このエントリーをはてなブックマークに追加

プレミアムウォーターはサーバーレンタル無料で総合力あり!

名前がプレミアムと名乗っているプレミアムウォーター。ハードル上がってますがどうなんでしょうか。実際に試してみたので今回も辛口レビューでいきたいと思います。
まず、私が他のウォーターサーバーでチェックしている点として、初期の設置です。「全部業者が設置してくれる」「ゴミは回収してサーバーを設置場所に運んでくれる(電源設定等は自分で)」「梱包されたウォーターサーバーや水を玄関までしか運んでくれない」と3つに分かれるのですが、プレミアムウォーターは玄関までしか運んでくれないパターンでした。

まあここは最初だけですのでそこまで問題はありませんけどね。一応。ウォーターボトルとウォーターサーバー本体は時間指定していた時間帯に同時に到着しました。

初期設定の流れ

まずは梱包をとっていくわけですが、ハサミほぼ必要ないです。黄色いダンボールを止めているやつは横にささっとやればとることができます。段ボールは上の写真のように上に持ち上げることが出来て、それだけでOK。

ビニール、プチプチですね。途中プチプチで遊びたい気持ちをぐっとこらえ、ささっととればウォーターサーバーが現れます。ゴミが結構出るのが嫌なんですけどダンボールは良く考えられてますよね。この手の段ボールは郵送で送られてきて、初期設定は自分で設置する系の場合ほぼみんなこのタイプの様です。

ウォーターサーバーに使う部品も別段ボールにて一緒に送られてきます。上の写真の通り、ボトルの上にかぶせるカバー。差し込み口の上に乗せるカバー。ウォーターサーバーを設置する下にひく下敷。説明書など。

このボトルカバーほんのり紫色なのですが、今回のピュアホワイトのカラ―とあっていて結構いい感じです。このあたりは後ほどレビューしていきます。

設置どうでもよいわーっていう方は読み飛ばしてやってください!

さっきの下敷をひいて、サーバーを載せます。この下敷って意外と重要で、そのままおくと跡がすぐついてしまいます。

差し込み口についている透明のカバーを外して、紫色のカバーをつける。

ボトルのシールを外す(ボトルのシールはキャンペーンで使えるので捨てずに)

ボトルを差し込むところですが、ここちょっと変わってるなあと感じました。

写真の右側のとおりの持ち方が推奨されています。ボトルの後ろにきゅっと持ち上げる部分がついているので写真の様に持ち上げます。これ若干手が痛くなりますが、このようにボトルをさす。
ボトルが意外とぽよぽよしているので、この差し方が安定するので推奨されているのかと思われます。今回は12リットルボトルなので女性で力が無い場合はちょっと痛いかなと。ボトルは7リットルもあるので軽い方にしておいたほうが良いかもしれません。女性の一人暮らしの方等は。

さしこんでからすぐに水がボトル内に組み込まれます。ボトルは水が減るたびに潰れていく仕様です。
上からきちんとささるように押しこむことも推奨されています。さしこみが甘いと水漏れの原因にもなるのでしっかりとさしこむ為に上から押す。それでカバーをつける。

最初は空気抜きと、衛生面を考慮して、お湯、水ともに、コップ二杯分の水を出します。

最後に、コンセントに電源をさし、ウォーターサーバーの後ろにあるボタンをONにして終了です。

ON/OFFボタンが2つありますが、上だけでもOKです。下のボタンはエコモードのボタンですが一緒にONにしておいてもOKかと思います(エコモードもなかなか優れものなので後ほどレビューしていきます)

お水は本当にプレミアムなのか?富士の天然水は確かにまろやかさがあり美味

まず、一番気になるお水。何度も言いますが「プレミアム」と名乗りサーバーの前面には「HighQuality Water Delivery Service」と自負されています。

水がプラスチック、ビニール臭いということはなく美味でした

期待値あげますね。プレミアムウォーターさん。でもね、実際水は旨いです。温度も適温で冷たくて良いですし水は今回富士の天然水にしたのですが非常にまろやかさがあってウマイ。「HighQuality Water Delivery Service」というだけありますわ。正直、モンドセレクションの金賞とかってあてにならないじゃないですか。最初はだいぶ疑ってかかっていたのですが、ナチュラルミネラルウォーターをかなり推しているだけあって良質なお水だと思います。水重視でいきたい方にはおすすめできる一台かなと。

事前にネット情報も調べたところ、水がビニール臭いなど出元がよくわからない書き込みなども見かけましたが、ビニール臭い雰囲気が一切なかったのでこういった情報はデマ、もしくは、たまにそういうのもあるが件数自体は少ないと考えておいたほうが良いかと。否定的な情報って肯定的な情報よりも広げやすいんですよね。だから私は辛口とか言ってますけどなるべく良い情報を世に発信していきたいと考えているんですよ。(急に自分の価値感をぶつけてみた)

温度は個人的にちょうどいい感じだった

温度はほとんどのウォーターサーバーがその時の状態によって若干変動します。プレミアムウォーターの温度を測定したところ、温水が83.2℃、冷水が8.4℃でした。もう少し冷えている時もあると思われますが、あまり冷え過ぎてしまうと味がわからなくなるのでこのくらいのほうが個人的には好きかな。

ボトル交換時に残るお水の残量は少なめなほう

ウォーターサーバーのボトルに残る水は比較的少ない、写真の通り50mlくらいという結果になりました。

ウォーターサーバーの機能面と使い勝手はどう?

