラルミネラルウォーター 特定の水源から採水された地下水全体がナチュラルウォーターであり、そのなかでも地中で溶解した地下水がナチュラルミネラルウォーター。処理の仕方はナチュラルウォーターと同様です。
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターと同様の原水を利用はしているが加工方法が異なる。加熱処理、オゾン殺菌、紫外線殺菌などの処理が行われ、ミネラル分の調整等が行われたもの
ボトルドウォーター 上記と同様に地下水を利用されることもある。処理方法にこれというものはなく、著しく成分を変化させたもの。RO水等もここに分類される。

非加熱天然水・ナチュラルミネラルウォーターとは殺菌処理に濾過、沈殿、加熱殺菌以外の処理を行っていない水であり、地中で溶解(ようかい)した地下水のこと。

溶解とは、「とける」「とかす」といった意味合いがありまして、要は富士山とか自然の地中にあるミネラルがお水に溶け込んでいる水がナチュラルミネラルウォーターっていうことです。

非加熱のナチュラルミネラルウォーターを販売しているおすすめのウォーターサーバー比較

ウォーターサーバー会社で非加熱のナチュラルミネラルウォーターを販売しているおすすめの会社を紹介します。

コスモウォーター スマートプラス

コスモウォータースマートプラス

500ml換算
79円
1回の注文単位
2本(24リットル)
非加熱天然水
静岡の天然水
京都の天然水
大分の天然水
電気代目安
494円~
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
3,800円~
配送エリア:本州・四国・九州・北海道 ※沖縄・離島は対象外地域ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

「静岡の天然水」「京都の天然水」「大分の天然水」と3種類の非加熱天然水を宅配しているコスモウォーター。3種類あるのですが、関東圏にお住まいの方には静岡の天然水、九州の方には大分の天然水、関西の方には京都の天然水といった形でお家の近くの天然水が採水後48時間以内に届くというコンセプトで宅配サービスを行っている会社です。(つまり天然水を選ぶことはできないですが新鮮な天然水が届く)

足元からボトルを設置できて、チャイルドロックがしっかりしていて、衛生面を配慮した熱湯をサーバー内部に循環させるシステムなどが搭載されている高性能サーバーなのに、コスモウォーターはウォーターサーバーが無料でレンタルできます。

特にチャイルドロックがすごいんですよ。温水冷水ともチャイルドロックが必要な家庭では厳重にロックができるし、大人だけで生活している家庭ってチャイルドロックぶっちゃけ必要ないじゃないですか。必要ない家庭ではチャイルドロックなしの設定にもできるんです。↓チャイルドロックをいじっている動画です。

そして天然水もおいしい。バランスのよい総合力あるウォーターサーバー会社でおすすめです。

フレシャス ウォーターサーバー

フレシャスのウォーターサーバー

500ml換算
80円
※FRECIOUS富士の場合
1回の注文単位
1箱(4パック)
非加熱天然水
FRECIOUS朝霧高原
フレシャス富士
フレシャス木曽
電気代目安
330円~
サーバーレンタル料金
無料~
毎月かかる料金目安
4,620円~
配送エリア:すべての地域※沖縄及び離島一部地域を除く ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

フレシャスは「FRECIOUS朝霧高原※1」「フレシャス富士」「フレシャス木曽」の3種類の非加熱天然水から選ぶことができます。

フレシャスの特徴は、ナチュラルミネラルウォーターが独自のウォーターパックに包まれているところでしょう。

このウォーターパックは真空パックで空気が入りずらい(空気に触れると水が傷みやすい)設計になっているのでナチュラルミネラルウォーターを最後までおいしくという雰囲気があって好きです。
実際、フレシャスの天然水もおいしいです。

天然水だけでなく、フレシャスはウォーターサーバーがおしゃれで有名です。機種がたくさんあるのですが、フレシャススラット、フレシャスデュオ、フレシャスデュオミニという3機種がグッドデザイン賞を受賞しているので、ウォーターサーバー界のおしゃれ番長と私は名ずけています。

サントリー南アルプスの天然水 ウォーターサーバー

500ml換算
約80円
1回の注文単位
毎月3箱
非加熱天然水
南アルプスの天然水
電気代目安
700円
サーバーレンタル料金
無料
毎月かかる料金目安
4,450
配送エリア:全国※一部地域を除くボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

