ウォーターサーバー新規契約の訪問営業で契約しなほうが良いという自論

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ではあまりウォーターサーバーの訪問営業って少なくなってきたのでしょうか。大地震がおきた後等はちらほらそういった訪問営業があったようです。太陽光ブームとか何かの訪問営業のついでにウォーターサーバーを進めてくるという手もあると思いますが、細かくこういう訪問営業があると言う話ではなくて訪問営業でウォーターサーバーは契約しないほうが良いと思う理由を書いてみようと思います。

ウォーターサーバー飛び込み営業は相場観がわからないままの契約になってしまうので比較検討をしてから契約すべし

訪問の飛び込み営業の場合、営業される側はウォーターサーバーのことを良く知らない状態です。訪問の場合はそれだけで詐欺というわけではないのですが、言葉巧みな営業トークは良い面を際立させる為の心理学的な要素を詰め込まれていることが多いです。

ウォーターサーバーに限らず訪問営業というのはその日にできるだけ決める事を重要視している営業マンが多い気がします。そのために行う事は、家族構成などを家の外観から把握したり、冒頭で出た太陽光を設置しているとか何かしらのこの家の人は購入しそうだと考えられて訪問されている可能性もあるということ。言い方が悪いのですがカモとして見られているわけです。

いろんな業種の訪問営業をやっている知人がいますが、そういったターゲットの絞り込みをする方が受注率があがるという話を聞きました。私も訪問ではないのですが電話の営業を経験したことがあるのですが、やはり「リスト」を作ってから営業電話をかけていたのを覚えています(怪しくない奴ですよ)。

個人的には飛び込み営業されて申込してしまう方の気がしれないのですが多少なりとも飛び込みに近い電話営業をしていた私と知人のトーク術でああそうなんだと感じた点を書いていきたいと思います。

まず、飛び込み営業自体全部が全部悪いという訳ではないと思うのですが、確率論的にいえば、お客さんが契約後公開する可能性が高い。後悔していたとしても、自分が選んだ商品だからなんとなくこれで良かったのだと無理やり納得させているという心理が働いていると思います。なのでウォーターサーバー無料詐欺の景品商法と騙された時の対象法でも少し触れたクーリングオフの対象になっているので、ちょっと失敗したなあと感じたらすぐにクーリングオフが好ましい選択かなと思います。

まず、ビジネスの構造的にいうと、飛び込み営業を行う会社は、ウォーターサーバーの下請け業者等が多いと考えられます。下請けだからとか関係ないのですが、契約を取ってナンボの世界に生きている者たちです。

営業の世界でよく言われているのが「今契約しないとだめなんだという緊急性」を出して「クロージング」までもっていく。というのを件数こなしていけば受注につながると言う話です。やはり飛び込み営業の知人も同じようなことをいっており、今じゃなきゃだめなんだと思わせて、じゃあ契約してみようかしら。と言わせるのが良いよねといっていました。

まあ当たり前の話かもしれませんが、今契約したら水が無料とかそういうのは、別に訪問でなくてもWEBで結構やっていることなんですよね。訪問営業がよくないなあと感じるのは、自社の製品しか紹介しないところだと考えています。ウォーターサーバーは当サイトでも紹介している通りたくさんの製品がある訳です。注目してほしいのは、訪問営業は、「その日に突然やってきて」「自社の製品の提案をし」「その日の内に契約をさせようとする」と言う点です。

例えば、ウォーターサーバーがその訪問営業をしてきた会社の専売特許とかで日本で取り扱っているのはその会社だけだったりするなら、契約を検討しても良いかもしれませんが、当サイトで紹介している通りウォーターサーバーは色んな会社が販売しています。

価格面、ウォーターサーバーの機能、デザイン、水の種類、色々と比較するところはありますし、契約条件もWEBだと比較される為どの会社も足並みをそろえた条件で競争しています。

訪問営業の問題点は他社製品のことを一切考えさせない点に問題があるということです。いや別に詐欺でもないしその商品が本当に良いと感じたら契約しちゃっても良いとは思います。ですが、人間って一度はじめてのモノを手に入れると、本当に私の買物はよかったのかなあって調べ出したりするんですよね。今はスマホで検索すれば情報ってすぐ見つかるので、訪問営業でウォーターサーバーを契約した方がとる行動としては例えば「ウォーターサーバー比較」とか検索をして、あら、こんなにウォーターサーバーってあったのねとか、そういえばウォーターサーバーって結構種類あったなあ(苦笑)となる可能性もあるということ。

そこで、比較してみたらさっき契約したものよりもこっちのほうがよかった。ってなるケースは多いにあると思うのです。だから訪問営業がきて、いいかもと思っても一度その場では契約しないで情報を収集してみることが大切なんだと思うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加