ソーダストリームの特徴とおすすめ6商品の違いを比較!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーダストリームについてまとめてみます。当サイトはウォーターサーバーの比較サイトですが、家にウォーターサーバーが既にある方もそうでない方もソーダストリームは気軽に炭酸水を作れて楽しむことができるので、炭酸水を作る器械が欲しい方におすすめしています。

目次

ソーダストリームってどんなブランド

日本でも炭酸水は美容を気にする人にとっては当たり前の飲み物ですが、まだまだ世界と比べると炭酸水を飲む文化はこれからといったところ。どちらかといえば世界、特にヨーロッパでは炭酸水を日常的に飲むことが普通で炭酸水を作る器械が家庭にあるのが当たり前です。

その炭酸水を作る器械で世界NO,1なのがソーダストリーム。ソーダストリームは500mlあたり約18円の低コストで作れ、さらに数秒でできたての炭酸水が作れるので人気になっている理由も頷けます。ソーダストリーム以外にも炭酸水を作る器械はありますが数秒で作れるのはそうありません。世界で使われている安心感もありますし炭酸水を作るならソーダストリーム一択かなと。

ソーダストリームをおすすめできる8つのメリット

ソーダストリームがあると具体的などんなメリットがあるのか?8つのおすすめできるメリットを紹介します。

微炭酸や強炭酸など好みの炭酸を作れて飲める

市販の炭酸水と違う点として、ソーダストリームは炭酸を好みに合わせて調整できるのもメリットです。微炭酸~強炭酸まで自由に炭酸の量を調整できます。

ウォーターサーバーの天然水から炭酸水が作れる

ウォーターサーバーも少ないですが炭酸水が作れる機種はありますが、まだまだ少ないのが現状。炭酸水を作れないウォーターサーバーの天然水を使ってソーダストリームで炭酸水を作ることができます。

専用シロップとドロップで炭酸ジュースやフレーバー炭酸水も作れる

売れている商品で長年愛されているから、関連商品も充実しています。

市販のジュースよりもカロリーオフのシロップ

ソーダストリームで作る炭酸水に専用のシロップを入れることで炭酸ジュースを作ることができます。それだけだと普通ですが、市販の炭酸ジュースよりカロリーオフという点が嬉しいです。

味は「コーラ」「ジンジャエール」「オレンジ」「レモンライム」「フリーシロップレモン」「アップル&ピーチ」など充実。値段は各1,000円で30杯分(1杯200ML換算)。1杯約33円(ガス代も含めると約50円)なのでカロリーオフも加味するとかなりコスパがいいです。

フレーバー炭酸水

今人気のフレーバーウォーター。コンビニなどでも当たり前に見かけるようになりましたね。フレーバー炭酸水も専用ドロップを買う事で作ることができます。

「オレンジ」「レモン」「ライム」の3種類の味が用意されていて、これも嬉しいノンカロリーです。市販のフレーバーウォーターは意外に糖質が入っていたりするので炭酸水ダイエットなどで味変をしたい人にかなりおすすめの商品です。

お酒とソーダ割りを楽しむ

ウイスキーや焼酎などのソーダ割りが気軽に楽しめるのは酒飲みにとっては嬉しいメリットでしょう。強炭酸でくいっと決めたいですね。

お酒飲みの方だとありがちかもな話をすると、市販のペットボトルで炭酸を買うと、飲みきれずにとっておいた炭酸は気が抜けてしまうので捨てたりしてしまいますがソーダストリームなら炭酸が抜けてしまってももう一度作ればいいのも嬉しいですね。

炭酸水を使った料理が気軽に作れる

天ぷらなどを作る時、意外と料理に炭酸水をちょっとだけ使うことはありますよね。でも、料理屋さんじゃない家庭ではわざわざ炭酸を買ってまでそういった工程をしっかり行うってことはしないでしょう。でも、ソーダストリームがあるからひと手間炭酸水を使ってみるかという口実ができます。

ペットボトルよりも安いので節約できる

コンビニやスーパーで炭酸水を購入すると500mlで100円くらいが相場ですが、ソーダストリームの場合500ml約18円(機種により料金は異なる)で炭酸水を作ることができます。炭酸水を日常的に飲む方はソーダストリームに切り替えてまず損はないといえるでしょう。

ペットボトルのゴミを削減できる

地味に嬉しいのが、ペットボトルのゴミが減ると言う点。単純にゴミが減って楽になるのもそうですが、最近はプラスチックのごみ問題とかもあるのである意味エコに貢献する事に?

