フレシャススラットとデュオの違いを徹底比較!料金や性能はどっちがいいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの人気機種を比較していきます。今回は同じ会社から提供しているフレシャススラットフレシャス デュオの比較です。

フレシャススラットとデュオの違いを徹底比較!

比較の前に、フレシャススラットもデュオも私は実際に使って利用したことがあります。なので先にいっておくとどちらもよいウォーターサーバーなのでどちらもおすすめはしています。
色とか性能とか料金など細かいところに差があるのでできるだけわかりやすく差を紹介していければと思います。

デザイン・カラー

左2台がフレシャススラット。右5台がフレシャスデュオです。

比較項目 スラット デュオ
カラ―バリエーション 2色(マットホワイト/マットブラック) 5色(ペールブルー/スカイグレー/メタリックブラック/ミルキーベージュ/ナチュラルピンク)

スラットは四角い高級感あるデザインで、デュオは丸みを帯びたデザインです。デザインに関してはどちらもグッドデザイン賞を受賞するほどのおしゃれさなので、好みの問題になってくるかなと。

カラーバリエーションはスラットが2種類、デュオが5種類です。

大きさ

比較項目 スラット デュオ
横幅 290mm 290mm
奥行 350mm 363mm
高さ 1,110mm 1,125mm
重さ 24kg 20kg

大きさに関してはそこまで差はないのですがひとつだけ、蛇口(お水が出るところ)の場所がフレシャススラットの方がデュオよりも高い位置になっています。

正面から比較するとその差は明らか明らか↓

大人だとスラットの高さは非常に使いやすいです。あと、蛇口が高い方が小さな子供が手が届かないので安心感増します。

受け皿

受け皿の奥行きは同じサイズです。幅がデュオのほうが広い作りになっています。左がスラット、右がデュオですが、受け皿は2つとも十分な広さで非常に使いやすいです。

性能・機能

比較項目 スラット デュオ
温度 <通常モード>
冷水:4〜10℃
温水:80〜85℃
<エコモード>
70〜75℃
<通常モード>
冷水:4〜10℃
温水:80~90℃
<エコモード>
65~75℃
再加熱機能 リヒートモードあり
約90℃まで再加熱
なし
常温水 常温ボタンあり(常温の温度の水が飲める) なし
メンテナンス機能 オートピュアキープシステム
フレッシュモード
フレッシュモード
お水の交換方法 足元から交換 上部から交換

機能面を比較するとやはりフレシャススラットのほうが新しいウォーターサーバーなので圧倒的に高機能です。足元から設置が出来たりとトレンドを取り入れています。

ちょっと比較表だけだとわかりずらい点、続けて解説していきます。

常温の水と再加熱機能

フレシャススラットは常温の水が飲めるのと、再加熱機能がついています。まあ絶対になくちゃいけない機能ではないですがあるとたまに便利です。

メンテナンス機能はフレシャススラットのほうが上

メンテナンス機能はフレシャススラットのほうがデュオより新しいウォーターサーバーなので一歩リードといったところでしょう。オートピュアキープシステムは自動で熱湯をサーバー内部に循環させ細菌を倒す機能です。デュオにもフレッシュモードという機能はついていますが、手動で行うメンテナンス機能です。

ウォーターボトル・容器の違い

比較項目 スラット デュオ
ボトルの種類 使い捨てボトルタイプ(9.3ℓ) ウォーターパック(7.2ℓ)
購入可能な天然水 FRECIOUS富士 FRECIOUS富士
FRECIOUS木曽
FRECIOUS朝霧高原

お水の容器にも違いがあります。スラットは写真右のボトルタイプ、デュオは下の写真左のウォーターパックタイプです。

あと意外と見落としがちな点です。フレシャスが提供している天然水は3種類あるのですが、フレシャススラットのみボトルタイプの為か、購入できる天然水がFRECIOUS富士のみです。デュオの場合は3種類の天然水を購入可能です。

料金

フレシャススラットとデュオを利用したい場合、レンタルプランと購入プランがあるので料金を比較してみます。

レンタルの場合

比較項目 スラット デュオ
レンタル料金 900円 500円
お水の料金 FRECIOUS富士
1,506円(9.3L)
FRECIOUS富士
1,155円(7.2L)
500ml換算 81円 80円
月間最低注文数 9.3L×2ボトル 7.2L×4パック(28.8L)
毎月のコスト目安 3,912円 5,120円

総額のコストがフレシャススラットの方が安く見えますが、これは毎月の天然水の最低注文数がスラットのほうが少ないためです。容器の違いもあるため、フレシャスデュオは4パック(28.8リットル)から注文が可能でフレシャススラットは2ボトル(18.6リットル)から注文が可能なため総額の差が開いています。

お水代を純粋に500ml換算にするとフレシャスデュオの方が安く設定されています。

購入の場合

比較項目 スラット デュオ
サーバー一括購入 50,000円45,000円 48,000円43,000円
サーバー分割購入 36回分割:1,306円/月 36回分割:1,250円/月
お水の料金
FRECIOUS富士1パック
1,250円(9.3L)特別価格 17%OFF

939円(7.2L)特別価格 18%OFF
月間最低注文数 9.3L×2ボトル(18.6L) 7.2L×4パック(28.8L)
毎月のコスト目安 一括購入:2,500円
36回分割:3,806円
一括購入:3,756円
36回分割:5,006円

フレシャススラットとデュオの購入プランはいずれもレンタルプランよりもだいぶお得な設定です。一括購入も分割購入も、天然水の代金が割引されるのが大きいです。フレシャススラットは17%、フレシャスデュオは18%の割引です。そのため、レンタルプラントの総額を比較すると分割購入でも毎月のランニングコストが安くなる計算になります。

おすすめは購入プランでの契約かなと。

このエントリーをはてなブックマークに追加