ウォーターサーバーの水に味の差はあるの?飲み比べてわかる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの水に味の差があるのか?という話についてまじめに考えてみます。

結論からいうと、ウォーターサーバーの水は「天然水」と「RO水」で飲み比べると味の差はっきりとわかります。

個人の感覚だけだと、納得できない人もいるので、まず、「美味しい水」ってなんで美味しいの?ってことを外部機関のデータを元に話しましょう。

おいしい水の定義ってあたんだ!おすすめの水の選び方や飲み方も紹介という記事でも書いているのですが、厚生省おいしい水研究会によると以下の内容を満たしている水が美味しい水という定義になっています。

水質項目 測定値
水温 20℃以下
残留塩素 0.4mg/l以下
硬度 10~100mg/l
蒸発残留物 30~200mg/l
過マンガン酸カリウム消費量 3mg/l以下
遊離炭酸 3~30mg/l
臭気度 3以下

もちろんこれは日本人が飲んだ時においしいという意味合いでしょう。世界の水事情という企画で世界の飲み水を調査しているのですが、その時にヨーロッパ圏の方で結婚されている方でご主人がヨーロッパの方なのですが、日本の軟水は口に合わなくて日本に帰る時いつも困っているという声がありました。なので日本人が軟水が好きというだけの話ではありますが、この声を参考にすると、味は「硬度」によってかなり左右されると言えます。

上記おいしい水研究会の項目ですが、実はほとんどのウォーターサーバーが条件を満たしています。

ウォーターサーバーの水の味を比較(飲み比べ)しても結論どれもおいしい!

私はこれまで、10台以上のウォーターサーバーを試してきました。重複して10台近く設置していた時期がありましたが、その時はやはり、今回の「味の差」気になって飲み比べて比較してみたんですが、たしかに微妙に違いはあれど、おいしい天然水の場合はどこもおいしい!で終わりました(笑)

来客や友人にもどっちがおいしいかを試してもらったり、効き水でどれがどのウォーターサーバーの水なのか?なども試しましたが的中率はかなり低いです。

ただ、一つ感じたのは、RO水と天然水はやっぱり違うということです。

RO水でもちゃんと冷えているので美味しいんですけどね。

やっぱり飲み比べて味を比較してみると、天然水はまろやかで美味しいです。

しいててあげれば!ウォーターサーバーの水の味ランキングTOP3!?

しいてあげればですが、以下3社が私の中で同率一位かなーと。
正直なところそこまでの差はなくどれもおいしい天然水でした。

せっかくなので、各社ウォーターサーバーの水を先の基準値と比較してみました。
・臭気度の「なし」というのは私が実際に飲んで感じた感想です。
・「水温」は実際に当サイトで計測した水の温度です。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターは旨いです。何社か試してなんかプレミアムウォーターおいしいんじゃね?と感じて知り合いにも飲んでもらったことが合ってプレミアムウォーター美味しいってなりました。

プレミアムウォーターの「富士吉田の天然水」の場合で先ほどの数値を比較してみましょう。

水質項目 基準値 プレミアムウォーター
水温 20℃以下 8.4℃
残留塩素 0.4mg/l以下 なし
硬度 10~100mg/l 25mg/L
蒸発残留物 30~200mg/l 不明
過マンガン酸カリウム消費量 3mg/l以下 不明
遊離炭酸 3~30mg/l 不明
臭気度 3以下 なし

コスモウォーター

コスモウォーターは今は天然水を選ぶことができないのですが、昔は選ぶことが出来ました。その当時、静岡の天然水と大分の天然水を飲んでいたのですが、まあどちらも美味しいですよ。なんとなく大分の方が美味しいなあと思ってはいましたが。

硬度などについては「静岡の天然水」で比較してみます。

水質項目 基準値 プレミアムウォーター
水温 20℃以下 10℃
残留塩素 0.4mg/l以下 なし
硬度 10~100mg/l 53mg/L
蒸発残留物 30~200mg/l 不明
過マンガン酸カリウム消費量 3mg/l以下 不明
遊離炭酸 3~30mg/l 不明
臭気度 3以下 なし

フレシャス

フレシャスは天然水を選ぶことが出来るのですが、いくつか試した中の「フレシャス富士」で比較してみます。
それと、フレシャスはウォーターサーバーの機種が多いのでいくつか試した中のフレシャス デュオでの測定値(水温とか)を書いてます。

水質項目 基準値 プレミアムウォーター
水温 20℃以下 7.7℃
残留塩素 0.4mg/l以下 なし
硬度 10~100mg/l 21mg/L
蒸発残留物 30~200mg/l 不明
過マンガン酸カリウム消費量 3mg/l以下 不明
遊離炭酸 3~30mg/l 不明
臭気度 3以下 なし

過マンガン酸カリウム消費量といのうがなんなのかいまいちよくわからんのですが、化学式を調べたら「KMnO4」という名前だったので、カリウム「K2O」とは別物なので不明としています。

遊離炭酸は水に溶けた炭酸ガスのこと。

販売されている天然水は基本的においしい水!だけどRO水とかは硬度がゼロに近いから比較するとおいしくない

TOP3で紹介したウォーターサーバーの水は、「天然水」です。当たり前ですが、販売されている水なので各社結構採水地とかをこだわっています。

私はいろんなウォーターサーバーの水を飲んできて、味がおいしいなあと感じる理由は上の項目の中でも、硬度と水温が重要であるということ。売っている水ですから「臭気度」なんてないのはあたりまえかなと。

RO水は硬度がゼロに近いのでやはり飲み比べると若干物足りない感じがするのだろうと思いました。(なんどもいいますが、実際RO水でも冷えていればおいしく頂けますけどね)

このエントリーをはてなブックマークに追加