このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーとコーヒーマシン一体型!フレシャススラット+カフェを試してみた

コーヒーマシンとウォーターサーバーが一体型になったウォーターサーバーがフレシャススラット+カフェ(Slat+cafe)。めちゃくちゃ試してみたかった一台。

このウォーターサーバーは元々人気のフレシャス スラットにコーヒーマシンがついたサーバーです。実際に使ってみたコーヒーの味の感想などを口コミります。

コーヒーマシン一体型ウォーターサーバーフレシャススラット+カフェ

フレシャススラット+カフェはコーヒーメーカーのUCCドリップポッドがサーバー内に内蔵されたウォーターサーバー。元々実績のあるUCCとのタッグによりこの商品が生まれました。

写真の黒い部分がコーヒーマシンです。どんなふうに作るのか?使い勝手や味など口コミして行きます。

UCCドリップポッド:3分で挽きたてドリップコーヒーが作れる

先に味の感想。非常に旨いです。コーヒー屋さんの挽きたてドリップコーヒーと引けをとらない味でした。

私はコーヒー毎日飲む人間で、ドリップコーヒーも作るし、コンビニの100円コーヒーも出先では飲むのでコーヒーの味に関してはそれなりにうるさい人間ですが、毎日飲みたいコーヒーです。やはりおいしい天然水で作るコーヒーは格別ですね。

コーヒーの作り方は2種類あるのですが、やはりマシンの特徴としてはドリップポッド(挽いた豆が1個ずつ小分けされたカップ)を設置して作る方が楽だしおいしく頂けると感じました。

左、各種ドリップポッド。右が一個ずつ小分けされているドリップポッドの開封後です。

このドリップポッドいいんですよ。なにがいいかって、一個ずつ小分けになっているから鮮度がイイ。コーヒードリップポッドを開封した時、「あーいいにおい」って思わず口にしたくなるあの挽きたての豆の香りがします。しかもわずか3分ほどで挽きたてドリップコーヒーが作れると言う点が魅力。

パック詰めされているから香りが挽きたてを保てているというのはかなり好印象でした。

作り方の手順はこんな感じです。

ドリップポッドを開封

ドリップポッドを開封します。何度もいいますが、この開封の時の香りがたまらない。

ドリップポッドを専用のドリップ器へ

専用のドリップ器にそのまま入れます。

ドリップ器をスラット+カフェ本体へ設置

それを、フレシャススラット+カフェ本体に設置します。

COFFEEボタンを2秒タッチ

COFFEEボタンを指で2秒タッチすると、写真のようにボタン部分が赤色に点滅します。赤く点滅している状態の時はコーヒーがおいしく淹れられる温度の80~84℃のお湯を準備している状態です。

緑点灯でもう一度COFFEEボタンを2秒タッチ

緑に点灯した状態がお湯が準備できた段階。

「ドリップポッド」の味の種類によってちょうど良いおいしく飲めるお湯の量が写真のドリップポッドの部分に書かれているのでそれにあわせてからCOFFEEボタンをも言う一度2秒タッチするとコーヒーがドリップされます。

コーヒー完成!

これでもう完成です。全部の工程で約3分くらいなので、忙しい朝でもおいしいコーヒーが無理なく飲めます。ゴミも使い終わったドリップポッドをそのままゴミ箱に捨てられるので色々と楽。

あと写真のちょっと大きめのマグカップでも高さ的に問題なく置くことができました。(ぶつかるかなとおもったけど大丈夫だった)

作り方を動画でも撮影しておきました↓

動画では、コーヒーの色などがわかるようにプラコップで撮影しています。

緑茶や紅茶も作れる

コーヒーがメインであることは間違いありませんが、ドリップポッドは緑茶や紅茶などの種類もあります。

スラット+カフェのにくいところは、コーヒー、緑茶、紅茶っておいしく淹れる温度が違うっていうところを考慮して、それぞれ美味しく入れられるように設計されているところ。

ボタン↓ 抽出温度
COFFEE 約80~84℃
GREEN TEA 約71~75℃
TEA 約82~86℃

上記温度に自動でスラット+カフェが調整してくれます。この温度って自分でコーヒーやらを淹れる時調整するの難しいから安定しておいしいコーヒーや緑茶を飲めるのは有難いです。

緑茶と紅茶も手順はコーヒーの時と同様に以下の専用ボタンを使って作ることができます。

好きな市販の豆でも作れる

フレシャススラット+カフェの特徴としては、専用のドリップポッドに依存しない点。市販の挽いた豆もこのウォーターサーバーでコーヒーを作ることができます。

市販の好きなコーヒー豆は上の写真の市販用のドリップ器を使います。豆をいれるフィルターに好きな挽いたコーヒー豆をいれる用のドリップ器でこれも無料でついてきます。

こんな感じで豆をいれて、蓋をしめ

蓋をしめたフィルターをドリップ器にセットし

後は手順は同じです。この市販の豆をいれて作る場合もかなりおいしく作ることができました。ただ、ドリップポッドと比較すると掃除が面倒です。ドリップポッドは捨てるだけですがこの市販のドリップ機能を使った場合は、豆の残りかすを捨てて洗わないといけないので。までもそれでも便利ですけどね。

フレシャススラット+カフェの基本機能は高機能で使いやすいウォーターサーバー

今回のフレシャススラット+カフェは、人気機種フレシャススラットにカフェ機能が付いたウォーターサーバーなので、その他の基本機能はフレシャススラットとすべて同じ機能が付いています。

