ウォータークーラー(冷水機)とは?ウォーターサーバーとの違いはあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォータークーラー(冷水機)という言葉耳にしたこともあると思いますが、宅配水型のウォーターサーバーとどんな違いがあるのか?比較してメリットデメリットはどんなところにあるのかが気になったのでまとめてみました。

まず、ウォータークーラー(冷水機)とはWIKIPEDIAによると

冷水機(れいすいき)とは、飲料水を冷やして、供給するための電気製品。英語の由来から、ウォータークーラーとも呼ばれる。 正しい名前はプレッシャー型 ウォータークーラーである。冷水機-WIKIPEDIA

とあります。まあその名前の通りですね。

種類としては、主に

  • タンクがあってそこに水を直接入れて冷やす冷水機
  • 水道管と直接つながった、学校などでみかける足踏みして水を出すタイプ

があります。

飲料水を冷やしておくための電気製品がウォータークーラーという定義で話すと、最近のレンタル型の当サイトで紹介しているウォーターサーバー達はお湯がでますが、一応これらも冷水機の分類に入るのかなと思います。

ただ、ここでは話がややこしくなるので、主に冷水だけでるものをウォータークーラー(冷水機)として解説していきます。

もしお湯も出るウォーターサーバーがほしいという場合は実際に編集部が沢山使って試してレビュー等を行っているので以下TOPページから参考にどうぞ。

ウォーターサーバー(人気宅配水)比較ランキング!本音で口コミ10台以上

ウォータークーラー(冷水機)の購入価格、値段はいくらぐらいが相場?

ウォータークーラー(冷水機)の値段について調べてみました。ウォータークーラーは業務用と家庭用に分類されていて二万円~数十万円が相場の様で、基本的には購入するタイプのものが多いです。

amazonで購入できる物を紹介しているので価格はリンク先の価格を記載しています。

業務用

業務用ウォータークーラーは床置きタイプのもので、設置するのに工事が必要な物が多いです。学校などに取り付けられているタイプのもの。いくつか紹介していきます。

日立のウォータークーラー自動洗浄機能付 床置形RW-226PD

12万越えと決して安くはないのですが、どこかで見かけたことがある見た目のウォータークーラーですよね。流石は日立というところなのでしょう。機能面でいうと自動洗浄機がついているところが値段に反映されているといったところでしょうか。フットペダルと押しボタンの両方で水が飲めるので誰でも簡単に使いやすく衛生面がしっかりしているのでたくさん人が来る施設に設置するのはよいかもしれません。2017年4月に発売された機種。

Nishiyama(ニシヤマ) マイフレッシュウォータークーラー水道直結タイプ MF51P2

72,600円と先の物よりも安価ですが同様に自動洗浄、フットペダルと押しボタンの2種類で水が飲めるようになっています。ブランド名的に日立に劣るかもしれませんが、ニシヤマ(西山工業株式会社)はエスプレッソマシーンや全自動コーヒーマシン、スチーマーなど多くの製品を手掛け、OEM製品の生産なども行っているようですので技術力はピカイチの会社さんかと思います。

ナカトミ(NAKATOMI)のウォータークーラー

59,000円台と他2台と比べるとお手頃のナカトミのウォータークーラー。こちらはちょっと変わっている、グラスフィラーという蛇口の様な部分から出てくる水と、プッシュ式で飲める2種類の水の出し方が装備されています。

家庭用

ウォータークラーも卓上型で、家庭用に開発されたものもあるのでいくつかピックアップしてみました。

日立 ウォータークーラー 冷・温水兼用 タンク式 卓上形 RW129BH-6036

さきほどから、ウォータークーラーは冷水のみの物が多いと話していましたが、およそ9万円と安価ではありませんが、日立のこのウォータークーラーは温水件用の機種です。冷水と温水が同時に使えるのでなく、夏場は冷水、冬場は温水と切り替えが出来るタイプです。また、業務用で紹介してきたウォータークーラーは床置きで水道水直結型のウォータークーラーでしたが、こちらはタンク型で自分で水等を給水するタイプです。