炭酸洗顔に活用

500mlあたり18円で炭酸水を作ることができるので、活用方法としておすすめなのが炭酸洗顔。美容で炭酸洗顔やりたい、もしくはやっていると言う方はこれだけでもソーダストリームを買う価値はありますね。市販の炭酸水だとコストかかりすぎちゃいますから。

ソーダストリームの機種おすすめ比較:種類沢山あるけど何が違う?

ソーダストリームの機種には違いがあるので特徴をおさえつつおすすめの機種を紹介していきます。

ソーダストリームは種類が意外とたくさんありますが、機種によっての違いは

  • 炭酸水をワンプッシュで「全自動」で作れるか「手動」で何度か調整しながらつくるか
  • 炭酸水の強弱を「LEDランプで炭酸水の強弱を確認」できるか、「目視チェック」するか

この2点が大きな違いになってきます。

こちらで紹介しているのは公式サイトで購入した場合の価格を載せています。公式サイト経由だとスターターキットで限定ボトルがついてきたりとお得なので公式サイト経由からの購入をオススメしています。

ソーダストリーム買おうかなと思っている方は公式サイトで限定商品やアウトレット商品(タイミング次第ですがかなり割引された商品)もあるので一度チェックしてみるといいかもです。

ソーダストリーム Source Power(ソース パワー) スターターキット

  • 全自動
  • LEDランプで炭酸水の強弱を確認

価格
29,000 円 (税抜)
炭酸500mlあたり
18円
カラー
白/黒
付属品:1Lの専用ヒューズボトル/ガスシリンダー/公式サイト限定 ブランドロゴボトル(500ml)

ソーダストリームの機種の中で一番高いモデルです。全自動で炭酸水が作れる高性能モデル。全自動で炭酸水がつくれて、なお且つ炭酸の強さも自動で3段階の調整ができます。

炭酸の強弱が光るLEDライトがわかりやすいく全自動(他の商品は手動でプッシュして炭酸の強弱を調整する商品があります)なのでひとことでいえば楽ちん。29,000 円 とソーダストリームの機種で一番高いですが性能は一番いいので予算がある方はこちらをおすすめします。

【公式限定】ソーダストリーム Source v3(ソース v3) スターターキット

  • ランプで炭酸水の強弱を確認
  • おすすめ

価格
19,000 円 (税抜)
炭酸500mlあたり
18円
カラー
白/黒/赤
付属品:1Lの専用ヒューズボトル/ガスシリンダー/公式サイト限定 ブランドロゴボトル(500ml)

手動で炭酸水を作るタイプですが、LEDライトで炭酸の強弱がわかるため炭酸の強さがチェックしやすいモデルです。色も赤、白、黒と3種類から選べますし、公式サイト限定感がでている機種かなと思います。

個人的は手動でも十分かなと思ってます。LEDライトで炭酸の強弱もわかりやすいですし。値段もこちらは手頃なのでおすすめしたい機種の一つです。

Spirit One Touch(スピリット ワンタッチ) スターターキット

  • 全自動
  • おすすめ

価格
19,000 円 (税抜)
炭酸500mlあたり
18円
カラー
白/黒
付属品:1Lの専用ヒューズボトル/ガスシリンダー/公式サイト限定 ブランドロゴボトル(500ml)

3つのボタンから強炭酸~微炭酸を全自動で作れるタイプの全自動モデルの機種です。スピリットシリーズの手動モデルは元々人気商品でしたがそれの進化版。

値段が張るLEDでの炭酸の強弱の確認機能はついていませんが、全自動で炭酸を作ってくれるので正直なくても問題ないかなと。値段的にこちらもおすすめできる一台です。

ソーダストリーム Spirit (スピリット) スターターキット

  • 手動
  • 定番商品

価格
14,000 円 (税抜)
炭酸500mlあたり
18円
カラー
白/黒/赤
付属品:1Lの専用ヒューズボトル/ガスシリンダー/公式サイト限定 ブランドロゴボトル(500ml)

