サントリー南アルプスの天然水 ウォーターサーバー

お水の料金/容量
1242円/7.8L
500ml換算
約80円
1回の注文単位
毎月3箱
電気代目安
700円
サーバーレンタル料金
無料
送料
無料
毎月かかる料金目安
3,726円(水23.4L)
配送エリア:全国※一部地域を除くボトルタイプ:使い捨て(ワンウェイ方式)
誰もが一度は口にしたことのあるサントリー南アルプスの天然水が高機能ウォーターサーバーで毎日飲めるのはこの一台だけ。 迷った時に検討の一台に!コスト面でもおてごろのおすすめウォーターサーバーです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

サントリー南アルプスの天然水のウォーターサーバーの良い点・悪い点すべてを解説

サントリーは飲料水メーカーでも抜群の知名度ですし、先に結論をいうと契約する価値のあるウォーターサーバーですが、詳細の仕様等を良い点だけでなく悪い面も解説していきます。

※このページでは仕様等を書いています。サントリーウォーターサーバーを実際に使ってレビューもしていますので写真等雰囲気などを知りたい場合は以下レビューページもどうぞ。

ではさっそく行ってみましょう。

ナチュラルミネラルウォーター 南アルプスの天然水であるという事実

まず、第一に選ばれる理由として、「南アルプスの天然水」が宅配水であると言う事。日本人であれば飲んだことが無い人いないんじゃないでしょうか。コンビニでもスーパーでも必ず見かける天然水の一つ。年間の天然水売上部門でも20年近く必ず上位にいる人気の天然水が採用されています。南アルプス山脈のお水はサントリー以外の水会社さんも販売はしているのですが、もう、サントリーのモノみたいなところはありますよね。

コンビニでもペットボトルが購入できるからウォーターサーバーじゃなくてよいというマイナスな見方もありますが、どちらかというと、昔から飲みなれた南アルプスの天然水を飲めるという点をメリットとして考える人が多い印象です。

冷えたお水、熱いお湯が南アルプスの天然水というのはなんか嬉しくなりますよね。

南アルプスのナチュラルミネラルウォーター

南アルプスの天然水はナチュラルミネラルウォーターという、製造工程でミネラルを失わない様に殺菌消毒等を施したお水です。

ミネラルウォーターには種類があります。詳しくは非加熱天然水 ナチュラルミネラルウォーターと普通の水の違いとはで解説していますが、一言でいうと食品衛生法で定められた基準のいくつかあるミネラルウォーターの中で最上位の天然水です。

天然水ボックスが便利で衛生的

宅配されてくるお水(南アルプスの天然水)は上の画像の通り天然水ボックスという段ボールの中に7.8Lのパックが丸ごとおさまった形で格納されています。段ボールから水の入った袋を取り出すのかと思いきや、実はこの段ボール、そのままでウォーターサーバーに差し込むという仕様です。

四角い段ボールのボックスであり、7.8Lという重さもポイント。ウォーターサーバーで文句が上がる多い点として、お水をウォーターサーバーに設置する時が重たくて大変なのよ。という女性の方々からの意見が多いのですが、7.8Lであればそこまで重たくない重さです。ボックスですぽっとはめ込むだけなので設置がしやすいのもおそらくサントリーならではなのかなと。
ウォーターサーバーは日常で毎日使う生活の一部になるものですから、水の交換のしやすさは要チェックポイントであります。

実はこのボックスタイプの水はもういくつかのメリットがあります。段ボールなので、ストック用の水として積み上げて場所を取らず保管しておける点。
また、段ボールが光を防ぐため水の痛みを防御する。(段ボールだからと言って日差しの強いところでの保管は控えたほうが良いです。痛む可能性があるので)

また、段ボール内のパックもこだわりが合って、飲みきるまでに空気に触れない設計になっているので衛生面の配慮がしっかりしています。

あとで、サーバーの機能についても説明していきますが、サントリーのウォーターサーバーはこういった細かい目に見えない配慮がやはりしっかりしています。

サントリーのウォーターサーバーも業界TOPクラスの性能

続きまして、サントリーのウォーターサーバー本体について解剖していきます。

  • 4段階の温度調整機能
  • メンテナンスもばっちり!おいしさキーパー機能
  • 2重のチャイルドロック

ウォーターサーバーの本体は他社と比較してもTOPクラスの性能を誇っています。さっきも言ったけどお水の設置が簡単!という点もありますが、注目したい点は上記3つです。

このあたり深掘りして解説していきましょう。

生活シーンに合わせた温度設定が可能?通常モードと弱温モード

通常モードの場合の温水は85-92℃の設定で、これも実は他社と比較すると若干熱めの設定になっています。カップ麺、コーヒー、お茶、などにはアツアツのお湯は嬉しい。

弱温モードにするとお湯は70-75℃の設定になります。この温度設定はなぜこの温度なのかは見た瞬間にわかる方もいるかもしれません。そう。赤ちゃんのミルク作りに最適な温度です。これは最近のウォーターサーバーが取り組みの一つとしてやっている感じがしますが、生活に合わせた温度設定を自分で自由に決められるのは意外と大きいですよ。
冷水に関しては、通常モードが4-9℃。弱冷モードが12-15℃になっています。夏場はヒンヤリシタ水を秋冬は健康の為に常温に近い水を飲む為に弱冷モードに設定するなんてのも良いですね。

