え?ウォーターサーバーとコーヒーマシンが合体!?おすすめ3台を比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒージャンキーの私としては夢のマシーンが現実になったウォーターサーバーが登場しました。

なななんと。コーヒーマシーンがウォーターサーバーと一体型になったのです。しかも結構需要があるようで、既に人気商品になっています。

え、じゃあ私もソレ使う。ですよね。コーヒー好きならすぐ欲しくなりますよね。

実はコーヒーマシーンと一体型のウォーターサーバーを提供している会社が2社あるので、ここではその2社から好みの方を選んでもらえるように、失敗しない様に分析しておきました。

コーヒーウォーターサーバーのフレシャス スラット+カフェ VS アクアクララ アクアウィズの特徴を徹底比較!

今2019年10月25日時点でレンタル可能なコーヒーマシン一体型のウォーターサーバーはフレシャス社から提供の「フレシャススラット+カフェ」とアクアクララ社から提供の「アクアウィズ」だけ。アクアウィズはコーヒーマシンが2種類から選べるようになっています。

なので3台の特徴やどんなコーヒーが飲めるかなどをここで比較していこうと思います。

見た目

見た目の比較。左がフレシャススラット+カフェ。右2台がアクアクララのアクアウィズです。

フレシャススラット+カフェはコーヒーメーカーのUCCに技術を借りてこのウォーターサーバーが誕生しました。シンプルで無駄のない作り。

アクアウィズは、ネスカフェとアクアクララの共同開発で作られたマシーンなので、ネスカフェから販売されている「バリスタ」と「ネスカフェ ドルチェ グスト」というコーヒーマシーンがアクアクララのウォーターサーバー用にカスタマイズされています。

見た目は、両者とも人気のウォーターサーバーを軸にコーヒーウォーターサーバーを開発しているところをみると会社としてかなり力を入れている商品であると個人的には感じています。

コーヒーの抽出方法

ドリップなのかエスプレッソ抽出なのか

比較項目 スラットカフェ バリスタ ドルチェ グスト
コーヒーの素 専用カプセル
+市販の挽いた豆
パウダー式 専用カプセル
味の種類 多数+市販の豆 4種類 20種類以上
抽出方法 ドリップ方式 エスプレッソ方式 エスプレッソ方式

フレシャス スラット+カフェは自分の好きな豆でドリップも可能

フレシャス スラット+カフェは上の写真、赤い○で囲っている部分がコーヒーを作る場所。ウォーターサーバーにくっついているのを取り外し、写真右の専用ホルダーに1杯分の専用カプセル(UCCドリップポット)をいれボタンを押すだけでおいしいコーヒーが完成します。

基本が専用カプセル(UCCドリップポット)を使い1杯ずつのコーヒーを楽しむ仕様で1杯51円~。種類も豊富です。

それと、特徴的なのが市販の挽いたコーヒー豆も使用可能なのがいい点です。

専用ホルダー&フィルターを使えば市販の挽いたコーヒー豆や緑茶、ハーブティーなども作ることが可能。

ボタンも「COFFEE」だけじゃなく「GREEN TEE」「TEE」と3つあるのもわかりやすく作りやすいですね。

以下動画の作り方がわかりやすいのでリンクしておきます↓

アクアウィズ ネスカフェ ドルチェ グスト

アクアウィズドルチェグストも専用カプセルで1杯ずつ楽しむタイプのコーヒーマシーンです。写真左側がコーヒーマシーンでこれに専用カプセルをセットしボタンひとつでコーヒーが完成します。右側はウォーターサーバーの冷水と温水を出す場所。

アクアウィズのWEBサイトでは市販の豆をドリップできるとはいっていませんが、ドルチェ グストはネスカフェのコーヒーマシーンで人気商品なのでアマゾンなどでドリップ用の部品が売ってます。

味の種類は豊富で20種類以上。ラッテマキアート、エスプレッソなどはもちろんのこと、アイスコーヒーブレンドを買えば、ホットだけでなくアイスコーヒーも楽しめます。

1杯50円~で本格的なコーヒーを味わえるのでアクアウィズはドルチェグストのほうがおすすめです。

アクアウィズ バリスタはコーヒーパウダー

アクアウィズのバリスタはコーヒーパウダーからコーヒーを作ります。
コーヒーパウダーを入れている動画↓

パウダー形式なので味はやや劣りますが値段的にはバリスタが一番安いです。200mlの量とマグカップサイズのブラックコーヒー、エスプレッソタイプのコーヒー、カフェラテ、カプチーノの味としては4種類を楽しむことができます。

個人的にはせっかくのコーヒーマシーンですから「バリスタ」よりも、もう一台のほうが本格的なコーヒーを楽しめるので「ドルチェ グスト ジェニオ2」のほうがおすすめしたいです。

「ネスカフェ ドルチェ グスト」は1杯ずつの専用カプセルを設置して楽しむことができます。抹茶やミルクティーなどコーヒー意外にも20種類以上のカフェメニューが楽しめますし味も本格派です。

料金

比較項目 スラットカフェ バリスタ ドルチェ グスト
サーバーレンタル料金 1,200円/月 1年プラン:2,000円/月
2年割プラン:1,500円/月
※レンタル代ではなく安心サポート料金
サーバー購入プラン <一括購入>
54,000円
<36回払い>
月1,583円
なし
お水代 1本:1,506円(9.3L)
※購入プランの場合割引で1,250円
1本:1,200円/12L
お水の種類 天然水 RO水
お水500ml換算 80円 54円
コーヒー1杯の料金 約51円~ 約15円 約50円〜

値段的な話をすると、サーバーレンタル料金などの毎月の固定費に関しては両者そこまで差はありません。アクアクララのアクアウィズは2年割プラン:1,500円/月という設定ですが通常ウォーターサーバーは2年間の契約が普通なので2年契約にして考えると、水代の安さコーヒーマシーンの実績(ネスカフェのこの機種は人気)を考えると、この中ではアクアウィズの「ドルチェ グスト」がおすすめかなと考えています。

でも、フレシャススラット+カフェも同じくらいおすすめしたい商品です。やはり天然水で独自のカプセルで作るコーヒーもおいしいですが、天然水で自分の好きな挽いた豆を使える点や、デザイン性はフレシャスのほうがやはりオシャレだと思うので、デザイン重視の方はこちらがおすすめかなと考えています。

ウォーターサーバーとコーヒーマシーンのメリット・デメリット

フレシャススラットカフェとアクアウィズの共通する良い点を考察しました。

水の補充が必要ない

2社ともウォーターサーバーからお湯を使うので、家庭用のコーヒーマシーンのように水の補充をする必要がありません。

ゴミが少ない・かたずけが楽

アクアウィズドルチェグストとフレシャススラットカフェはポーション式で1杯ずつセットしてドリップしてくれる仕組みなのですが、コーヒーを入れた後、使用済みのポーションを捨てるだけなのでゴミが少ないですし、かたずけが楽です。

サクッと作れるから朝など忙しい時に嬉しい

コーヒーをドリップするのってお湯を沸かしてドリップしたり、市販のコーヒーマシーンもお湯を沸騰させるのにわりと時間をとります。

ウォーターサーバーは常にお湯が準備されているから1~2分ほどでサクッとおいしいコーヒーが作れるのも嬉しい点。出勤前の朝の忙しい時でも時間を気にせずコーヒーを作って一息できるのは普通に良いですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加