一つ前に紹介したスピリット ワンタッチの旧型商品です。炭酸水はボタンを手動で何度かプッシュし炭酸の強弱も目視でチェックする形式です。実際、上で紹介した炭酸の強弱をLEDランプでチェックできる機種のほうが便利であると言えば便利ですが、定番のこのモデルでも十分に炭酸水生活を楽しめると思います。

値段もお手ごろになり14,000 円 (税抜)で炭酸水生活をスタートできます。

ソーダストリーム Mini Deluxe(ミニ デラックス) スターターキット

  • 手動
  • 小型が欲しい方に

価格
12,000 円 (税抜)
炭酸500mlあたり
18円
カラー
白/赤
付属品:500mlの専用ヒューズボトル/ガスシリンダー/公式サイト限定 ブランドロゴボトル(500ml)

Mini Deluxe(ミニ デラックス) は名前の通り小型のソーダストリーム。小型が欲しい方はこちらで決まりかな。

炭酸水を作るボトルのサイズも500mlと容量が少なくなりますが、例えば一人暮らしの方などは一度に1リットルも必要ないというケースも多々あるでしょうから一人暮らしの方などにおすすめしたい商品です。

【公式限定】ソーダストリームGenesisDeluxe v2(ジェネシスデラックス)スターターキット

  • 手動
  • 定番商品

価格
12,000 円 (税抜)
炭酸500mlあたり
18円
カラー
白/赤
付属品:1Lの専用ヒューズボトル/ガスシリンダー/公式サイト限定 ブランドロゴボトル(500ml)

こちらも、炭酸水を手動で作るタイプ。炭酸の強弱も目視でチェックするタイプの機種です。ソーダストリームの一番の定番タイプといえる商品です。なので、基本的にこれでも十分満足できる炭酸水生活がスタートできるかなと。

値段も12,000 円 とお手頃設定になっています。

ソーダストリームのガスシリンダーの値段や交換方法

ランニングコストとしてかかるのは、ガスシリンダーのみです。値段と交換方法をメモしておきます。

空ガスシリンダーを回収してもらうと割引になる設定

ソーダストリームのガスシリンダーは交換の際に空になったシリンダーを返却すると割引で購入が可能。実際ああいった空のガスシリンダーって捨てる時結構面倒と言うか、私はちょっと怖いなーって感じる時があります。ガスが残っているんじゃないかとか。

だから、捨てるよりも回収してくれる、そしてさらに割引になるというのはソーダストリームなかなかやるなって思ってます。

交換の場合の値段ですが、
「60L Cylinder」3,429 円 (税抜)が2,000 円 (税抜)
「25L Cylinder」2,500 円 (税抜)が1,250 円 (税抜)

かなりの値下げ。ガスシリンダー取り扱いの店舗、もしくは公式サイトで購入できます。
公式サイトの場合は、送料500円と代引き手数料300円が別途必要になります。

これだけの値下げですから、絶対に空のボトルは返却したほうがお得です。

ガスシリンダー交換方法

交換方法は機種により若干の違いがありますが、以下の動画がわかりやすいです。
ワンタッチで取り付けられるタイプなどもありますが、以下のネジのように回して取り付けるタイプでもまったく手間はかかりません。

ソーダストリームの取扱店は全国の百貨店などにあるから購入後も安心

ソーダストリームの購入窓口としては、公式サイトからが一番お勧めですが、ネットではなく店舗の取り扱いも日本全国のいろんな百貨店などで取り扱われています。

消耗品なので、これも実は結構大きな点ではないでしょうか。

例えばガスが切れた時とか全国で取り扱っているからすぐに購入できたりするのは世界一の炭酸水ブランドだからこそ。

コスト面は先に解説したとおりペットボトルの炭酸水を購入するよりもはるかにお得ですし炭酸水を作る器械が欲しい方はソーダストリームできまりでいいんじゃないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加