小型の冷水機はレンタルできる時代に!家庭で気軽に借りれます

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷水機はどちらかといえば業務用というイメージがつよいですが、家庭でも好んで冷水機をつかっている人もいます。

冷水機については↓の記事でウォーターサーバーとの違いを記事にしているのですが値段が高い。。。んですよね。

ウォータークーラー(冷水機)とは?業務用冷水機の値段やレンタルサービス考察

↓のようなタイプのものだと12万円とかなりの高額になっています。

お値段的にも大きさ的にもやはり業務用感がいなめません。

小型の冷水機はレンタルができる時代になった

実際上で紹介したスタンディング型の冷水機は家庭に置くのはちょっと大きすぎて個人で購入する方はほとんどいないでしょう。
でも、今は、冷水機をレンタルできる時代になりました。

メーカー的には冷水機ではなく、水道水を使ったウォーターサーバーという呼び方ですが、水道水の塩素などを除去する浄水機能を持ち合わせた冷水機であるといえます。
多くの冷水機は、ただ単純に水道水を冷やすだけの機能しかないですが、今回紹介する、小型の冷水機は、冷水機能、温水機能、浄水機能の3つがついている冷水機です。(温水機能ある時点で冷水機っていっていいのかは不明w)

ウォータースタンド

カートリッジ
無料(レンタル代に含む)
ろ過フィルタ
ナノトラップ方式
RO方式
工事代金
無料
メンテナンス
無料
サーバーレンタル料金
3,000円(税抜)~
サーバーの機種によりレンタル代が異なります。長得割は10,000円の初期費用で月額レンタルの割引あり。

CMでもみたことがある方もいるかもしれません。ウォータースタンドというウォーターサーバー。

水道水をそのままサーバーにとりこみ、特殊なフィルターで塩素などを除去しおいしいお水にしてくれます。機種が複数ありまして、温水、冷水が作れる機種と、冷水のみの機種などがあります。

ウォータースタンドの冷水機の特徴としては、サイズが非常にコンパクトでデザインも素敵な点。お蕎麦屋さんとか回転率が早い飲食店によく置いてある冷水機はサイズも大きくデザインもいまいちですが、ウォータースタンドは今の時代のデザインって感じです。

特殊なフィルターは6ヶ月に1回、無償で交換してくれるので、月額レンタル代3000円~(機種により異なる)ですが、かなりコストパフォーマンスはよいお値段かなと。

ちなみに、ここでは冷水機と言っていますが、このタイプの冷水機をレンタルしている業者は最近増えてきてます。水道水ろ過式ウォーターサーバー(水道直結型)比較ランキングというページでは他の業者も紹介しているので興味がある方はどうぞ。

浄水機能がついた小型の冷水機をレンタルする方が購入よりもお得?

上で紹介した小型の浄水器ではなく業務用の冷水機を購入したほうが長い目で見ればコストはおさえられるのでしょうか。

実際完璧な形で比較する事はできない(機能面が多少異なるので)ですが、表面のコストだけで考えれば、小型の業務用冷水機を買ったほうが安くは済みます。

業務用の小型の冷水機は6~7万円といったところです。機能としては、水道水を冷やす(中には温水機能もあるものも)のみ。塩素などを取り除くフィルターは搭載されていないのが主流。
といったところ。

先の、ウォータースタンドは月額3千円のみで冷水、温水、フィルター交換は無料、というサービス面があります。

6~7万円は2年近く。どう捉えるか次第かなーと。

個人的には、2年って結構長いですし、お水って口にするものだから、フィルターとかメンテナンスをレンタル料金を支払う事でほぼ無料でやってくれるというほうが大きいのかなと思ってます。

あと、水道水は別に浄水器を使わないでそのまま飲むでしょ?っていう方に関しては、ウォータースタンドのような浄水機能は不要かもしれませんね。

細かい機能についてはそれぞれの好みに合わせて選ぶといいかもしれません。そもそも温水機能もいらないって方も中にはいるでしょうから、そういった意味ではウォータースタンドは冷水機のみの機種もあるので幅広い人におすすめできる冷水機かなと思いこの記事をかいてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加