ぺちゃんこでゴミ箱にポイできるパック式ウォーターサーバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで「ワンウェイ方式」と「リターナブル方式」のウォーターサーバーのボトルがあることに触れてきました。今回はワンウェイ方式のボトルの種類について深掘りしていきます。

一般的なワンウェイ方式のボトルはペット樹脂で作られています。いわゆるコンビニのペットボトルもペット樹脂で固めと柔らかめのモノがありますが、ウォーターサーバーも少し固めと軽く潰すだけでぐちゃぐちゃっと潰れてしまうものがあります。主流となっているのはペットボトルと同様の材料で作られている為、それが大きくなったものと考えてもらえればよいでしょう。

ボトルよりもはるかにゴミが出ないビニールパック式ウォーターサーバー

イメージとしては↑にあるとおりボトル式とパック式の使い終わった後の差は歴然。

ワンウェイ方式の懸念点としては使い終わったボトルがゴミになると言う点です。ゴミになると言ってもペットボトルと比較すると捨てる頻度も減りますしそれだけでも非常に便利なのですがボトルを潰すのが意外と面倒だし邪魔という意見を言う方は結構います。

そんな問題も一緒に解消してくれるのが真空パック詰めされた一切無駄のないウォーターパック。フレシャスが提供しているウォーターサーバーで利用が可能(機種スラットのみボトル式)です。写真右のパックはフレシャスdewoで使ったお水のパックです。

ウォーターパックは水をパックのみで包んでいる為、飲み終わった時点で完全にぺちゃんこになっています。折りたたむとキッチンペーパー2枚分くらいと同じくらいになる為ゴミ箱にかさばらず捨てられるのが特徴です。

フレシャスのウォーターパックの場合、7.2リットルの為、メリットとしては軽くて設置する時に負担が少ない。デメリットを敢えて言うと水が無くなるのが早いといったところでしょう。
また最新の機種dewoですと設置がワンプッシュでニードルが差し込まれるので楽ですが、無料タイプのサーバーの場合手でプッシュを何回かしないといけないので少し不満の声があります。

宅配時はこの7.2リットルのパックが4つで1箱の段ボールに詰められてきます。ゴミとして出るのはパックと段ボール一箱になるので他のワンウェイ方式のサーバーと比較すると圧倒的にゴミが出ないといえます。

真空パックだから鮮度が抜群?

パック式のウォーターサーバーはもう一つメリットがあります。ワンウェイ式のボトルタイプでも空気が入るものがあります。入らないタイプのボトルはメキメキと潰れていき見た目も美しくない。
しかし、真空パック式のウォーターサーバーの場合は完全に空気が入らない仕様の為最後まで新鮮に水を使いきることができる可能性が高いといえるでしょう。
水の量が7.2リットルで少ないのがデメリットであるといいましたが、鮮度の事を考えるとメリットにもなりますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加