メンテナンスもばっちり!おいしさキーパー機能

ウォーターサーバーのメンテナンスはどうするの?とレンタルした後に思う事ってあるのですが、サントリーはこのあたりもしっかりしています。

「おいしさキーパー」という1日1回サーバー内に熱水を巡回させ殺菌から守る高性能な機能が付いています。サーバー内部のメンテナンスは自分でできないものです。小まめに自動でやってくれるので気分的にも安心して毎日お水が飲めるのは嬉しいですね。

2重のチャイルドロック

ここ最近ウォーターサーバーのチャイルドロックに関してはしっかりしてねと色んな機関から監視が強くなっています。ですからウォーターサーバー各社はチャイルドロックに力を入れています。

サントリーの場合、ボタンをプッシュしてお湯を出すタイプのウォーターサーバーで、ロックボタンも電子式で2秒以上の長押しで解除し、5秒後に再ロックという仕組みです。なので、お子さまもそうそう解除するのは難しいと思います。ただ、それだけだと危険と考えたのか、お子さまが絶対に操作できないように扉の内側に「全操作ロックボタン」というもう一つのチャイルドロックが装備されています。

これ、やりすぎだろw
って思うかもですが年間に子供のやけど事故は数件おきてしまっているので、まだウォーターサーバーから熱湯がでると理解できないお子さんがいるご家庭ではチャイルドロックはある程度気にしておいたほうがよい機能です。その点でいうとサントリーはかなり優秀です。

サントリーのウォーターサーバー毎月かかる料金や解約時の手数料

さて、これだけ充実したサントリーのウォーターサーバー。でもお高いんでしょ。。的な声が聞こえてきますね。毎日これだけのモノを使える割にはお手頃だと思います。

  • ウォーターサーバーのレンタル代金は0円
  • お水は毎月3箱(1,242円×3=3,726円)
  • 電気代の目安は月々:700円

毎月かかる料金のモデルケースとしてはこのような感じでしょうか。23.4L飲んだ場合、電気代も含めると、およそ「4,426円」という計算になります。1人暮らしかご夫婦2人暮らしの方でこのくらいのお値段でしょうか。4人くらいだと~8,000円くらいをみておけばよいかなと。お水の注文本数次第ですね。

ノルマという面で言うと、サントリーはウォーターサーバーが無料なのに、甘いです。
取り決めとしては、直近2カ月の休止をした場合「1,080円」の事務手数料が発生します。普通に毎月飲んでいればかからないので気にしないでよいかと思いますが念のため書いておきました。

解約料金に関しても、無料でウォーターサーバーをレンタルしている訳ですから取り決めはあります。ウォーターサーバー業界の相場としては2年間が一つの目安になるわけですが、サントリーの場合は以下の様な取り決めになっています。

引用:本サービス利用契約の契約期間は、ウォーターサーバー設置月から1年とし、契約期間の最終月(以下「更新月」といいます)にお客様から解約の申し入れがない場合、契約が1年間更新され以後も同様となります。
更新月以外の契約期間内に解約された場合、中途解約手数料として7,000円(税抜)をお支払いいただきます。
契約を1回更新されたお客様が更新月以外の契約期間内に解約された場合、中途解約手数料として3,000円(税抜)をお支払いいただきます。
契約を2回以上更新されたお客様については、中途解約手数料をお支払いいただく必要はありません

わかりずらいけど基本的に2年以上使えば、解約金は必要なしということになります。
1年で解約したい場合は注意が必要で、更新月に解約しないと自動延長になってしまう仕組みです。なので1年でなんか違うなという場合は更新月の連絡は忘れない様にといったところでしょうか。よく通信会社である仕組みですが、2回更新した場合は解約料金を支払う必要がありませんので、前提の取り決めが他のウォーターサーバー会社よりも良い意味で甘いといえます。

サントリー南アルプスの天然水のウォーターサーバースペック表

サントリーのウォーターサーバーのスペックとお水の硬度などをまとめました。

サーバースペック

サントリー南アルプスの天然水のウォーターサーバー
サイズ 横幅:370mm
奥行:450mm
高さ:1,240mm
重さ 26kg
温度 水温:通常モード 4-9℃(弱冷モード 12-15℃)
湯温:通常モード 85-92℃(弱温モード 70-75℃)
レンタル料金 無料
レンタル料金備考  
月間最低注文数 2カ月の間に3箱以上
電気代目安 通常モード:1,000円
弱温・弱冷モード:700円
カラ―バリエーション 2色(白/黒)

お水内容(1リットルあたりの成分)

サントリー南アルプスの天然水
採水地 南アルプス山梨県北杜市白州町の地下水
料金 1,150円(7.8L)
500mlあたり 74円
賞味期限 製造月より12ヶ月
硬度|性質|pH値 30mg/L|中性|pH約7 .0
カルシウム 6~15mg
カリウム 1~5mg
有機ゲルマニウム  
マグネシウム 10~30mg
バナジウム 180μg
シリカ  
ナトリウム 4~10mg
亜鉛  
溶存酸素  

このエントリーをはてなブックマークに追加