ウォーターサーバーの水で料理をおいしく作ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの水は飲み水だけでなくお料理に利用するのも大人気です。ここでは「料理をする時に便利なウォーターサーバー」と「料理と水」について話していきます。

ウォーターサーバーの水は料理を美味しくする!

まず、日本に住んでいる我々は軟水に慣れています。日本人の口に合う和食などは基本的に軟水が使われています。お米を炊く時に硬水を使うと美味しく炊けないのは硬水に含まれるミネラルが影響しお米の中に水分が上手くはいらずふっくらと炊くことが出来なくなります。やはり軟水で炊くのが一番。

食事と水はその国々の文化と密接に関係しているのでしょう。例えばポトフやお肉をごっそりと煮込む料理は硬水でじっくりと煮込んだほうが野菜は歯ごたえが残り、お肉はしっかりとアクを出しうま味を閉じ込めることが出来ます。その国のお料理はやはりその国の水が無いとしっかりとした味が出せないと料理人もたまに嘆いているのをテレビとかで見た事があるのですが、たぶんそういうことなんでしょうね。

ということで日本人は基本的にお水は軟水で作るお料理が

常温の水も出るフレシャススラットでお米が炊きやすい

ウォーターサーバーの水でお料理をおいしくと言う中でも一番人気はやはり、白いお米じゃないでしょうか。
本当に美味しくふっくら炊けます。ウォーターサーバーじゃなくてもペットボトルの天然水で炊いたらおいしいじゃないですか?水が美味しい地域でお釜とかで炊くのも最高。

まあそんなことはわかっていますけど、ちょっと水を無駄に使いすぎるのも気が引けるかもしれません。

なので、節約しておいしくお米を炊きたいのであれば最初のお米をゆすぐ時のお水をウォーターサーバーのお水にしその後何度か研ぐのは水道水。

最後にとぐのをウォーターサーバーのお水。そして当然水を吸わせて炊くためのお水もウォーターサーバーの水。という部分的にやるのが良いと思います。

ウォーターサーバーの水で研ぐのは夏場なんかはそこまで気になりませんが、冬場、水が冷たすぎるのでちょっときつい面もあると思います。

我慢すればOKなんですけどね。まあ普通の水でも冷たいですし。

でも、一個そういった意味でもよいウォーターサーバーがあります。フレシャスのスラットというウォーターサーバーです。このウォーターサーバーは温水冷水だけでなく「常温」が出せます。常温を出す専用ボタンもきちんとついています。それとお水を出す受け皿の部分が広く炊飯器の部分をクイっと受け皿に置き(手で添えながらですが)水を入れられるのも良いです。
お料理をする時に水が非常に使いやすいウォーターサーバーかなと。

贅沢遣いをするなら水道水直結型ウォーターサーバーで水洗いもウォーターサーバーの水で

例えば野菜を水で洗う、お米の水を最初だけでなくすべてウォーターサーバーの水で研ぐイチゴや巨砲などをきれいな水で洗う、パスタをゆでる時(パスタは硬水の方が腰が出ますけども)に、等などお料理といってもお米と同様にお水を水道水ではなくウォーターサーバーのお水でジャンジャン使いたいモノはたくさんあります。

でも、実際500ml80円程度の天然水を惜しげもなく使うのには気が引ける。ということもありますよね。お料理が大好きでこういった贅沢使いを気兼ねなくしたいのであれば水道水直結型ウォーターサーバーが良いかもしれません。詳しくは楽水ウォーターサーバーなどの商品紹介ページで料金体系等を書いていますが、要はお水代が低額で綺麗な水が使い放題なので気兼ねなくお料理にも使えると言う事。ただ濾過された水の為、天然水がよいのよと言う方にはおすすめできません。

どのウォーターサーバーを選ぶというのは、コスト面とどのくらいウォーターサーバーにお料理することを求めているか?という話にはなってきますが、とにかく美味しいお料理にウォーターサーバーはどれでもとりあえずおすすめでよね。って話でした。

カップ麺やコーヒーおみそ汁などウォーターサーバーならすぐに作れる

煮物など手の込んだお料理等に最高というのは勿論なのですが、ウォーターサーバーは手軽にインスタント系の食べ物が作れるのも大きいです。

味噌汁のインスタント。

コーヒーもインスタントでもよいんですけど、こういったパック小分けのドリップコーヒーも簡単に作れます。コーヒー大好きな私はいつもこれでコーヒーを飲んでいます。

なんといってもはずせないのがカップラーメンでしょう。ウォーターサーバーのお湯は80℃付近のものが多いので私も最初温いのでは?と思っていたのですが、全然そんなことなく十分な温度です。そして天然水だとカップ麺が美味しく感じます。

すぐにできるというのもメリットなのですが美味しさが加わるのがダブルで嬉しいですよね。ウォーターサーバーは。


とこのように、料理の腕前関係なく、ウォーターサーバーは料理におすすめというわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加