冷水と温水を切り替えなのでうーんと思う点もありますが、お茶用のサーバーとして使う事もできるので、レアな使い方をする家庭ではいいのかなと。(いちおうサイズ感的に家庭用としても使えると思いますが、お茶専用として飲食店の業務用などに良いウォータークーラーかもしれません。)

ナカトミ(NAKATOMI) ウォータークーラー 18L (冷水専用)(タンクトップ形) NWF-18T2

業務用でも紹介した「ナカトミ」の卓上型冷水専用のウォータークーラーです。水道水直結ではなく、自分で給水するタイプのタンクトップ型です。
今まで紹介したウォータークーラーの中で断トツお安いので、購入している方の数も多い為かアマゾンの口コミを見ても満足度が高いです。家庭で使っている方や業務用で使っている方もいるようです。

家庭用ウォータークーラーはレンタルできないの?

実際ウォータークーラーは家庭用のものも紹介しましたが、天然水の宅配型ウォーターサーバーのように使えたほうが家庭向きだと思うんですよね。それでレンタル式のものであれば水道水を水道管からひいて冷水・温水を作ると言う意味ではレンタルできるものもあります。

水道水直結型(水道水ろ過型)ウォーターサーバー レンタル料金等の比較

一応メーカーさん的には「ウォーターサーバー」という言葉を使っていますが、ウォータークーラーの役割を果たしているウォーターサーバーです。こちらは宅配水ではなく水道水から水をひくので月額レンタル代のみで利用できます。あとほとんどの機種でお湯がでます。それでいて月額3千円くらい。~10万近く払ってウォータークーラーを買うのか、レンタルをするのかまあこれは好みの問題ではありますね。

ただ、当サイトで紹介している水道水直結型のウォーターサーバーは、サーバー内部にフィルターが含まれていて水道水の塩素などの除去を行ってくれる性能が高いものが多いので普通におすすめできます。

稀にあえてお湯がでない、水だけのものがよいという人もいるんですが、その場合は冷水だけの機械の購入を検討したほうがいいかもしれません。お湯出るとめっちゃ便利なんですけどね。

ウォータークーラー(冷水機)が設置されてある場所ってどんなところだろう

でもやっぱり、ウォータークーラーってあまり家庭用で使っているイメージが湧かないのですが、どんなとこに設置されているんでしょうか。

考えてみると、

  • 学校
  • 飲食店
  • 厨房
  • 銭湯
  • パーキングエリア
  • フィットネスジム

といった場所で設置されているので、やはりどちらかといえば業務用で家庭向けではないのかもしれません。

冷水機はそのなのとおり冷水しかでない機種が多いです。(それか温水冷水をスイッチで切り替えるやつとか)

単純に水道水を冷やしているだけなので天然水のウォーターサーバーなどが登場し家庭用はやはりウォーターサーバーが人気になっているといったところでしょうか。

冷水機が設置されている学校や飲食店やパーキングエリアなどは沢山の人が訪れる場所なのと無料で水をふるまうとなるとコストは抑えたいところ。

なのでレンタル型のウォーターサーバーを学校等においてしまったら莫大な水代がかかってしまうかもしれません。

ですから、設置場所によってはウォータークーラーはまだまだ活躍する代物なのかなと。

冷却機のメリットデメリット考察

宅配水型のウォーターサーバーと比較して冷却機のメリットデメリットを考えてみましょう。

メリットは維持費がかからない

冷却機を購入した場合の話ですが、宅配水やウォーターサーバーのレンタルの場合は毎月のコストとして4,000円~費用が発生します。維持費は水代のみになってきますので冷却機で水を飲む場合は水道水がほとんどかと思うので、ほとんど費用が発生しません。

デメリットはお湯が出ない等

お湯が出ない。一部お湯が出る機種もあるかとは思いますがほとんどの冷却機はお湯が出ません。宅配型のウォーターサーバーは冷水、温水でるので利便性と言う意味では少し劣ってくるでしょう。

他にもメリットデメリットはあるのですが、宅配型のウォーターサーバーと比較して一番の違いはこのあたりかなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加