一応、初めてフレシャススラットを知る方もいるでしょうからカフェ以外の機能面なども紹介しておきます。

温水・常温水・冷水がのめる

フレシャススラット+カフェは写真のとおり「温水」「常温水」「冷水」のボタンがあるのですぐに3種類の温度の水が楽しめます。常温の水が飲めるウォーターサーバーは数少ないのでこれだけでスラットを選ぶ方も多いかなと。

熱々のお湯が作れる再加熱機能

リヒートボタンを長押しすることで90℃近いお湯を作ることができます。熱々のお湯でカップ麺などを作る時に便利です。

エコモード

エコモードも3秒長押しで設定が可能。エコモードを設定するとお湯の温度が70~75℃になるので個人的にはあまり使わないのですがまああって損はない機能かなと。

フレッシュモード

フレッシュモードは720時間(30日間)毎に自動で動作する機能です。温水をサーバー内部に循環させて細菌を殺菌するシステム。自動でやってくれるのですが、任意で写真の部分を5秒タッチして動かすことも可能です。

オートピュアキープシステム

オートピュアキープシステムも自動で動作する衛生面を保つための機能。120時間毎に自動で動作します。特に設定は必要なく、電源を入れた時から120時間後にシステムが動作する仕様になっています。

フレシャススラット+カフェは天然水 FRECIOUS富士のみ注文可能

途中、天然水で作るコーヒーは旨いと何度か言っていましたが、フレシャススラット+カフェで注文できるお水は、富士で採水された「FRECIOUS富士」天然水です。

普通においしいです。ただ一つ残念なのは、フレシャスはFRECIOUS富士の他に、FRECIOUS朝日高原、FRECIOUS富士木曽という天然水があるのですが、スラット+カフェだとFRECIOUS富士だけしか注文ができません。まあおいしいのでいいんですけどね。

ワンウェイボトル

フレシャススラット+カフェの天然水のボトルは上の写真の通り9.3リットルのボトルが2本宅配されてきます。このボトルはお家で飲みきった後に捨てることのできるワンエイタイプのボトルです。

使い終わった後のボトルと使う前のボトル並べて撮影してみました。

赤ちゃんのミルクにも安心の軟水

FRECIOUS富士は21mg/Lの軟水です。一般的に60mg/L以下の天然水は超軟水という部類でくくられているので、FRECIOUS富士は超超軟水といったところでしょうか。

一応成分表も書いておきますね。

採水地 山梨県富士吉田市
賞味期限 製造後6ヵ月
硬度|性質|pH値 21mg/L|弱アルカリ性|pH8.3
カルシウム 5.7mg
カリウム 0.7mg
マグネシウム 5.2mg
バナジウム 86.0µg
ナトリウム 1.9mg
溶存酸素 9.4mg

成分のとおりですが、人気の富士山のバナジウム天然水でもあります。

それと、スラット+カフェは受け皿が広いので、粉ミルクを作る時に哺乳瓶にお湯が注ぎやすいのも赤ちゃんがいる家庭にはおすすめです。

動画で哺乳瓶にお湯注いでます↓

結構受け皿が小さいウォーターサーバーって多いのでそういうサーバーだと哺乳瓶を手でもってそそがないといけないので熱くて下手したら火傷なんてこともあると思うんですよ。スラットは本当にピンポイントで注げるので。

お水の残量

ウォーターサーバーって設置したボトルをとりかえる時に空になったボトルにちょっとお水が残るんですが、当サイトではそのお水の残量をチェックしています。
フレシャススラット+カフェも計測しました。結果は約100mlでした。比較して少し多めです。足元から設置するタイプのウォーターサーバーは残量がどうしても多くなってしまう印象ですが、まあこのくらいなら許せる範囲かなと。

フレシャススラット+カフェ料金プラン「レンタル」と「購入」を比較

フレシャススラット+カフェの料金は「レンタル」と「購入」のプランがありますが圧倒的に購入プランがお得な設定になっています。

コスト目安比較

比較項目 レンタル 一括購入 分割購入
サーバー代金 月1,200円 54,000円 月1,583円(36回払い)
お水の料金 1,506円(9.3L) 1,250円(9.3L)17%OFF
500ml換算 81円 67円
月間最低注文数 9.3Lを2ボトルから宅配可能
毎月のコスト目安 4,212円 2,500円 4,083円

フレシャススラット+カフェの料金体系を比較してみました。特徴としては天然水の料金が購入プランの場合ずっと17%OFFになるということ。

この時点で断然購入プランの方がお得に感じますよね。実際に毎月のコスト目安を計算しておきましたが、お水の料金と月額料金を足した場合、レンタルプランより分割購入のプランのほうが安く済みます。

スラット+カフェはこれから人気になること間違いなしのウォーターサーバーなので購入をおすすめしています。例えば、いらなくなった場合売ってしまうという手もとれますしね。

UCCドリップポッドの料金

UCCドリップポッドは会員ページにて購入できます。一杯51円~で購入可能なのとUCCの既存製品と規格が同じなのでネット通販や一部のお店で販売もしてます。

ドリップポッド自体は定期などの縛りはなく都度購入する形式です。

それと、今申込するとならドリップポッド3袋(22杯分)が無料でもらえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加