だれしもがしっているサントリー南アルプスの天然水。そのサントリーから提供のウォーターサーバーです。

ナチュラルミネラルウォーターとして提供されているのは、もちろんペットボトルでお馴染みの南アルプス天然水です。まあこの天然水については説明の必要はないでしょうか。

ウォーターサーバーで温水・冷水、しかも南アルプスの天然水が飲めるってかなりいいですよ。ウォーターサーバー自体の性能もしっかりしているので、おすすめできる一台です。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター無料サーバー

500ml換算
82円
1回の注文単位
2本(24リットル)
非加熱天然水
富士吉田
南阿蘇
朝来
北アルプス
金城
電気代目安
エコモード使用時 900円前後 エコモード不使用時 1,200円前後
サーバーレンタル料金
無料~
毎月かかる料金目安
3,920円(水24L)
配送エリア:全国※エリアにより配送可能な水が異なる ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

プレミアムウォーターは「富士吉田」「南阿蘇」「朝来」「北アルプス」「金城」と5種類のナチュラルミネラルウォーターから選択できます。お住まいの地域によっては送料が有料になってしまう天然水もありますが、5種類から選べるのはプレミアムウォーターくらいかなと。

5つとも採水地にこだわりがあり、本当にまろやかでおいしい天然水のみ提供しているなあと感じます。

プレミアムウォーターもウォーターサーバーの機種が豊富で無料レンタルできる機種から有料のおしゃれなウォーターサーバーまでラインナップが豊富です。

キララ(kirala)

キララスマートサーバー

500ml換算
86円
1回の注文単位
1箱(4パック)
非加熱天然水
キララ富士山の天然水
電気代目安
1,300円程度
サーバーレンタル料金
1,200円
毎月かかる料金目安
6,200円~
配送エリア:すべての地域※沖縄及び離島一部地域を除く ボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)

キララのナチュラルミネラルウォーターは拘りがはんぱないです。キララは宅配水事業自体は名古屋を中心に営んでいて歴史は長いのですが、天然水と新しいウォーターサーバーを開発し全国展開を開始したのはここ数年の出来事です。

キララの宅配水は富士山で採水しているのですが、その採水地が国の許可がでる採水ポイントのギリギリのところらしいです。その採水地の土地を購入し、プラント工場を自社で作り納得できる天然水を開発する事が出来てようやくウォーターサーバーを全国展開した?と勝手に想像しています。

ウォーターサーバー本体にもこだわりが詰まっています。他のウォーターサーバー会社は製造は他社にまかせたりするのが普通なのですが、キララは自社で細かい部品をほとんどつくり、自社開発。元々美容グッツなどを製造しているメーカーさんなので、ウォーターサーバーも自社開発ができたということでしょう。

仕上がりは本当にユニークなウォーターサーバー。炭酸水が作れたり、ライトアップされたりと高級感あるおしゃれなウォーターサーバーです。

本当にモノとしては最高峰のウォーターサーバーなのですが、一つネックなのは料金がお高い。。。料金を気にしない方であれば断トツでおすすめしたい一台です。

ナチュラルミネラルウォーターの定義は日本と海外で全く異なる

水の硬度が高いミネラルが多いウォーターサーバー比較でも触れたのですがフランスのミネラルウォーターは硬度が非常に高くミネラル分が日本のものとは比較にならないほど豊富に含まれています。

そもそも論として、フランスと日本でとれる水は硬度にも採水された段階で差があるのと、生活で毎日飲む水は日本人は軟水が飲みなれているのでどちらが良いというのはここでは言及しません。

面白い点としては、日本のナチュラルミネラルウォーターの定義は日本の定義です。海外のフランスなどでは雑菌処理等を行ってはいけない。おこなったものはミネラルウォーターと呼んではいけません。という定義になっているそうです。

国民性といいますか、水に対しての敬意の払い方、感じ方が文化として表れているなあと。どちらが優れているということはなくただ単純に文化の違いなのでしょうが豆知識として。

このエントリーをはてなブックマークに追加