次は使いやすさ、もうちょいここなんとかなればもっといいのにと言った点をレビューして行きます。

見た目と使いやすさ

見た目は好みがあると思いますが、レンタル無料のウォーターサーバーの中では非常に良いと思います。今回は色をピュアホワイトにしました。最初初期設定をしている時にボトルが潰れて不格好だな。。これやだなと思っていたのですが、ボトルカバーをつけると、ボトルが潰れていることはあまり気になりません。また紫とホワイトのトーンがなかなか高級感が合って私は好きです。レンタル代金を有料にしているデザイン系ウォーターサーバーと比較すると流石に見劣りはしますが無料のウォーターサーバーの中ではTOPクラスのデザインと言えます。

使いやすさという面では、正直なところもう少しがんばってほしい点がいくつか。まず、個人的にウォーターサーバーのお湯と水を出す時に、コップを押し当てるレバータイプがあまり好きではありません。(完全個人的なアレも入ってますが)

トレイにコップを置いて水を出す使い方がやりずらいのと、紙コップ等に水を入れる時、飲み水ではなくお料理の鍋にお湯を入れる時等、ちょっと使いずらいかなと。サーバーの仕様としては、コップに注ぐことが最優先されているので片手で注げればまあ生活中に8割は問題は無いのですがお料理にウォーターサーバーを使う場合は若干使いずらい仕様かなと感じました。

チャイルドロックと水の水圧

チャイルドロックはお湯水共についています。出っ張った四角い部分を押してレバーを押すと出てきます。レバーを推した後は四角い部分を離してOKです。チャイルドロックに関しては平均点といったところでしょうか。

このチャイルドロックでもほぼ問題は無いと思われますがまず、子供に触らせないということが最優先されます。

水圧は動画でご覧の通り、普通に毎日飲むものなのでこのくらい出が良い方が使い勝手は良いと思っているのでマルですね。

トレイ(受け皿が)水平ではない?

残念なのがここ。まあさっきも言いましたとおりレバーをコップで押して出すタイプのウォーターサーバーなので、トレイにコップを置いて使う事自体考えていないのかもしれません。動画の通りゆらゆらしちゃいます。トレイはこぼれた水等を受け取る為の受け皿として役割を果たすのみになる感じですね。

エコセンサー(部屋の明かりを検知)

プレミアムウォーターのウォーターサーバーはレンタルが無料な訳ですが、無料でこの機能がついているのは優秀。エコモード搭載のウォーターサーバーは増えてきましたが、時刻設定をしたり自分でボタンを押したりするのが一般的です。

プレミアムウォーターのエコモードは、部屋の明かりを自動検知して勝手に切り替わります。

エコセンサーを起動させたい場合は、ウォーターサーバーの背面についているエコセンサーのボタンをONにしておくだけでOKです。

騒音は音はうるさいとかある?

騒音、うるさいなどプレミアムウォーターだけでなくウォーターサーバーをレンタルする前にうるささを気にする方は結構多いと思います。騒音を計るアプリでプレミアムウォーターの音を計ったところ、56.81dBという数値が出ました。
だいたい他のウォーターサーバーと同じくらいの大きさです。

直接ウォーターサーバーにつけての測定ですので、離れていればまったく音は気にならないレベルでした。

電気代

電気代は写真1.5円/1時間という数値が出ました。通常モードの時の電気代なので、エコ機能を使わず計算すると
24時間で36円、30日で1080円という計算に。エコモードを使えば効率よくもう少し安く使えそう。

水抜き

他の実際に試したウォーターサーバーでも全部やっているのですが、水抜きをやりました。プレミアムウォーターの公式が出している手順としては、1、温水スイッチ、エコスイッチをOFFにし2、コンセントを抜き3、冷水、温水とんもにコックから水を全部出し切り、4、6時間以上放置してから上記の動画の様に水を抜くことを推奨されています。

6時間以上放置すると言うのは私も同意で、水抜きの栓を抜く瞬間に確実に指に出てきた水があたるので熱湯だと火傷の危険性もあります。30分くらいだとまだ熱々なので6時間放置が安全だよなあと。

※水抜きは、ウォーターサーバーの返却時や長期間使わない時にやる行為なので普通に使っている方には関係ない動画です。

ボトルシールキャンペーン

最初にウォーターサーバー達と一緒に送られていた時に入っている「ボトルシールキャンペーン」という台紙にボトルのキャップについているシールをどんどん溜めていくというキャンペーンです。

これ、34枚集めることで、プレミアムウォーターの水2本or南阿蘇村のお米5kgと交換してくれるという楽しみながらできるキャンペーンです。

まとめ

プレミアムウォーターはお水とウォーターサーバーのバランスがよくとれた会社だと思います。
ウォーターサーバーのトレイなど個人的にもうちょいだなと言う点は解説してきたとおりですが、バランスはとてもよいですね。お水は2種類、富士吉田と南阿蘇ありまして、地域によっては送料がかかってしまうところなど無料にしてくれたらもっと気軽に味を楽しめて良いのになと言う点などもありますが、まあ合格ラインでしょうし、おすすめできる一社かなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加